みなさま こんにちは


London Art Factoryです




さっそくですが本日はこちらのアイテムのご紹介です!!




P1140749blog.jpg

USA Levi`s 1960s復刻版 "BIG E" "1992" denim pants





P1140745blog.jpg




P1140762blog.jpg





Levi`sのデニムパンツって

みなさん1本はお家に持っているのではないでしょうか??と思うほど 

KING OF DENIMとしてお馴染みのLevi`s。



本日はそんなLevi`sが1960年代に作られたモデルを

1990年代前半に復刻版として再現させた

made in USA(バレンシア工場製)の1枚をご紹介していきたいと思います!




1971年以降Levi`sは赤タブのロゴを

「LEVI`S」から「Levi`s」に変更していて

この通称「BIG E」と呼ばれている"LEVI`S"の文字が見れるのは1971年よりも前のモデルか

1990年代以降に作られた復刻版ならではです!




P1140771blog.jpg



P1140775blog.jpg





トップボタンの裏を見ると「555」という刻印がされていて

これはアメリカのバレンシア工場で作られたことを示します。

(工場によって番号が違います)



現在ではアメリカの工場は閉鎖してしまったため

復刻版でもアメリカ製は貴重とされていて

その中でも1番人気の高いのが

2003年に閉鎖してしまったバレンシア工場製で

コレクター達にとても価値が付けられています。





P1140777blog.jpg



そして赤耳付きです。

Levi`s用語としてよく聞く単語ですが

赤耳(セルビッチ)とは

デニム地の両端の耳部分をいい、旧型の織機でデニム地を織る際、

生地末端のホツレを無くすために付けられたものです。

特にLevi`sのモノは赤いステッテが付けられていたことから

通称「赤耳」とよばれるようになりました。

vintageデニムを語るうえで欠かせないディテールです。







P1140756blog.jpg



P1140753blog.jpg




1853年から創業している超・老舗デニムメーカーなだけに

調べると1つ1つの細かいデザインなどで年代がはっきりしてくるので面白いです◎




またポケットまわりに

白いペンで縁取ったような線が書かれているのにも味があって

古着ならではの楽しみ方ができます。

どういう意図で書かれた線なんだろう?なんて考えるとワクワクしませんか?





P1140758blog.jpg




復刻版といえど

現在は生産されていないだけにプレミアものなので

お宝コレクションとして 大切に長年持ち続けたい1枚です♪




履いたシルエットもコンパクトなショート丈で素敵なので

たくさん履いて頂きたいです



気になられた方はぜひっ





お客様スナップ



P1140728blog.jpg


P1140729blog.jpg


なっちゃん♡アリちゃん

この日私もたまたま1枚で着れるワンピースを着ていたので

「きょうはワンピースDAY記念だね!」ということで

スナップを撮らせてもらいました♡笑

それぞれに似合うワンピースの着こなしがとっても素敵です◎

ファッションを楽しんでいる女の子を見るとなんだか元気が出てきます!!

いつもありがとうございます〜





shima



スポンサーサイト
London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓
Secret

TrackBackURL
→http://londonartfactory.blog112.fc2.com/tb.php/3168-173f64bd