FC2ブログ





みなさま こんにちは



London Art Factoryです






さっそく本日はこちらのアイテムのご紹介です♬







P1330630blog.jpg








P1330638blog.jpg

USA c.1940s wool 100% pants




P1330643blog.jpg
(back)





アメリカでおよそ1940年代頃に

上質なウール100%で仕立てられた貴重なvintageパンツ!!






ハイウエストで履いて ほどよく女性の体に馴染む

計算されたシルエットが360度どこから見ても美しい1枚で

この時代は当然大量生産の文化などはまだ無く

オーダーメイドが主流であった時代のものだけあって

1つ1つのディテールの細やかさや綺麗さが素晴らしいです◉










P1330649blog.jpg




P1330647blog.jpg




P1330661blog.jpg







ふわふわの柔らかいウールは

とても繊維が細い上質なものが使用されており

滑らかな手触りをしていて

履いたときにもチクチクとした不快感が全くありません

それでいて ウールは繊維が細かいほど

繊維の中に暖かい空気を含みやすく保温効果に優れているので

薄手で軽いのに とても暖かく今の季節に履くことが出来ます










丁寧に折られたウエスト部分のタックと後ろのベルトで

ジャストに履くことが出来るので

ショートパンツにしては とても女性らしいシルエットで

実際に人に履いて頂くと 一層素敵です♡










P1330654blog.jpg





P1330657blog.jpg








とてもシンプルに見えて

こんなお洋服 探してもなかなか見つからない!!という

アイテムかと思います♡






今から70年以上も前のお洋服が

シミやダメージも一切なく こんなに綺麗なコンディションで残っているなんて

本当に奇跡的なことです

気になられた方はぜひっ








shima








London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓
スポンサーサイト





みなさま こんにちは




London Art Factoryです





本日はいきなりですが

冬の防寒のために着たいニットと言えば《カシミア》

さらに世界でもニット製法でトップクラスに君臨している《スコットランド製》の

素晴らしい上質さについて

少しお話したいと思います♬










P1330603.jpg







cashmere-goat.jpg








寒暖さの激しい環境で育ったカシミアやぎの毛は

通常のウールよりもとても繊維が細く密度が高いため

暖かい空気を溜め込むことができ とても保温効果に優れています。

そして「繊維の宝石」と言われているほど

独特の光沢を持った見た目の上品さと

素肌の上から着られるほど 滑らかで心地の良い手触りをしています。





冬の暖かくて気持ちいい素材と言えば?と聞けば

1番に「カシミア」と答える方も多い

この季節には必ず重宝される素材ですね。








P1330605blog.jpg





P1330610blog.jpg







しかし一言で《カシミア》と言っても

生産国などによって そのクオリティは様々で

近年では安くカシミアニットを手に入れやすくはなっていますが

やはり処理などの仕方によって すぐに毛玉が出来てしまったりして

1シーズンで駄目になってしまった…などという事がほとんどかと思います。






そんな中世界で1番と言っても良いほど

上質なのがやはりスコットランド製の《カシミア》ニットです



あのココ・シャネルのトレードマークの1つでもある

ツイードやカシミアニットでも スコットランド製のウールを使用することに

強くこだわりを持っていたと言われているほど

一流ブランドからも認められており

丈夫で毛玉も出来にくく 何年にも渡り愛用することが出来ます。








P1330623blog.jpg




P1330613blog.jpg






ふわふわの触り心地・生地量の違いなどは

1度袖を通して頂くと品質の良さを体感し 納得して頂けるかと思います♬







【Pringle】

200年もの歴史を誇る イギリス王室も御用達ブランドとして認定している

超・老舗ニットメーカー。

その品質の高さからハリウッドスターなどにも顧客を持ち

ニットの最高峰としてpringleのニットは1枚10万円ほどの価値が付けられています。






【Barrie】

1903年に"カシミアの里"と呼ばれている スコットランド・ホーイック地方で設立された

スコットランドの老舗ブランド。

四半世紀以上にわたり〈CHANEL〉を象徴するアイテムのひとつである

バイカラーのカーディガンをはじめとした、カシミヤのニットウェアの製造を手がけ

世界的に「高品質」であることが知れ渡っています。












この高級ニットメーカーのニットを手がけたのも やっぱりスコットランド♬








P1330608bog.jpg







本物を求める良い物がお好きな方にも

きっと大満足頂ける極上ニットです♬






長く大切に…愛着を持って着てください

気になられた方はぜひっ









shima




London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓





みなさま こんにちは




London Art Factoryです




そして今日成人式を迎えられた二十歳のみなさま

おめでとうございます

うちに来て下さっているお客さまの中でも

「もうすぐ成人式なんです」という可愛らしい方達が何人かいらっしゃって

今頃素敵な日を過ごされているかなと思うと とても微笑ましい気持ちになります






さて では 

本日は昨日に引き続き

只今店内で開催中のSALEアイテムより

わたし個人的にも大好きなこちらのアイテムをご紹介したいと思います!!











P1330534blog.jpg


P1330529blog.jpg

RUSSIA c.1960s Army belt










バングルの☆のマークが特徴的なこちらのベルトは

ロシア軍におよそ1960年代頃に着用されていたと思われる1点です。






ソ連軍時代から使用されており

第二次世界大戦中にも用いられていた真鍮製の装備ベルトで

鎌を槌の上に重ねることで

農民と労働者の団結を表した共産党のシンボルを

五芒星の上に配置したソビエト連邦軍のマークが特徴的です。








P1330520blog.jpg




P1330540blog.jpg



P1330541blog.jpg







国から支給されるものだっただけあって

リアルレザーとキャンバス地を縫い合わせ

とても丈夫に作られています。







ジャケットの上からぎゅっと締めたり

パンツ用のベルトとしても使えるように

サイズ調整が簡単に出来るように作られているので

どなたにでもサイズフリーで着用して頂く事が可能です。










P1330522blog.jpg








今のものにはないvintageとしての重厚な風格

一目見ただけで分かるほどの存在感をたっぷりと持った1点です!!






店頭では 男性に食いついてもらうことの方が多いベルトなのですが 笑

あえて女性にこんな無骨なベルトを

ワンポイントとしてかっこ良く付けて頂きたいです








P1330546blog.jpg





P1330547blog.jpg






こんなカッコいいスタイルのお姉さんが居たら

ただ者ではないな!!と とても興味が湧いてしまうと思います…♡













image4blogbelt.jpg





貴重なvintageアイテムが

只今 たくさんSALE対象品となっていますので

ぜひこの機会をお見逃しなく







shima



London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓




みなさま こんにちは




London Art Factoryです






この間 私事ながら

家の近所に住んでいる ずっと気になっていたワンちゃんと接触することに成功しました!!笑

ロシアのボルゾイという犬種だそうで

大型ながらも細身のスタイル抜群の体型に

さらっとした綺麗な毛並みをしていて

散歩中などにすれ違う度「触ってみたい」と思っていたのですが

このあいだ ひょんな事から飼い主さんとお話できる機会があり

たくさん撫でさせてもらいました





これから少しずつ距離を縮めて 仲良くなりたいと

たくらんでいます…笑






さて そんな私の話はこの辺にして…♬!!













image3blogscarf.jpg






只今店内では新年SALEということで

winter SALEやベルト10%off スカーフ15%offなど

お得にお買い物して頂けるものが豊富です!!






その中でも今まであまりスカーフのSALEってしたことが無かったので

今日は無地のシルク100%スカーフたちを揃えてみました









P1330560bog.jpg







自分でもスカーフが欲しいと思って探したとき

柄のものばかり見ることが多くて

無地の100%シルクスカーフって意外と出逢う機会が少ないなと思ったのですが

シンプルに何にでも合わせやすく

高級感まであって とても使いやすいアイテムなので

ぜひおすすめしたいです♡♡♡










P1330600blog.jpg






柄シャツなどとの相性もとても良いです◎





みなさんはどのお色がお好みでしょうか??










P1330568blog.jpg

ENGLAND silk 100% scarf (pink)











P1330571blog.jpg

ENGLAND silk 100% scarf(green)










P1330589blog.jpg

ENGLAND silk 100% scarf(white)











P1330579blog.jpg

ENGLAND silk 100% scarf(yellow)










P1330587blog.jpg

ENGLAND silk 100% scarf(light blue)










「シルク」というと

天然素材の中でも最も肌に優しく

優雅な光沢を持った見た目の高級感に加え

美と健康にとても優れた素材と言われています。




蚕の繭から作られたシルクは タンパク質で出来ており

お肌の成分に近い約20種の

アミノ酸が数百~数千も結合した純粋なタンパク質繊維で

繊維素材としてだけではなく ひとの皮膚や健康にもよい多くの機能を持ち合わせています。









P1330594blog.jpg






そのシルクに傷が付いてしまわないように

良いスカーフは 周りが丁寧に手縫いで処理されています。

ポリエステルなどの合成繊維のものはミシンで 一気に縫われていることがほとんどですが

こうしたちょっとした部分にも一手間をかけ

大切に作られたものだと分かると より愛着も湧いてきます










P1330601blog.jpg







シンプルだけど 人と違うもの・そして良い物が好きという

大人の女性に ぜひ遊び心を持って付けて頂きたいです♡











明日は同じく開催中のベルトSALEの中から

お気に入りの1点をご紹介したいと思っていますので

そちらもお楽しみに♬









shima




London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓






みなさま こんにちは



London Art Factoryです♪







今日は入荷したてほやほやな

暖かい極上のこちらのニットをご紹介したいと思います!!











P1330500blog.jpg




P1330484blog.jpg




P1330481bog.jpg

ENGLAND c.1960s wool100% hand-knited










手編みニットの代名詞とも言えるアランニット。

毎年 流行に捕われることなく

冬のとっておきのアイテムとして人気が高く

うちに来て下さるお客様の中でも ファンだという方が多いです










そもそもイギリスやフランスなどで漁師さん達の防寒着として着られていた

フィッシャーマンセーター。



その中でも6世紀頃から

アイルランド島の西にあるアラン諸島で編み続けられて来たのがこのアランニットで

漁に出る夫や息子の無事と豊漁を願う女性たちの祈りの意味が

独特の編み模様に込められて来たそうです。




模様の組み合わせや家々の編み手によって

家紋のような役割もあるそうで

今でも母から娘へと伝承されつづけている伝統的な編み物です。










P1330492blog.jpg






こちらはその中でも

およそ1960年代頃に ウール100%のみで編まれた極上の1枚。





見た目のファッション性の高さから

模造された ポリエステルmixな物も多く出回っていますが

こちらは上質なウールのみを丁寧に編み込んで作られたものなので

1番上に着るアウターとしてもおすすめ出来るほど暖かいうえに

毛玉も出来にくく 上質な仕立てが素晴らしいです◎



(ポリmixのものは 毛玉が出来やすく

すぐモケモケになってしまう事が多いです)








P1330488blog.jpg






そしてこの見事な編み模様!!




アランニットは海にまつわるものをモチーフにしたりなど

様々な模様で構成されていて


網(ダイヤモンド)…漁に使う網の目を表した編み模様。
富と成功、そしてその形通り宝物を示します。


縄(ケーブル)…漁師たちが使う、縄や命綱を表します。
その象徴から大漁や安全を示すと言われており、また交差する縄の模様は、結婚や子孫の繁栄を意味するとも。

蜂の巣(ハニカム)…そのまま蜂の巣を意味するとも、漁網を広げた姿を意味するとも言われています。
前者は蜂が象徴する子孫繁栄や仕事への報酬、後者はダイヤモンドと同様に富と報酬を意味します。

ノット…木苺やブラックベリーの実を表します。
アイルランドに古くからつたわる三位一体(キリスト教の原理で、父なる神、子なる神、聖霊はすべて神の現れで、元来ひつつのものであるという説)を示します。




など意味も様々。






こちらはダイヤモンドとノットの組み合わせですかね?

ぎっしりと目の詰まった編み目が贅沢で

相当な量の羊毛が使用されているかと思います










P1330511blog.jpg



P1330508blog.jpg




P1330512blog.jpg






およそ60年〜50年も前に編まれたものとは思えないほど

真っ白なウールは汚れやダメージも無く

とても綺麗なコンディションで残っています









また日本人の女の子がこんなにジャストで着られる

小さめのサイズもなかなか探せませんので

気になられた方はぜひ 店頭で実物をご覧ください

お待ちしておりますっ








shima




London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓