みなさま こんにちは




London Art Factoryです









最近お客様から紅葉見に行ってきたよ〜!!という話を何度か聞きました。

今頃の紅葉は とても綺麗そうですね




わたしは季節の中で秋が1番好きで

自分が産まれた季節・調度いい気温ということもあるのですが

秋の全体の色味がとても好きというのが大きいです♡





もはや気温的には冬に近づいているので

この秋をめーいっぱい楽しめるうちに 景色を楽しみたいと思います!!♪







さて では本日はこちらのご紹介ですっ!!













P1170958blog.jpg

ENGLAND c.1920-1930s vest





P1170957blog.jpg










1920〜1930年代頃にイギリスで着られていた

とても貴重なアンティークベストです♡







女の子が着るベストというと

1970年代に公開された「アニー・ホール」という映画の

主人公の女性を思い出します♡





images-2_20171113150239936.jpg
(映画「アニー・ホール」より)







マニッシュながらも 女性らしさを感じさせ

そのこなれた着こなしは社会現象にもなったほど

当時の女の子が憧れたファッションでした。






このスタイル、今見ても純粋にかっこよ過ぎませんか??







P1170976blog.jpg






P1170960blog.jpg





いきなり話が脱線してしまいましたが

およそ90年以上も前に作られたこちらのベストは

今の物には絶対に出せない

アンティークだからこその生地の質感がとてもかっこ良く贅沢です




リペアの跡が少しありますが

それすら味のある雰囲気に変えてしまう風格が

この年代のお洋服にはあります。






P1170963blog.jpg
(back)




P1170964blog.jpg
(halterneck)







そして 日本の女性が着ても調度いいサイズ感というのも

探すと本当に見つかりません。

体に綺麗にフィットしてくれるので

シルエットも崩さず スタイル良く着て頂けます♪





vintage・antiqueが好きな方

「アニー・ホール」に憧れたことがある方は

ぜひ店頭でご試着してみて頂きたいです♡

お待ちしておりますっ




P1170982BLOG.jpg








shima



London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓




みなさま こんにちは



London Art Factoryです







本日は今からおよそ100年以上前の

スペシャルなアンティーク品をご紹介したいと思います♪




こちらっ







P1170252blog.jpg




P1170241blog.jpg

HOLLAND c.1900〜1920s antique tops





オランダでおよそ1900年〜1920年代頃に着られていたトップスです。



厚手で重厚感のある生地は

ひとめ見ただけでも アンティークの雰囲気たっぷりです






P1170247blog.jpg



P1170302blog.jpg







すごい量のウールを圧縮することで

ここまで厚手で丈夫な生地が作られています。

今のもので ここまで贅沢でしっかりとした生地が使われているお洋服って

なかなか探しても見かけないかと思います。。




100年前のお洋服!と思うと それだけでも本当に凄いことですが

アンティークということを差し引いたとしても

現在まで残り そして廃れない存在感を持った 素材と製法技術は

1着のお洋服として 純粋に素晴らしいです







P1170264blog.jpg



P1170266blog.jpg



P1170271blog.jpg





360度どの角度から見ても立体的なシルエットで

ななめにカットされたお袖など

当時の動きやすさなどを考えて とてもよく作られています。



オランダの伝統的な1枚ですが

まるでデザイナーズのコレクションのような

現代性も感じられるから不思議です






ちなみに1900年代頃のオランダのお洋服は

こんな感じだったそうです

↓↓↓



vee3nin.jpg










P1170282blog.jpg




P1170296blog.jpg




みなさんならどんな風に着られるでしょうか??♡







伝統とファッションが楽しめる貴重な1点です

気になられた方はぜひっ







shima




London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓







みなさまこんにちは London Art Factoryですっ!!








ここ数年、毎日更新させていただいているこのblog

いったいどれだけの方が見て下さっているんだろうと思いつつ

毎回楽しく書かせて頂いてます^^

みなさまいつもありがとうございます。これからも日々更新頑張りますので

変わらず、覗いて下さると、すごーーーーく嬉しいです。




さて、そんな今日のご紹介はこちらを、、♡











P1150609.jpg

ITALY MARNI brouse sold,thank u!








P1150619.jpg








20140221190408000000q_304_1.jpg











marni-1.jpg









日本でも知名度が高くご存知の方も多いかと思います。


洗練された素材選び・デザインが圧倒的な存在感を放つMARNIは

イタリアの老舗ブランドフェンディ(FENDI)」の

毛皮部門を担うレザーメーカーの社長夫人

コンスエロ・カスティリオーニが1992年にイタリアにて設立。


少女っぽいかわいらしさと上質さを合わせ持つブランドです。

独自の感性によって選び抜かれた素材や色を使用し、

唯一無二の存在感を放つブランドとして高く評価されてきました。







そんなMARNI らしさ溢れる素敵な1着が店頭に並んでいますよ〜♡









P1150600.jpg







P1150604.jpg









P1150616.jpg











上品でありながら可愛い印象になる丸くしっかりとした襟元は

ブラウスの柔らかい生地とはまた違う厚みのある生地を使い

きっちりと形が保たれるように作られています。





たっぷりと生地を使い縫製技術を駆使して女性らしい柔らかいシルエットでありながら

肩周りの煩わしさのないラグランスリーブになっていたり

お袖が自然に折り返せるようになっていたりなど着る事をきちんと考えられたデザイン性の高さに

デザイナーズブランドらしい細部までのこだわりが見えます。


Vintageに限らずお洋服がお好きな方なら気になる所かと思います^^







P1150620.jpg













P1150624.jpg










P1150626.jpg








洗練された柄のバランスと色味も秀逸なので

意外にもどんなボトムを合わせても

自然にすっと馴染んでくれる所もいいですね^^

思いきって柄物との合わせを楽しんでみたり、、

これからの時期を楽しく彩ってくれそうです。



個人的にはVintageデニムとの相性の良さが好きです♡








P1150606.jpg





大切な日にも自信を持って着たくなるような

特別な1着になってくれると思います。



お好きな方はこの機会に是非いかがでしょうか???



国内外問わず人気のあるデザイナーズブランドなので

同じ物をみつける事も難しくなかなか手に入りにくいかと思います。



色々と書きましたが実物を見て触れていただくとそのクオリティに

納得して頂ける1着かと思いますのでお待ちしております♪












fumi
London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓





みなさまこんにちは London Art Factoryですっ!!!








やっっっっと涼しい風がふくようになってきて

嬉しいfumiですこんにちは^^どんどん秋らしくなってきてますね

Lonfac店内も素敵な新入荷盛りだくさんでみなさまをお待ちしております!!!




さてさっそくそんな今日のご紹介はこちらです♡









P1150462.jpg

WALES c,1970-80s "Upper Bracket" tops sold,thank u!










P1150475.jpg






イギリスを構成する(イングランド、スコットランド、北アイルランド、ウェールズ)の一国で

グレートブリテン島の西部に位置するとても小さな国 WALES よりやってきた

とても希少でかっこいい1着です♡





ちなみにウェールズってこんな所なんだそうです↓





2430f98558c6-efc8-4f0a-a5cf-97a3a3420a90_m.jpg









24300898d41e-389e-4ffb-90f8-c6c2475b49ed_m.jpg







e61e2f4a.jpg








laburnum-arch-in-may.jpg






自然が豊かだからこその美しい絶景とお城がたくさんあるのが特に有名だそうで

あのジブリのラピュタの舞台になったとも言われています。

個人的に一度いってみたい場所でもあります^^


、、、話がそれましたね すいません











P1150456.jpg








P1150458.jpg

 






ゆるく着れるサイズ感に着丈は長めなのですが

裾にはスリットが入っているのでボトムやインナーを見せることで

すっきりとした印象になり全体のバランスも取りやすいので

ボトムを選ばずさらりと着て頂ける所が嬉しいです♪








P1150460.jpg







胸元が綺麗に見えるラウンドネックと

サイド以外の部分には縫い目が無く、

着る人の肩に合わせて自然とおちるドルマンスリーブで

スタイルがより良く見えるよう計算されたデザインです








P1150473.jpg











P1150469.jpg







ワンピースのように着る日もあればトップスとして

すっきりと着てもらう事も出来るのでこれからの時期に

たくさん活躍してくれそうですねっ^^






お好きな方は是非いかがでしょうか??







fumi

London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓




みなさま こんにちは



London Art Factoryです





9月に入り、店内も秋の雰囲気になってきました!


今からも着れて秋には大活躍してくれそうなアイテムが

店内にたくさん並んでいますので

またこれから 「何からご紹介していこう??」という

嬉しく贅沢な悩みが増えそうです


楽しみにしていてください




さて ではそんななかから 本日はこちらのご紹介ですっ♪







P1150421blog.jpg

"JNBY"design knit tops sold,thank u!





P1150446blog.jpg





JNBY   ジェイエヌビーワイ



1994年にスタートしたデザイナーコレクションブランドです。

不変的でオリジナリティ溢れる世界観をディテールに込め

クリエイティブでモードなスタイルを提案しています。



ブランド名は「JUST NATURALLY BE YOURSELF」の略だそうで

(直訳すると「当然あなた自身でいる」という意味)

その名のとおり 女性らしい繊細さと時代にあったデザインを織り交ぜ

そのひとに合ったコーディネートが楽しめるカジュアル&スポーティなコレクションが展開されています。








P1150433blog.jpg




P1150431blog.jpg





こちらは そんなJNBYの

左右比対称・アシンメトリーなデザインが素敵なニットトップスです。



JNBYの創設者であるLi Linは

「どうせ同じ1分を過ごすなら、何をやろうと、逆に何もやらなくても

ただ心と体を使ったらいいじゃない」というのがポリシーだそうで

そんな彼女だからこそ作れる 意外な想像力をかき立てられるお洋服は

見ている私たちもどこかワクワクさせてくれるようなデザインが素敵です♪



こんな斬新なカット なかなか見たことがありません◎





P1150435blog.jpg





伸縮性があり柔らかく体にフィットするニット素材は

とても着心地がよく スタイルも美しく見せてくれます。



色味もとても綺麗なので1枚着るだけで

存在感と個性のある 大人のコーディネートが楽しめます






P1150442blog.jpg




P1150452blog.jpg





私も調べれば調べるほど、 このブランドのファンになってしまいました♡

気になられた方はぜひっ







shima



London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓