FC2ブログ




みなさま こんにちは



London Art Factoryです♪







本日は早速こちらのアイテムをどうぞ♡!!










P1280378blog.jpg





アメリカで着られていた1950年代と1960年代頃の

vintage無地スエット2着です。

当時の生地の耐久性・風合い・着心地の良さを考えて作られた品質の良さは

vintageファンからも長く愛されており

年々オリジナル品は減ってしまう一方なことから

希少なアイテムとして価値がどんどん付けられています。






1980年代頃のプリントが描かれたスエットなどは

古着屋さんなどでまだ見られることも多いですが

1960年代以前のvintageスエットとなると

本当に見つからないので その生地感やサイズ感などに注目しながら

ゆっくりご覧くださいっ











P1280399blog.jpg




USA c.1950s vintage sweat



P1280413blog.jpg





P1280404blog.jpg




P1280420blog.jpg








およそ今から70年近く前に着られていた1950年代頃の無地スエット。

このボロボロに綻んだダメージ感が

vintage好きさんにはたまらない♡!!という方も多いのではないでしょうか。

まるでわざとダメージ加工しているように感じられてしまうほど

ここまで見事な綻び方をしているのも

肉厚のあるvintage生地だからこそです。

(今のものだとスパンと切れたように破けてしまったりします。)









P1280413blog.jpg



P1280417blog.jpg






そしてこちらはよくvintage用語で使われる

《前V》《長リブ》《セットインスリーブ》のスエットです。



*前V…
「ガゼット」という汗を止めるために作られた、
襟元の逆三角形のリブのパーツが前だけに付いているもののこと。
(後ろにも付いていると両Vと呼びます)
1940年代頃から登場したディテールで1960年代頃から徐々に削除されていきました。




*長リブ…
言葉の通り お袖のリブ部分が長いこと。
これも60年代以前のvintageスエットで見られる特徴的なデザインです。




*セットインスリーブ…
スウェットの原型であるウール製セーターや当時の防寒肌着である、
「バルブガンズ」の流れを受けた縫製です。
身頃をほぼ垂直に裁断し、そこに袖付けをするタイプで
袖付けの中では最も基本的なつけ方で、普通袖とも言われています。




と 話せばどんどん奥が深く熱がこもってしまいそうですが

デニム同様スエットも 細かいディテールで

年代を判断することができます◎







P1280428bog.jpg



P1280425blog.jpg





なかなかここまで自分で育てられるお洋服って無いと思います


















P1280384blog.jpg

USA c.1960s vintage sweat






P1280379boog.jpg




P1280396blog.jpg




P1280395blog.jpg




P1280394blog.jpg






こちらは1960年代頃のvintageスエット。

先ほどご紹介したスエットよりまだ状態が綺麗ですが

こちらもお袖や首元の綻び始めている部分を見ると分かりやすいよう

同じくvintageスエットならではの肉厚のある生地感がかっこいい

"Wilson"の1枚です。





表記には《LARGE》と書かれていますが

お袖がラグランスリーブになっているので

肉厚があるのに肩に馴染みやすく

日本の女の子が着てもごわつかずに着られるいいサイズ感です♪










P1280391blog.jpg




また無地のvintageスエットの中でも

ホワイトカラーは汚れなどが付きやすく

綺麗に残っているものがとても少ないので

実は1番見つけるのが難しいのではないかと思います。








P1280434blog.jpg




P1280440blog.jpg













いかがでしたでしょうか??

どちらもvintageファンを唸らせる 風格たっぷりのvintage無地スエットです







USAものの 特にスエットなどのアイテムは

アメリカサイズの とっても大きいメンズものが多いので

こんな風にちょうどいいサイズ感のものを見つけることは

さらに難しいかと思います











今からの季節にとてもおすすめのアイテムでもありますので

気になられた方は ぜひ店頭でご試着してみてください♡

お待ちしておりますっ








shima




スポンサーサイト
London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓
Secret

TrackBackURL
→http://londonartfactory.blog112.fc2.com/tb.php/3584-2e0fc890