FC2ブログ




みなさま こんにちは



London Art Factoryです






本格的に冬がやって来て

そろそろ外から「雪やコンコン」が聞こえてくるようになりました♬

お家の中でコタツに入り あの音楽を聞いていると

なんだかとても幸せな気持ちになります





お互い暖かくして 体調管理に気をつけましょうね





さて では本日はこちらのアイテムのご紹介です









P1320188blog.jpg

ITALY boots





P1320173blog.jpg




P1320197blog.jpg









イタリアで作られた

シルエットがとても美しい スエード地のロングブーツです。

360度どこから見ても綺麗ですが

特に横から見たとき 足首がきゅっとマークされていて

とても足が細く見える見事なシルエットで

ここまでスタイルを綺麗に見せてくれるロングブーツって

なかなか出逢えないのではないでしょうか








P1320192blgog.jpg



P1320177blog.jpg



P1320179blog.jpg



P1320183blog.jpg






革の鞣しが素晴らしく

柔らかく履き心地の良いスエード地が足に馴染みやすいうえに

YKKのzipで きっちりと足の形にフィットさせて履くことが出来るので

無理なくタイトなラインを再現する事ができます。






そして 個人的にも好きな部分が四角いヒールのデザイン□■

およそ7.5cmと 少し高めのヒールなのですが

それを感じさせないほど 安定感があるように作られていて

見た目のかっこ良さとしっかりとした歩きやすさ

どちらも感じて頂けるかと思います








P1320163blog.jpg




P1320202blog.jpg







新品同様のミントコンディションで

ソールのすり減りも全然見受けられず

スエードも滑らかで綺麗なまま残っています♬






早く冬になって欲しいと思うくらい

毎年 履くのが楽しみになる1足かと思います

気になられた方は是非 店頭でご試着してみてください

お待ちしておりますっ







6c6f9b6edc88420d400484a22f62ee52.jpg






☆★☆★☆




只今

《今年頑張った自分へのご褒美&お世話になった方へのプレゼント限定SALE!!》ということで

店内アクセサリー・食器・雑貨類 全品20%offSALE を開催しております。

そちらの方も ぜひご覧になりに来てください♪






shima



London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓
スポンサーサイト




みなさま こんにちは


London Art Factoryです





最近ますます寒く成ってきて防寒対策に悩んでいます。shimaです

お家の中でもうすでにパジャマの上から

モコモコのフリースとモコモコの靴下を履いて フル装備で過ごしているのですが

まだストーブやエアコンなどの暖房器具はいざという時まで取っておこうと思い

使っていないのですが いったいいつ頃から使い出したら良いのでしょうか??





子供のときから京都でずーっと過ごしているのに

未だに京都の冬の寒さに慣れていません

みなさんもお出かけのときは 暖かい格好をして下さいね





さて そんな私の小さな悩みは置いておいて

本日はこちらのアイテムのご紹介です!!








P1310537blog.jpg

ITALY "VIGEVANO" boots sold,thank u!




P1310549blog.jpg







VIGEVANO ビジェバノ





イタリアの中でも靴の製造の中心地【 VIGEVANO(ヴィジェバノ)】を名にしたブランド。

靴好きが多く靴の街と称されるイタリアならではの

洗練されたクラフトマンシップが素晴らしい1足です。





"made in ITALY"であることがブランド化していると言ってもいいくらい

イタリア製のお靴は上質で履き心地が良いものばかりです。








P1310565blog.jpg



P1310543blog.jpg





エンジニアブーツ・ウエスタンブーツなどの

無骨なデザインを感じさせながらも

濃くのあるブラウンカラーに 鞣しの綺麗な1枚革で

とても上品な雰囲気を持っています。







P1310551blog.jpg



P1310554blog.jpg





この見た目からは想像出来ないくらい

触ってみると 革がとても柔らかく

足にかけるストレスが少なく 快適に履いて頂けます。




また内側に布の裏地などが付けられていないので

履いていく間に どんどん自分の足の形に馴染んで行き

一層履き心地が良くなります。







P1310546blog.jpg



P1310563blog.jpg





それでいて つま先は型崩れしてしまわないよう

安全靴のように硬くしっかりと作られていることと

かかと部分に丁寧に釘が打ち込まれていることで

何年も履いて頂ける とても丈夫な1足に仕上げられています。







P1310571blog.jpg





無骨さと女性らしい品の良さが綺麗に融合した

イタリアメイドならではの 贅沢なブーツです♬






ミントコンディションですので

気になられた方はぜひ店頭でご試着してみてください

お待ちしております







shima



London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓




みなさま こんにちは



London Art Factoryです♪♪







少しずつ寒くなって来て

とてもご飯が美味しい季節になって来ました♪

ついつい簡単で美味しく食べられるお鍋の確率が高くなってしまうのですが

暖かいものって 食べるとなんだか幸せな気持ちになります




さてそんな食欲旺盛の私の話は置いておいて

本日はこちらのアイテムのご紹介です!!






P1300779blog.jpg

ITALY boots




P1300808blog.jpg






イタリアで作られた 本革のスエードを使用した

ニーハイブーツです




シックなブラックカラーがかっこ良くも

スエード自体が持つナチュラルさがmixして

上品で落ち着いた雰囲気が

普段に おとなの女性に履いて頂きやすい1足かと思います。







P1300788bog.jpg



P1300765blog.jpg



P1300781blog.jpg



P1300767blog.jpg





靴好きが多く 靴職人が多いことで知られるイタリアは

「made in ITALY」ということが もうブランド化していると言ってもいいくらい

クラフトマンシップに乗っ取った 素晴らしいお靴がとても多いです。



こちらも足の形を考えて作られた見事なカーブが美しく

膝上ほどの長さがありますが

とてもしなやかな柔らかい革が使用されていて

足に優しく とても履き心地が良いです。






履き口の波模様のようなデザインや うしろのおリボンなど

ちょっとした細かいディテール・シルエットの美しさに

イタリアメイドの磨き抜かれたセンスの良さを垣間見ることが出来ます◎







P1300797blog.jpg




P1300792blog.jpg









個人的にもニーハイブーツって憧れがありますが

自分の足に合うもの・デザインがかっこいいものって

なかなか出逢ったことがないので とてもテンションの上がる1足です!!





新品同様に綺麗なミントコンディションですので

探していらっしゃった方や気になられた方は

ぜひ店頭でご試着してみてください♪

お待ちしております







shima



London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓




みなさま こんにちは


London Art Factoryです







さっそくですが 本日はこちらのアイテムの特集をお送りしたいと思います!!







P1300564blog.jpg






Western Boots!!






vintage好きさんの中でもとてもファンが多く

シーズンも長く 流行りに流されることのない存在感を放つ

ウエスタンブーツ達!!




普段London Art Factoryはオーナーのyukiさんが

ロンドンへ買い付けに行ってくれているのですが

こちらのウエスタン達は本場の良い物をという思いで

実際にテキサスまで行ってGETされたアイテムです◎





好きな方には根強い人気を常に誇っているウエスタンブーツですが

今年はそうじゃない方にも

新鮮にトレンドに取り入れて頂きやすいのではないかと思います





ぜひゆっくりとお気に入りを探してみてください♡










Tony Lama トニーラマ



P1300500blog.jpg





1911年 イタリア移民であるトニーラマがテキサスで

騎兵隊のブーツ修理工として会得した技術で

カスタムメイドのブーツを作り始めたことからスタートしました。

1930年代に 手作りの品質を維持しながら

量産可能な製造技術を開発したことにより

トニーラマブーツの名前は瞬く間に全米に広がり

トニーラマが死去したあとでも 伝統的な品質は守り抜かれ

世界で1番有名なウエスタンメーカーとして多くの人々に愛されました。







P1300518blog.jpg

USA "Tony Lama" dead-stock western boots



P1300517blog.jpg













P1300531blog.jpg

USA "Tony Lama" Western boots



P1300532blog.jpg
















P1300521blog.jpg

USA "Tony Lama" Western boots



P1300527blog.jpg











JUSTIN ジャスティン



P1300546blog.jpg



1879年 H.J.Justinによって設立された老舗ブランド。

"Justin"がウエスタンブーツの歴史を作ったと言っても過言ではないほど先駆者的存在。

100年以上の歴史の中で各メーカー(Tony Lama,Nocona,)が交流を持ち

お互いの良い所を吸収しあいながら成長して行きましたが

その中心にいたのが"justin"で 工場の合理化、ビジネスを行うなど

丈夫なブーツ作りの製法はもちろんながら

企業としてお客さんの声に耳を傾け いち早く大きく成長していきました。






P1300538blog.jpg

USA"Justin" リザード Western boots



P1300542blog.jpg













P1300552blog.jpg

USA "Justin" Roper boots


P1300558lbog.jpg







Nocona Boots ノコナブーツ



1925年に"Justin"の創業者 H.J.Justinの息子であるJhon.justinの

叔母にあたるEnid Justinがノコナ タウンで創立したメーカー。

数人の女性スタッフと立ち上げ "Justin"で身につけた経験と技術

1000種類のブーツ用足型を持って

様々なアイディアと共に数々のブーツが作られました。

Enid Justinが引退した1981年にはノコナブーツを"Justin"に任せ吸収されていますが

現在の社長Steve Pickensによって年間40万足も製造されています。

(上でご紹介したTony Lamaも1991年に"Justin"に吸収されています。)





P1300569blog.jpg

USA NOCONA リザード boots sold,thank u!



P1300572blog.jpg








いかがでしたでしょうか??


どれも状態はデッドストックで残っていたものをはじめ

新品同様に近いミントコンディションで並べられています◎







お客様ともよく話題に上がるのですが

ウエスタンブーツを探しても メンズサイズがほとんどで

女の子が履けるvintageのかっこいいウエスタンブーツって

探すととても少なく さらに状態のいいものは

なかなか見つけることが難しいです

(しかもレディースの方が高かったりしてなかなか手が出せなかったりします)








今日ご紹介した意外にも 店頭に並んでいるものもありますので

こんなに数ある中から 選んで頂けるのがとても嬉しいです





自分が持っているウエスタンブーツも10年近く履いていますが

何年・何十年と愛用することのできるとても丈夫なブーツなので

気になられた方・探していらっしゃった方はぜひ

店頭にてご試着してみてください♪

お待ちしております。









shima






London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓




みなさま こんにちは




London Art Factoryです






さっそくですが本日は

こちらのとてもレアな1足をご紹介したいと思います♪♪








P1290676blog.jpg



P1290652blog.jpg




P1290654blog.jpg

ENGLAND c.1970s "Frank Thomas" boots








イギリスのモーターサイクルブランドの中でも

大御所的存在なのがこの"Frank Thomas"(フランク トーマス)!!

元々はモーターサイクルやカフェレーサーご愛用のブランドとして人気を誇りましたが

その後 独特のデザインやシルエットの美しさから

パンクロッカー達の御用達アイテムとしても支持されるようになりました。








こちらはそんなパンク全盛期の貴重な1970年代のオリジナル品です。








P1290660blog.jpg



P1290661blog.jpg



P1290668blog.jpg




P1290663blog.jpg






計ってみたところおよそ29~30cm程あったので

サイズは大きめのメンズサイズです。

横から見た時の見事な曲線がとても美しく

入り口の筒が広めなので

男性の足でもGパンや革パンなどをINして履いて頂くことが可能です◎



後ろにYKKの大きめの無骨なzipが付いているので

足の形に沿って綺麗にフィットさせることが出来ます。









P1290674blog.jpg




P1290675blog.jpg





ソールはとても丈夫なレザーソールの上に

しっかりとした減りを防ぐ木のような素材が貼られていて

このおかげでバイクに乗ったりなど

少々荒々しく履いても耐えられるような耐久性が守られています。




かかと部分には鉄が打ち付けてあり

歩くとカチッカチッとなる音も また渋いんです…◎!!








P1290683blog.jpg





脹脛と足首部分のベルトは残っていませんが

それ意外はほとんど痛みやダメージの無い

とてもミントコンディションです!

(むしろ個人的にはこのくらいプレーンなシルエットの方が好きだったりもします…




1970年代の"Frank Thomas"のバイカーブーツを探されているコレクターさんは

世界的にもたくさんいらっしゃると思いますので

ぜひ気になられた方は 店頭で実物をチェックしたり

お問い合わせなど気軽にしてみてください♪




お待ちしておりますっ








shima












London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓