みなさま こんにちは


London Art Factoryです





最近本格的に寒くなってきて

これからの防寒に悩みますが

毎日 出勤する度に新しいアイテムが入荷していて

テンションの上がる日々を過ごしていますshimaです♪♪



やっぱり色々着れる冬服のことを考えると楽しみですね




そんな中から本日は こちらのアイテムのご紹介です!!








P1170309blog.jpg





P1170326blog.jpg

ENGLAND "MARY QUANT" dead-stock knit sold,thank u!







若者文化の発達により ロンドンが最も華やかになった1960年代「スウィンギングロンドン」。

そんな時代に 最も勢いがあったのがこの"MARY QUANT"です!!!



名前を聞いたことがある人は沢山いらっしゃると思いますが

日本ではお化粧品などの販売がメインなので

お洋服をよく知らないという方もいられるようですが

「MARY QUANT」「1960s」などで検索すると

当時の可愛いお写真がたくさん出てきます♡






b231c38244c970e9254f5c23d4912668--sixties-fashion-mod-fashion.jpg



6307fbabce6818c929f377d988e9ab65--mary-quant-s-style.jpg




a3d208be4f6e8018d9199fad8f03a449.jpg






ミニスカート・カラータイツ・スキニーパンツ・ロングブーツなど

数多くの今のファッションでは当たり前になっているデザインを打ち出し

ヴィダル・サスーンのヘアスタイルと合わせた自由なファッションは

多くの若者の心を掴みました♡






vidalsassoon_film_01.jpg






1920年代のココ・シャネルのような

影響力を持った"MARY QUANT"のかっこ良さを挙げれば

本当にキリがないのですが

そんな"MARY QUANT"が手がけたデッドストック(新中古品)のニットなんて

考えただけで とても興奮しませんか??♡笑







P1170331blog.jpg




P1170318blog.jpg




P1170312blog.jpg


P1170313blog.jpg



当時売られていた状態のまま残っていた 奇跡の1枚なので

新品のミントコンディションです

シェトランドウールが混合されていて ふわふわでざっくり編まれたニットは

とても柔らかく 気持ちがいいです。





ボートネックやゆったり着られるのに体にキュートにフィットするシルエットは

女の子を可愛く そしてモードに飾り続けてきた

"MARY QUANT"ならではではないでしょうか







P1170320blog.jpg



P1170322blog.jpg


(裾は紐できゅっと絞ることも出来ます◎)









P1170339blog.jpg




また当時は「お給料の3ヶ月分」などと言われていたくらい 高価なものだったそうで

シャツで1着60万円〜 ニットで80万円〜 ほどの値段が付けられていました。。

今では想像も出来ないような価格ですが

当時は1ポンド=3000〜4000円ほどした事と

社会的に貧富の差が激しかったことで それくらいの価値が付いていたみたいです






まさにミュージアム級でコレクタブルな1枚です。




今見てもファッショナブルでかっこいいデザイン性は流石の一言!

ロンドンでもなかなかお目にかかれないアイテムですので

気になられた方はぜひっ







shima




スポンサーサイト
London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓
Secret

TrackBackURL
→http://londonartfactory.blog112.fc2.com/tb.php/3242-40ee12b3