FC2ブログ




みなさま こんにちは



London Art Factoryです







本日はスペシャルなこちらのアイテムを

さっそくご紹介させて頂きたいと思います♪♪









P1320255blog.jpg

ENGLAND c.1950s mink fur jacket sold,thank u!





P1320275blog.jpg







イギリス1950年代頃の

本物のミンクファーを使用した貴重なジャケットです。






現代では ここまで凝っているお洋服はなかなか無いんじゃないかと思うほど

とても繊細に作られていて

もはや お洋服と言うより芸術品としてウットリしてしまうような

とてもコレクタブルな1着です。







P1190143blog.jpg






ファーの中でも最高級品として取り扱われているミンクファー。


光沢のある毛並みはとても高級感があり

綿毛の密度が高いことから 保温性にとても優れていて

耐久度も強いので 長く愛用できると言われています。






P1320278blog.jpg




P1320280blog.jpg






そしてこの全体にリボンを縫い合わせた立体的なお花の模様!!



ここまでの生地を作り上げる手間隙を考えたら

とてつもない技術と制作時間が用いられていることが素人目にも分かり

シンプルに「凄い」という言葉しか出て来ないです









P1320269blog.jpg



P1320288blog.jpg




P1320294blog.jpg




さらにこのミンクファーは

スナップボタンによって 取り外し可能なので

エレガントにミンクファーを付けたスタイルももちろん素敵ですが

シーンに合わせて シンプルにスッキリ着ることも出来ます。







P1320301blog.jpg




P1320296blog.jpg






ふわふわのファーが綺麗な状態なだけでなく

裏地にも一切ダメージのない超・ミントコンディション!!で

このクオリティはイギリスでもなかなか見つかりません◎




自分の一生だけでなく

次の世代にまで引き継ぎたいと思うほど

vintageとしてだけでなく お洋服として素晴らしいと思える

オートクチュールが主流であった時代だからこそのアイテムです







vintage好きさん・お洋服好きさんには

1度はお目にかかって頂きたいくらいの1着ですので

ぜひ店頭で実物を堪能しに来てください♡





お待ちしております♪







☆★☆★☆




只今

《今年頑張った自分へのご褒美&お世話になった方へのプレゼント限定SALE!!》ということで

店内アクセサリー・食器・雑貨類 全品20%offSALE を開催しております。

そちらの方も ぜひ♪




shima




London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓
スポンサーサイト





みなさま こんにちは



London Art Factoryです







まだ11月ですが

街並が少しずつクリスマスに向けて華やかになってきましたね

ちょっと早くない?という気もしなくはないですが

これからクリスマス・お正月・バレンタイン・ホワイトデー…と

しばらくお祭りムードで賑やかになりそうですね







さて では本日はこちらのアイテムのご紹介です♪







P1310584blog.jpg

GERMANY c.1970s "Wrangler" denim jacket



P1310580blog.jpg



P1310574bog.jpg






ブルーベル社から1929年に誕生した

アメリカを代表するブランド"wrangler"。





Levi`s・Leeと並び3大デニムメーカーとして親しまれており

その中でも"wrangler"は ワークウェアとして履かれていたジーパンに

ファッションデザイナーを起用した初めてのブランドであり

他のデニムウェアブランドと比較すると個性的なデザインが多く見られます。






vintageデニムを探すとき

やはり本場のUSA製にこだわりを持たれている方も多いかと思いますが

こちらはさらに珍しいGERMANY(ドイツ)製のデニムジャケットです







P1310577blog.jpg





タグにBAUM(木)WOLLE(綿)という表記があり

これは木綿=コットンということを表す

ドイツで使われている 表記の仕方です。





ヨーロッパ製の"Wrangler"は生産数が少ないことから珍しく

日本人の女の子でもコンパクトに着られる細身なシルエットが素敵です◎








P1310593blog.jpg



P1310595blog.jpg



P1310586blog.jpg




P1310590blog.jpg






1970年代にタイトなラインが好まれていたこともあるかと思いますが

ここまで身体に美しくフィットするサイズ感 探してもなかなか出逢えません!!




デニムの風合は全体的に80年代以降から変わってしまっていて

生地の厚み・ダメージが出来たときの綻び方・色の落ち方など

1970年代以前のものの風合の良さから

ファッション好き程 vintageデニムを好んで履く傾向があるように思います。




また80年代以降のダボッとした

少し丸みのあるシルエットのデニムジャケットは

今でもわりと探すことが出来ますが

1970年代以前となると ぐっと希少価値も高くなり

自分に合ったサイズ感・状態の良さを考えると

見つけるのは至難の業になってくるかと思います







P1310611blog.jpg




P1310604blg.jpg





サイズ感がコンパクトなので 上からアウターを重ねることもでき

秋・冬・春と必ず3シーズンは活躍してくれます






丈夫で何年・何十年と愛用できるうえに

デニムアイテムは流行に捕われることのない定番アイテムなので

長く着られる良い物を選んで頂きたいです







気になられた方はぜひっ






shima


London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓




みなさま こんにちは



London Art Factoryです






本日は日本未入荷!!という

とてもレアなこちらのブランドの1点をご紹介したいと思います♪








P1310427blog.jpg




P1310434blog.jpg




P1310440blog.jpg




P1310479blog.jpg

ENGLAND "Barbour" dead-stock poncho









Barbour バブアー





1894年ジョン・バブアーにより

イングランド北東部のサウスシールズで創業した

イギリスの老舗ブランド。





北海の不順な天候の元で働く水夫や漁師、港湾労働者のために、

オイルドクロスを提供したことから始まり

その革新的なオイルドクロス製の防水ジャケットは耐久性が高く、

瞬く間にバブアーの名声を広めていきました。



数々の著名人たちにその真摯なものづくりとその品質が認められ、

1974年にエディンバラ公より、1982年に女王陛下より、1987年にはウェールズ皇太子殿下より、

イギリス王室御用達(ロイヤル・ワラント)の栄誉を賜り、

現在のロイヤル・ワラント最高峰を3つすべて保持している希少なブランドとして

世界から注目を集める英国を代表するブランドの一つです。







Barbour-Brand-Logo-New-1000blog.png
xRoyal-Warrants-19ptnlblog.jpg






日本でも"Barbour"のオイルジャケットはとても人気で

街中をお洒落ボーイ&ガールが羽織っているのを

ちょくちょく見かけます。








P1310425blog.jpg



P1310465blog.jpg



P1310470blog.jpg



P1310453blog.jpg







ですが こちらはそんな"Barbour"のアイテムの中でも

なんと日本未入荷のデザインです

しかもタグまで綺麗に残っている貴重なデッドストック品!!(新中古品)






防水加工が施されたハリのある生地に

ザックリと被ることのできるポンチョタイプ

それでいて日本の女の子が着てもコンパクトに収まるサイズ感

こんなアイテムが見つけられるのもイギリス買い付けならではです!!





1つ1つの細かいディテールが素晴らしく

私が説明するよりも まずは見て頂いた方がお分かり頂けるかと思いますので

お写真多めで ぜひたっぷりご覧ください♡







P1310465blog.jpg



P1310446blog.jpg



P1310481blog.jpg


P1310483blog.jpg



P1310461blog.jpg


P1310458blog.jpg



P1310437blog.jpg






至るところにさりげなく刻まれた"Barbour"の文字

フードからちらりと見える内側のブリティッシュチェック

スナップボタンの重厚感…など

細かい部分にも心をくすぐられるようなデザイン性が沢山あって

妥協を許さない お洋服作りへのこだわりを見ることが出来ます





スナップボタンを留めることで

お袖の出口を作ることも出来るので

楽に着られるうえに 動きやすく快適に着て頂けるかと思います。








P1310487blog.jpg






何よりも 着ている姿がとても可愛いです!!♡笑




イギリスでもなかなか見つけられるアイテムではありませんが

日本ではさらに見つけられないとても貴重な1点です

気になられた方はぜひお見逃しのありませんように










shima



London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓




みなさま こんにちは



London Art Factoryです




3連休 満喫されてますでしょうか??

こういう連休のときは地方からのお客様もよく来て下さるので

いろんな方とお会い出来て

私も お店に居てとても楽しいです♪♪





おやすみの方は良い休日を、

お仕事の方はお互い頑張りましょうね




さて では本日はこちらのアイテムのご紹介です!!








P1310400blog.jpg

ENGLAND c.1960s "BeLLVILLe SaSSOOn" jacket sold,thank u!





P1310393blog.jpg









BeLLVILLe SaSSOn ベルヴィル・サスーン






1953年に創業した英国のオートクチュールブランドで

特別で華やかなシーンに合わせて

舞踏会・サロン・ウエディングなどで着られるドレスを中心に展開していて

あのダイアナ妃やアン女王なども顧客だったそうです!!





映画に出て来そうな輝かしいシーンを彩って来たドレスをたくさん手がけており

2013年にはロンドンのファッション&テキスタイル博物館で

50年の歩みを辿る展覧会

「The Glamour of Bellville Sassoon」が行われました。





そのときのお写真がこちら♡





45533blog.jpg


45528blog.jpg


45539blog.jpg


45541blog.jpg





どれもウットリしてしまうほど綺麗で

実物は更にとんでもなく素敵なんでしょうね〜!!







さて こんな展覧会が実際に行われているほど

ミュージアム級なvintage品です






P1310414blog.jpg



P1310413blog.jpg




P1310418blgo.jpg





華やかなドレスの上に重ねても

着負けしないほどオーラを持った1着で 光沢のある毛並みが美しいです。





シックなブラック…と思えば

中の裏地は品のあるボルドーカラーで

vintageでしか味わえないこなれた生地の質感など

今のものにはない深みを感じて頂けるかと思います。






P1310410blog.jpg



P1310407blog.jpg



DSC_0051pouyt6egiujk.jpg






フロントはボタンではなくフックで留める作りになっていて

オートクチュール(オーダーメイドの1点ものを扱う高級衣服店)で手がけられたものだけあって

金具1つを見ても重厚感があり 細やかなこだわりを見ることができます。










P1310422blog.jpg







英国の中でも 高級住宅街の一角に店舗を構えている

イギリス人も憧れるブランドで

ダメージなどが一切ないこんなミントコンディションのものはなかなか出逢えません!!


さらっとデニムのうえに羽織るだけでも

とても様になりvintageとしての格の高さを感じられる1着ですので

気になられた方はぜひ 店頭で実物をご覧になってみてくださいっ

お待ちしております♪






shima



London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓





みなさま こんにちは



London Art Factoryです






そういえば ふと思ったのですが

今年の年末は平成最後の年越しになるんですね♪

全然平成が終わっていく実感がないですが

つぎはどんな年号に変わるのかな?なんて考えると少し不思議な気分です






年をまたぐ瞬間

なんだか特別なことが起こるかもしれませんね〜!!





と 少し気の早い話題からスタートしてしまいましたが

本日はイギリスvintageファンのみなさま必見の こちらのアイテムのご紹介です♪










P1310269blog.jpg



P1310289blog.jpg




P1310270blog.jpg

ENGLAND c.1970s "Belstaff" road masterⅡ jacket sold,thank u!





P1310264blog.jpg






Belstaff ベルスタッフ






1924年にエリ・ベロヴィッチ氏が

ウエストミッドランズ州スタッフォードシャーにて設立した

イギリスを代表する老舗大御所ライダースブランド!!!




防風、防水の機能素材が存在していなかった時代に、

「防水」「防風」「透湿性」に優れた「ワックスコットン」を用いて製造された

ベルスタッフ定番のワックスコットンジャケットは

「The jacket that started it all.(すべての発端となったジャケット)」と称され、


イギリスのトライアルレーサーであり、トライアルの神様と言われた「サミー・ミラー」や

ハリウッド映画でも衣装として使用されていたりなど

約1世紀の間、世界史に名を残す人々からも絶大な支持を誇り

バイク乗りはもちろん、イギリスvintageファンからも一目置かれています。







また 「MADE IN ENGLAND」 と記載された

60年代〜70年代当時のモデルで(現行品はイギリスで製産されていません)

TRIALMASTER と ROAD MASTER の

日本人サイズ&状態の良いもの を探される方が多いかと思いますが

特に人気があることと希少になっていることで

ロンドンに住んでいても

何年も探してようやく巡りあえるかどうか、、というほど出逢えない希少なアイテムなんだそうです。








P1310285oblog.jpg




P1310293blog.jpg




P1310290blog.jpg




P1310282blog.jpg




P1310297blog.jpg






ぱっと見ただけで満点のオーラをまとった1着です!!





過酷な環境にも耐えられる強さを兼ね備えながらも

イギリスらしいスタイリッシュなシルエットの美しさから

バイク乗りの男性だけでなく 冒険家の女性などにも着られていたそうです◎

それも納得の 私が着てもだぼっとしてしまわない綺麗な細身のシルエットです。






そして内側のブリティッシュチェック柄が イギリストラッドを強く感じさせ

羽織っているときなどにチラリと見える感じがまた一層渋くて素敵です!!◎

とても馴染みが良く厚手のしっかりした生地なので

着心地も良く 暖かさも感じて頂けるかと思います。









P1310303blog.jpg







バイクに乗っている状態でもしっかり寒さを防げるよう

首元までしっかり締められるベルトや

zipとスナップボタンのダブル構造など

きっちり作り込まれたディテールの細やかさを見ていると

長きに渡り 様々な人達に愛されてきたことも頷けます♡






もう2度と出逢うことが出来ないと言ってもいいくらいの

スペシャルvintageですので

探されていた方・気になられた方は

ぜひ店頭で実物をご覧になりに来てください♪

お待ちしております!!







shima



London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓