みなさまこんにちは London Art factoryですっ!!!







昨日、友達の子供ちゃんが産まれたという事で会いに行って来たのですが

いやああもう可愛過ぎました、、、何してても可愛いし

ほっぺたがマシュマロ以上の気持ち良さ!!!  癒しですね



はい。そんなほっこりとした気持ちで今日のご紹介をしていきたいと思います!!









P1170439.jpg

USA c1980s RALPH LAUREN COUNTRY wool skirt

Made in USA

55%cotton
45%wool








P1170451.jpg




RALPH LAUREN "COUNTRY"




COUNRYとは、1988年から僅か3年程のみ製産されていたラルフローレン幻のライン。


デザイナーであるラルフローレンがヨーロッパを訪れた時のこと。

リーバイスのヴィンテージアイテムを購入しようとするも、

既にそのほとんどが日本人バイヤーによって買い占められており

大のヴィンテージコレクターであり愛好家のラルフローレンは、

自身でヴィンテージラインを作り上げたのがRRLの始まりと言われています。




COUNTRYはその、古き良きアメリカのヴィンテージの魅力を

現代に蘇らせたコレクションとして現在でも人気のある

RRLダブルアールエルの前身と言われ、

その少ない生産数ゆえに大変貴重なアイテムとして扱われています。




余談ですがジョニーディップはRRLの愛好家の1人で
彼の着ている服のどこかひとつにRRLが取入れられている事も有名な話です。






そんな、希少な1着が サイズ 共に抜群な状態で店頭にならんでおります、、!!








P1170455.jpg






P1170454.jpg








RALPH LAUREN COUNTRYの品質の良さと格好よさを実感できる

ネイティブアメリカンの伝統的な色使いと柄目が特徴的です。



ヴィンテージの良さをそのまま再構築しているデザイン性の高さから

このネイティブ柄のCOUNTRYライン当時のオリジナル品となると

その人気の高さと3年間しか製産されていない希少さゆえ現在では高値で取引されています。







P1170441.jpg










P1170445.jpg









P1170446.jpg









彫刻の入ったコンチョボタンと呼ばれる飾りボタン

リアルレザーを編んで作られた留紐

細部にまで忠実にこだわりをもって作られた事がわかります。





巻きスカートなっていますが内側 外側に留め具があるので

きちんとした綺麗な形で履いて頂きながら

革ひも部分はお好きなように巻いてみて下さい^^♪










P1170435.jpg








現行の物で定番的に扱われている馬のマークのラルフローレンとは

また別格の良さとオーラのあるUSA製 ヴィンテージラインの COUNTRY

ヴィンテージ好きな方もお洋服が好きな方にも満足して頂ける特別な1着かと思います!!!!







なかなかお目にかかれないアイテムなので入荷後すぐのご紹介でした^^

気になる方は是非!!!!



















fumi


London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓








みなさまこんにちは   London Art Factoryですっ!!!








このアイテムをご紹介する時期になると、冬の訪れを感じます。

fumiですこんにちは^^!!





さっそく新入荷のご紹介ですっっ








P1170126.jpg

SCOTLAND clan crest wool 100% skirt















P1170138.jpg











P1170139.jpg









厳しい冬の寒さや湿度の高い天候などの

飼育環境によって光沢ある柔らかい毛質になり

世界的にも認められているSCOTLAND製のウール製品

毛玉になりにくいのも品質がいい証です。




そんなSCOTLANDの老舗キルトブランド 

clan crest より、品質の良いウールスカートが入荷しました!! 








P1170128.jpg








P1170127.jpg







キルトスカートのように巻きスカートではない分、

テーラードされきちんと体に沿うように計算された

シルエットに滑らかに紡がれたウール素材を100%使用し

全体的に裏地もついていたりと、老舗ブランドらしい

細部までこだわりのある品の良い1着です^^!!


状態もとてもよく、これから長い間愛用して頂けそうです。



シンプルに見えて、ひだの部分は動きに応じて

内側のタータンチェックが見えるように

なっているデザイン性も素敵ですね♡




色んなアウターとも相性が良いので

真冬にはタイツ+ブーツを合わせてしっかりとあたたかく可愛く

冬を過ごして頂けそうです。








P1170135.jpg










P1170134.jpg








P1170133.jpg










P1170129.jpg








秋冬に毎日でも履きたくなるようなあたたかくて素敵な1着^^


お好きな方は是非いかがでしょうか??













fumi




London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓





みなさま こんにちは




London Art Factoryです







最近とても寒くなりましたが

私は今度 今年最後だと思われるBBQに行ってきます


BBQは夏にするものだと思っていましたが

こんな時期まで出来るスポットがあるんですね

とっても楽しみです





さてそんな浮かれ気分でお送りします本日は

こちらの老舗の1点をご紹介したいと思います♪♪








P1160977blog.jpg

ENGLAND "DAKS" wool&silk skirt sold,thank u!







P1160971blog.jpg






P1170001blog.jpg





1894年創業。120年以上もの歴史を誇るイギリスブランド"DAKS”。




日本にも店舗があるので ご存知の方は多いと思いますが

現在 日本で販売されているものは「made in JAPAN」になっているそうですが

こちらは「made in Great Britain」 本場のイギリスで作られたものです。




1950年代頃には その品質の良さが評価され

イギリス王室御用達ブランドとして3つものロイヤル・ウォラントを授与しています。

創業者であるシメオン・シンプソンが

初めてテイラーを創業したのが16歳という若さで

若かりし頃から彼の才能は素晴らしく

世界で初めて「テーラード」の機械化を成功させ

〈シンプソンスーツ〉と呼ばれるスーツが評価されたのが始まりだそうです。








P1170009blog.jpg






P1160985blog.jpg
(back)






イギリス王室に認められるということは

そのものの良さが本物であることの証明であり

こちらのスカートもウール85% シルク15%の天然素材のみが使用された

とても上質な生地で作られています。




ここまで滑らかにウールが仕立てられているのは

一流ブランドならではの 高い製法技術でしか見れない代物です。







P1160979blog.jpg






さらにすごいのが

ウエスト部分には中に内蔵されたベルトが付いていて

サイズ調整することが出来ます。



ゴムのように全体がくしゅっとしてしまわないので

前と後ろはシルエットを壊さず フラットに履けるのが嬉しいです









P1170002blog.jpg






本場のイギリス製の"DAKS"となると

なかなか手が出せない方も多いと思いますが

こうして上質なブランドアイテムを 身近にgetできるのも

vintage shopの醍醐味ですね




状態・質 共に素晴らしい1点ですので

気になられた方はぜひっ








shima
London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓





みなさまこんにちは London Art Factoryですっっ!!








早速ですが今日のご紹介はこちらっ♡!!









P1160859.jpg

Germany 1950-60s overall












P1160864.jpg











P1160870.jpg








ヨーロッパならではのシルエットの綺麗さとデニムとはまた違う良さのある

ブルーカラーが特徴的な1950〜60年代頃のワークアイテムのご紹介です^^♡









P1160882.jpg











P1160883.jpg










P1160868.jpg










P1160881.jpg

↑ SANFOR * 防縮加工された生地の証 1960年代以前のアイテムに見られる事が多いです。












肩の留め具部分はパカっと開いて簡単に長さが調節できます!!

こんなに簡単に調節できるオーバーオール見た事無い、、と感動しました!!笑






生地には”ヘリンボーンツイル” と呼ばれるコットン生地が使用されています。

ヘリンボーンってどういう意味だろう??と気になって調べてみたら

ニシン(herring)の骨(bone) という意味で

生地の見た目がニシンの骨に似ている事から

ヘリンボーン(herringbone)

と呼ばれるようになったそうです。


1950年代以前のワーク物やミリタリー物に多く使われていた生地で

より丈夫になるよう作られたヘリンボーンには独特な風合いがあったり

しっかりしているのに動きやすく着心地が良い事も魅力です♪







P1160869.jpg








Vintageにしかない留め具や生地感の雰囲気の良さや

経年による色味の変化を楽しみながら

これからも長く愛着持って着続けられる1着かと思います!!^^













P1160876.jpg










P1160878.jpg









合わせるもの次第で雰囲気をがらっと変える事ができるので

自分らしく好きなコーディネートを1年中楽しめますよ♪




 


お好きな方は是非いかがでしょうか??










P1160880.jpg






fumi


London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓





みなさま こんにちは



London Art Factoryです





さっそく本日はこちらのスカートをご紹介したいと思います








P1160541blog.jpg

ENGLAND c.1960s skirt sold,thank u!!


P1160543blog.jpg




イギリスで1960年代頃に履かれていた vintageブラックスカートです。



ブラックスカートって 形が違うものをいくつ持っていても

必ず重宝できるので個人的にも大好きなアイテムです!





1960年代と言えば、カラフルでポップなものが主流だったなか

こんなシックなブラックスカートって素敵ですね♡






P1160549blog.jpg





P1160560blog.jpg





写真ではすべてを伝えきれないのが 残念ですが

この当時独特の光沢のある生地がたっぷりと使用されています。

シワにもなりにくく ゆったりと揺れるスカートラインがロマンチックな雰囲気です



縦長にカットした生地を何枚も合わせているゴアードスカート調になっていて

丁寧な仕立てと それによって生まれるボリュームは

とても贅沢で高級感があります。










P1160550blog.jpg




サイドのzipには 1950〜1960年代のドレスやスカートなどでよく使われていた

小さめのメタルzipがついています。

現在のものでは プラスチック製のzipで少しチープな印象になってしまうものも多いですが

vintageのメタルzipはお洋服自体の品を崩さず かっこいい印象です。







P1160539blog.jpg





普段使いにキュートにも履いて頂けますが

ドレッシーな雰囲気を持ったスカートなので

パーティシーンなどでの ドレスファッションとしてもおすすめです♡




ただ甘くならないブラックカラーだからこそ

いくつになっても履きたい 品のある1枚です

こんなスカートが履けるのも女性ならではの楽しさですね


気になられた方はぜひっ






shima



London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓