みなさまこんにちは  London Art factoryですっ!!










今週、友達の披露宴に呼ばれているので

着て行く服を新調してみたりして

呼ばれる方も普段しない格好をしたりおめかしできる機会なので

何着て行こう、と考える時間も楽しいですよね♪







はい、そんな今日のご紹介は普段にも素敵ですが

ガーデンウェディングの方や二次会の花嫁さんにも

おすすめなこちらのご紹介ですっ











20180522_125101.jpg

ENGLAND 1920s old cotton skirt





20180522_132903.jpg










イギリス製 1920年頃のアンティークコットンスカートです。



アンティークコットンの綿密なしっかりとした素材感と風合いに


もはや芸術と言える程繊細なレースが贅沢にあしらわれた美しい1着です。















20180522_125156.jpg







20180522_125112.jpg










現代の技術をもってしても決して真似のできない


当時のアンティーク品にしか醸し出せない雰囲気を存分に味わって頂けます。



それでいてきちんと裏地もついているので安心して

一枚で履けるよう考慮されています。






約100年の経年によるダメージ 着色も少し見られますが

そこもリアルなアンティークでしか味わえない

雰囲気のある風合いとして魅力の一部になっています。








とても存在感のあるスカートですが普段に履く場合

コーディネートはシンプルなものからクセのあるものまで

幅広く合わせやすく、季節問わず履ける所も嬉しいですね♪











20180522_125441.jpg









20180522_130817.jpg












20180508_122811_20180522150213a55.jpg











トップスに白のレースやブラウスを選べば

個性的なウエディングを希望されている方にもとても格好いいと思います!!







普段にも、特別な日にも履きたくなる白一色のアンティークスカート

お好きな方には実物のオーラを見て頂きたいです!!


是非いかがでしょうか??





お待ちしておりますっ!!









fumi



London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓
スポンサーサイト





みなさま こんにちは



London Art Factoryです♪






さっそくですが本日はこちらのアイテムをどうぞ♡









P1240214blog.jpg




P1240225blog.jpg

SWEDEN c.1960s dress






スウェーデンで1960年代頃に着られていたvintageドレス。





北欧の大自然からインスパイアされた

コンセプト、ルーツ、スタイル、形、そして素材を用いたスウェーデンのお洋服は

どこか暖かみを感じられるものが 多い気がします。

今では日本でも人気の高い"IKEA"や"H&M""COS"などもスウェーデンから産まれたブランドで

ただコストの問題だけではなく

安心感と高いデザイン性も人気の理由だと思います。







ちなみに少し話題が逸れてしまいますが

みなさんスウェーデンの民族衣装って見たことがありますか??






6295028648_249c20c2d8_z.jpg






とても可愛いですよね?♡

スウェーデンの色がアレンジされていて

「ナショナル民族衣装」と呼ばれているそうです♪





つい可愛くてみなさんにもお見せしたかっただけなので

話をすぐ戻しますね












P1240228blog.jpg




P1240232blog.jpg





P1240231blog.jpg








こちらもそんなほっこりするスウェーデンの可愛らしいさが詰まった1枚です。







イタリア製のように洗練されたラグジュアリー感やセクシーさは無いけれど

心をくすぐられるようなキュートさと

安心して着ていられる心地良さが魅力です。





お隣のフィンランドで産まれたブランド"marimekko"に感じる

大胆なプリント柄だけどなぜかほっこりする

あの安心感に似ていませんか??









P1240240blog.jpg







体のシルエットも綺麗にシェイプさせて着れるAライン型なので

1枚着るだけで とても存在感のある極上ワンピースです♡





個人的にも大好きな1着ですので 共感して下さる方はぜひっ







shima



London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓




みなさま こんにちは




London Art Factoryです








今度 わたくし事ですが

人生で2度目の甲子園球場へ行ってきます!!

野球のことは全くと言っていいほど知らない私ですが

あの空気感でビールをぐいっと飲むのが最高なんですよね♪笑




まだ7月の予定なんですが 今から既にワクワクしています





さて 今日もそんな私のどうでもいい話から始まってしまいましたが 笑

本日はこちらのアイテムをご紹介致しますー












P1240139blog.jpg






London Art Factoryに並んでいるvintageベスト達!!





夏になるとお洋服がパターン化しちゃったり

簡素的になりやすいですが

ベストを取入れると それだけで遊び心のあるスタイルになってくれるので

個人的にも とても好きなアイテムです。




どれもvintageならではのオーラを持ったベスト達ですので

コーディネートと共に ぜひじっくりご覧ください♪








P1240153blog.jpg

ENGLAND c.1960s vest


イギリス1960年代頃の1枚。

サイケデリックな模様をコットンの優しい風合で柔らかい印象に。

ショート丈なのでボトムともバランスが取りやすいことと

体に沿った綺麗なラインがスタイルも綺麗に見せてくれます。








P1240146blog.jpg

c.1970s denim vest



1970年代らしいデニム素材とオリエンタルな雰囲気を持った1枚。

ポケット部分と裏地のボーダーのような織り柄と

1970年代のアイテムが持つナチュラルな空気感がカッコいいです。

リバーシブルにして柄の方を表にして着て頂くことも出来ます










P1240161blog.jpg

ENGLAND c.1920-1930s antique vest




今からおよそ100年近く前のイギリス 1920〜1930年代頃の1枚。

ウールの質感の良さと丈夫さが素晴らしく

リペアの跡すら 味として感じられるほどantiqueとしての存在感を持ったベストです。

1970年代の映画「アニー・ホール」を思わせるような

マニッシュなスタイルが素敵です♡













P1240210blog.jpg






P1240203blog.jpg






P1240175blog.jpg





P1240182blog.jpg








P1240165blog.jpg







いかがでしたでしょうか??♡


個人的にもとても好きなアイテムなので

いろんなコーディネートを考えるのがとても楽しかったです♪







ファッションを楽しんでいる

大人の女性にぜひ 着て頂きたいです。

気になられた方はぜひっ










shima



London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓



みなさまこんにちは London Art Factoryですっ!!









最近、私事ですが人生で初めてホラーゲームにハマってしまい、

こわいんですけど、あのドキドキ感がたまらないです。。笑


共感して下さる方おまちしております♡






さて、そんなどうでもいい話は置いといて

今日のご紹介はこちらですっ!!













20180519_131059.jpg

ENGLAND 1920-30s silk blouse










20180519_130554.jpg








約100年前のイギリスのお洋服、

アンティークシルクを100%使用したスペシャルな1着です、、♡





仕立て屋さんや手仕事でお洋服が作られる事が主流だった1920〜30年代


高級素材であるシルク素材の生地をつくり出す事からひとつひとつ人の手によって

丁寧につくられていた時代でもあります。


なのでこのブラウスを見て頂くとわかるのですが

とても繊細に細部までこだわって作られているのと

生地も贅沢にシルク素材が使われていて

約100年経過したとは思えない丈夫さと美しさが素晴らしいです。









20180519_131255.jpg







襟にまで施されたまるで切り絵のような細かいレース部分の

デザイン性もお見事で、現代では真似できない魅力があります。

Vintageネコ目ボタンもきちんとついていて状態も良好です。











20180519_133434.jpg










20180519_133356.jpg







ヌーディーなベージュカラーなので、落ち着きと上品さがありながらも

色んな色味のお洋服との相性もよく、

ワンピースなどに羽織ると雰囲気を一気に変えてくれるので

ブラウスとしても、羽織りとしても重宝してくれそうです♡


中の色味が綺麗に写るのでコーディネートを楽しめますね♪♪















20180519_130042.jpg











20180519_130933.jpg







洗練された雰囲気なのでパーティーなどにも着て行けますが

普段に着るならデニムなどで思いきってカジュアルダウンするのも

すっごく可愛いくないですか、、、??♡










20180519_133943.jpg







古き良き時代の貴重なブラウス、、

これから一生モノとして長くお付き合いして頂ける1着です。




お好きな方は是非いかがでしょうか??


おまちしております。








fumi


London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓





みなさま こんにちは




London Art Factoryです







このあいだ友達の赤ちゃんに会いにお家へ遊びに行って来たのですが

なんだか子供って無限大の可能性があって

見てるこっちが影響されちゃいますね






とても癒される空間でした







さて そんなほっこりとした気持ちでお送りしています本日は

こちらのアイテムをご紹介したいと思います。









P1240075blog.jpg





P1240080blog.jpg

ENGLAND c.1920s antique cotton dress




P1240135blog.jpg







今からおよそ100年近くも前の1920年代頃のイギリスで着られていた

アンティークのキャミソールワンピースです。

さりげなくも丈夫で雰囲気のあるアンティークコットンが

存在感たっぷりの1枚です!!






1920年代頃というと…






1920fashion004_2018051814520902e.jpg




insidefront-209x300.jpg






女性のファッションが大きく変化した時代です。


それまでの腰のくびれを強調するようなシルエットよりも

ゆったりとしたラインが好まれ

スカート丈が膝下へ短くなり ショートカットやパーマなど

代表的なスタイルで言えば《フラッパー》が有名です。






とは言え まだ今から見ればゴージャスさを感じるファッションなので

このワンピースはスリップドレスとして当時着られていたものかと思います。









P1240132blog.jpg




P1240084blog.jpg





P1240091blog.jpg








それでも今のコットンよりも遥かに丈夫なので

現在なら 普段着として着るキャミソールワンピースとして

充分にかっこ良すぎるくらいです!!

ハリがあるのでシルエットが綺麗に出るところが たまりません♡









P1240092blog.jpg





P1240102blog.jpg





P1240116blog.jpg







カジュアルやモードなどのアイテムにも

このロマンチックな雰囲気が絶妙にマッチします!!


一緒にきるアイテムによって

雰囲気が違って見えるのも魅力の1つですね





ラフに着られるのに しっかりアンティークならではの風格を感じられる1枚です。

お写真で見るよりも 実際の生地の方が

とても存在感があるので 気になられた方は店頭で実際にご覧ください♪



お待ちしております。






P1240069blog.jpg






shima




London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓