FC2ブログ





みなさま こんにちは





London Art Factoryです






只今London Art Factoryでは食器類すべて15%off SALEをおこなっています。

オーナーのyukiさんがお店をOPENしてから10年間

食器だけのSALEというのは実は初めてだそうで

イギリスでもなかなかお目にかかれないvintage食器たちがたくさん並んでいるので 

遊びに来た際はぜひチェックしてみてください







さて ではせっかくのSALE中なので

今日はこちらのアイテムをご紹介したいと思います♪











P1220879blog.jpg






P1220911blog.jpg








image2.jpeg




image1_201804091436012f9.jpeg





JAJ Pyrex






アメリカのコーニング社が特許元ですが

1921年〜1973年のあいだ イギリスの

"James A Jobling&Co.Ltd."略して"JAJ"が

ライセンス契約を結び 生産販売していた食器メーカー。




そもそもパイレックスとは

1915年にコーニング社が商標登録した特別な耐熱ガラスのことで

契約を結んでいるこの間だけ "JAJ"によって

イギリス製のPyrexが販売されていました。





このJAJのミルクガラスと言われる独特のとろんとした質感・光沢を持つガラスは

1953年から製造され そこから80年代までに作られた物がオールドパイレックスと呼ばれて

現在ではコレクタブルアイテムになっています。









P1220900blog.jpg

ENGLAND "JAJ" Pyrex 1970s








P1220907blog.jpg

ENGLAND "JAJ" Pyrex 1970s





そのイギリス製Pyrexの中でも 本日ご紹介するのは

コテージローズという名前が付けられたシリーズのものです。




"JAJ" Pyrexから さまざまな柄・デザインが生み出され

それぞれにタイトルが付けられています。

例えば野菜をモチーフにした絵柄のものは「Harvest(収穫)」

花や雪の結晶のような模様に見える「Chelsea (チェルシー)」など

とても愛着が増すような シリーズが作られています。






同じ薔薇でも「JUNE ROSE」など 違うシリーズがあったりするんですよ。










P1220885blog.jpg




P1220889blog.jpg






そして

このコテージローズ

1970年からおよそ1年間のみ製造されていたもので

他のシリーズのものよりも 圧倒的に生産量が少なく

希少価値が高いものとして取り扱われています










P1220897blog.jpg




image.jpeg







実際のコテージ・ローズはこんなお花です



ふつうの薔薇よりも花びら多い優雅な雰囲気を

繊細なタッチで表現し とても品のある絵柄に仕上げられていますね。









日常を いつもよりすこし華やかにしてくれる

イギリスならではのvintage食器です。

自分へのご褒美としてや

大切な方へのちょっとしたプレゼントとしていかがでしょうか?♡

気になられた方はぜひっ









shima



スポンサーサイト
London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓
Secret

TrackBackURL
→http://londonartfactory.blog112.fc2.com/tb.php/3412-e9ee9de3