みなさま こんにちは



今日は 仕事終わりに 友達と食事にでかける予定です 

京都の木屋町にある ”うつわと和食を楽しめる” というコンセプトのお店です





ということで 今日はイギリスの うつわ! ご紹介します


   ↓↓↓




陶器に興味がある方はご存知でしょうか?

イギリスで食器と深くかかわる街といえば。。。sttafordshire スタフォードシャーです

images-2_201604041409373f4.jpeg


images-1_20160404140937fbc.jpeg



いつも食器メーカーの歴史を調べる時に驚くのですが、その歴史はお洋服のメーカーよりもはるかに古い事が多いです

あの有名なwedge wood(イギリスの有名なセラミックメーカー)も昨年 創業250年記念でした




イギリス中西部にある staffordshire での陶磁器産業は1720年頃 始まります

1785年には staffordshireにある200の工場で働いていた人は2万人ともいわれます 
すごい勢いで発達してますね。。。






今日 ご紹介するstaffordshireの食器は 1970年代のものですが、買い付けの際にも(割れてなくなってしまうものなので)毎年どんどん減っていくのを感じます

70年代のお洋服のファンキーな柄の雰囲気とかさなって 少し無骨で日常的なこのあたりの食器は個人的にもとても好きです。。。




DSC_0007.jpg
DSC_0005.jpg





DSC_0002.jpg
DSC_0003_201604041424051f2.jpg

sold,thank u!




DSC_0012.jpg
sold,thank u!
DSC_0010_2016040414240480b.jpg
DSC_0014.jpg






いちいち 裏面にstaffordshireの文字が書かれていますね^^





London Art Factoryのフライヤーなどを見て頂くと店の名前の下に vintage lifestyle と密やかに記載しています



衣食住 すべてに ビンテージの要素が散らばっていると楽しいな〜というイメージです

まさに 私自身のライススタイルはそんな感じなのですが。。。w



では 今日も読んでいただき ありがとうございました




yuki












スポンサーサイト
London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓
Secret

TrackBackURL
→http://londonartfactory.blog112.fc2.com/tb.php/2656-cef9cc88