みなさまこんにちは London Art Factoryですっ!!









またまた私事ですがお正月休みはボードをしに長野へ行っていました^^

下手なりにゆるく楽しく続いている趣味なので

今年もせっせと雪山へ行ってきたいと思います(何の報告笑)

ボードの事を考えると寒くなって雪がたくさん降ってくれた方がいいのですが、

普段はそんなに寒くなってほしくない、、というワガママな気持ち、、、



そんな事も言ってられないので京都の寒い冬に

着てほしいこちらのご紹介です~~~♪










IMG_20170105_132909.jpg










IMG_20170105_132950.jpg




London Art Factoryでは毎年質の高いウール製品を

豊富に取り揃えているのですが、今日は

その中でもレディースサイズの物が見つかりにくい

USA製ウールシャツを2点ご紹介です♪♪










IMG_20170105_124814.jpg

USA "PENDLETON" wool shirt D.stock













IMG_20170105_124924.jpg







アメリカを代表する老舗ブランド「PENDLETON」ですが

始まりは、19世紀半ばに創設者 トーマス・ケイが

イギリスから毛織物工場支援のためにアメリカに移住してきたことから始まったそうです

ネイティブアメリカンが使っていた毛布などの柄をルーツに

最高品質のバージンウール100%のみを使用して作られ、

決して妥協を許さず こだわり抜いて作られるPENDLETONの製品は

アメリカを始め 世界各国で愛されています。

日本でも高品質なウール製品として知名度の高いブランドではないでしょうか。






IMG_20170105_124840.jpg





嬉しいDead stock!!! もちろん穴や汚れ破れもないので安心して

長く着て頂けます◎


うっすらとぼかされたような綺麗な色味が特徴で、

優しさのあるチェック柄が大人の女性によく似合いそうです^^♡














IMG_20170105_125112.jpg

USA "woolrich" shirt







IMG_20170105_125251.jpg




羊さんマークが特徴の WOOLRICH !!

個人的にはこのウールリッチという言葉の響きも好きです笑




歴史は先ほどのペンドルトン同様とても歴史あるブランドで

1830年創業アメリカ最古のブランド と言われています。


更に偶然なのですがこちらもイギリス移民のジョン・リッチ2世が

アメリカ初の毛織工場を設立したことから歴史がはじまったそうで、

ペンドルトンもウールリッチも

イギリスからアメリカへウールの技術をもってブランドを立ち上げた

という同じ共通点があるんですねっ!!

昔からそれだけイギリスのウール製品が世界に認められていたということでしょうか。









IMG_20170105_130037.jpg








はっきりとした綺麗な発色とよく見るとわかるポッケの

生地の向きを変えている所などこだわりが見える可愛さ

柔らかくて軽いウール素材のシャツは

気軽にさっと着れてあたたかいのが嬉しいです♪




あったかくて可愛くて楽な服が着たい~~という

リラックス!!な日にも気持ちよく着ていただけそうです♡笑








IMG_20170105_125915.jpg









たまにはメンズライクなVintageも是非いかがでしょうか???♡









fumi


London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://londonartfactory.blog112.fc2.com/tb.php/2938-c627f251