みなさまこんにちはっっ London Art Factoryですっ♪








いきなりですが今日のブログはこちらっ




【1940年代のスクールガールとサドルシューズ】




急にタイトルなんて付けだして何事?!

と、お思いかと思いますが興味のある方はお付き合い下さい笑






そもそもサドルシューズとはなんだ となりますよね。こちらですっっ







DSC_0042cmsksl.jpg


USA 1940s Huth&James saddle shoes sold,thank u!



上質なレザーを使い2トーンになっているレザーシューズ

シューレースの色が変わっている所、

馬の鞍(サドル)状にレザーで覆っている事から

【サドルシューズ】と呼ばれています。




アメリカントラッドを語る上で外せない存在の歴史ある靴ですが

起源は19世紀末のイギリスだと言われていて

1920年頃アメリカに渡りそこから

学生靴やスポーツシューズとしてアメリカの

学生達を中心に急激に広まっていきました。








Screenshot_2016-04-28-08-30-05.png









もともとは紳士靴として世に広まったサドルシューズですが、

女性にとても人気があったようで、調べてみると1940年代前後、

当時のスクールガール達の可愛くて楽しそうな写真がたくさん出てきました^^






1949-saddle-shoes-bobby-socks1-400x314.jpg







764a36cb9ff68897063685e8f044e9db.jpg







69d05553a49bc14979c0e1d8bb455709.jpg










0d2ba3a984fe27633b87c636bd4f3a4e.jpg






なんと可愛いスタイル、、、!!!!




厚手の靴下をくるっとさせたボビーソックスと呼ばれる白ソックスを

サドルシューズと合わせてメンズライクなアイテムを可愛く履こう!! という

スクールガール達の流行だったみたいです^^♡



可愛く制服を着たい という女の子たちの気持は

いつの時代もどこの国も変わらないのかもですね。




放課後もサドルシューズは大活躍でサーキュラースカートや

女性らしいワンピースに合わせていたようで、

きっと、欠かせないアイテムだったんですね〜。









2adb39364bee11fb57f18f679a081141.jpg









そんなサドルシューズ、まさに40年代当時の物が今

抜群の状態の綺麗さを保ち、店頭に並んでいるのですっ^^!!!!









DSC_0044xxzaaa.jpg












DSC_0034xxakaka.jpg















DSC_0041saopp.jpg












DSC_0039zzzoaplkmn.jpg












DSC_0061spppp.jpg








そして更にこの靴の凄い所は、

きちんとブランド名も記載されていて

1900年頃アメリカミルウォーキーにて創業し

ドレスシューズやブーツなど

靴職人により上質な本革を使い丁寧な靴作りをおこなっていた

【Huth & James】というブランドの1足。




手にとっていただくと、靴の中まできちんと本革を使用している事や

バックステイと言われる靴強度を高める為のかかとのディティールなど

手作業の丁寧さがいたるところにみてとれます。




状態の良さとその強度のつよさから、まだまだたくさん履いて頂けます!!

履き心地も良いんですよ~~






DSC_0013cccmxmxnnn.jpg












DSC_0020ccmxnnnak.jpg














DSC_0008pwowowkkk.jpg














単純にデザインも可愛いく上質な靴ですが、その歴史や背景を知れば知る程

惹かれていき、愛着が湧く所がやはりVintageの面白い所ですよね。。

書きながらとても思いました^^!!!







1930年代~1950年代頃に

スクールガール達を虜にしたサドルシューズ♡

40年代当時のとても希少な1足です。

お探しの方、お好きな方は是非いかがでしょうか????










fumi


スポンサーサイト
London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓
Secret

TrackBackURL
→http://londonartfactory.blog112.fc2.com/tb.php/2762-8995ee75