FC2ブログ






みなさま こんにちは



London Art Factoryです♪







今日は入荷したてほやほやな

暖かい極上のこちらのニットをご紹介したいと思います!!











P1330500blog.jpg




P1330484blog.jpg




P1330481bog.jpg

ENGLAND c.1960s wool100% hand-knited










手編みニットの代名詞とも言えるアランニット。

毎年 流行に捕われることなく

冬のとっておきのアイテムとして人気が高く

うちに来て下さるお客様の中でも ファンだという方が多いです










そもそもイギリスやフランスなどで漁師さん達の防寒着として着られていた

フィッシャーマンセーター。



その中でも6世紀頃から

アイルランド島の西にあるアラン諸島で編み続けられて来たのがこのアランニットで

漁に出る夫や息子の無事と豊漁を願う女性たちの祈りの意味が

独特の編み模様に込められて来たそうです。




模様の組み合わせや家々の編み手によって

家紋のような役割もあるそうで

今でも母から娘へと伝承されつづけている伝統的な編み物です。










P1330492blog.jpg

sold,thank u




こちらはその中でも

およそ1960年代頃に ウール100%のみで編まれた極上の1枚。





見た目のファッション性の高さから

模造された ポリエステルmixな物も多く出回っていますが

こちらは上質なウールのみを丁寧に編み込んで作られたものなので

1番上に着るアウターとしてもおすすめ出来るほど暖かいうえに

毛玉も出来にくく 上質な仕立てが素晴らしいです◎



(ポリmixのものは 毛玉が出来やすく

すぐモケモケになってしまう事が多いです)








P1330488blog.jpg






そしてこの見事な編み模様!!




アランニットは海にまつわるものをモチーフにしたりなど

様々な模様で構成されていて


網(ダイヤモンド)…漁に使う網の目を表した編み模様。
富と成功、そしてその形通り宝物を示します。


縄(ケーブル)…漁師たちが使う、縄や命綱を表します。
その象徴から大漁や安全を示すと言われており、また交差する縄の模様は、結婚や子孫の繁栄を意味するとも。

蜂の巣(ハニカム)…そのまま蜂の巣を意味するとも、漁網を広げた姿を意味するとも言われています。
前者は蜂が象徴する子孫繁栄や仕事への報酬、後者はダイヤモンドと同様に富と報酬を意味します。

ノット…木苺やブラックベリーの実を表します。
アイルランドに古くからつたわる三位一体(キリスト教の原理で、父なる神、子なる神、聖霊はすべて神の現れで、元来ひつつのものであるという説)を示します。




など意味も様々。






こちらはダイヤモンドとノットの組み合わせですかね?

ぎっしりと目の詰まった編み目が贅沢で

相当な量の羊毛が使用されているかと思います










P1330511blog.jpg



P1330508blog.jpg




P1330512blog.jpg






およそ60年〜50年も前に編まれたものとは思えないほど

真っ白なウールは汚れやダメージも無く

とても綺麗なコンディションで残っています









また日本人の女の子がこんなにジャストで着られる

小さめのサイズもなかなか探せませんので

気になられた方はぜひ 店頭で実物をご覧ください

お待ちしておりますっ








shima




スポンサーサイト
London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓
Secret

TrackBackURL
→http://londonartfactory.blog112.fc2.com/tb.php/3692-f9538c0a