みなさまこんにちは London Art factoryですっ!!









ぐずぐずなお天気が続きますね、、、

でも雨が降ってもじめじめしなくなったのは嬉しいです^^!!

それに重ね着ができるので着たい服を着やすいのもこの時期のいいところ




お店にもお洋服だけじゃなくアクセサリーや小物も続々新入荷中なので楽しいです~~




今日はそのなかからこんな日に着たいこちらのご紹介ですっっ











P1160902.jpg







P1160890.jpg









P1160885.jpg

ENGLAND Barbour jacket







イギリス買い付けのLonfacらしい男前な1着が入荷しました♡!!!!!


皆様 Borbour バブアー はご存知でしょうか??


個人的にはバブアーの歴史も好きなので少しご紹介させて下さいっ







Barbour-Brand-Logo-New-1000.png

xRoyal-Warrants-19pt.jpg




1894年ジョン・バブアーによりイングランド北東部のサウスシールズで創業。

北海の不順な天候の元で働く水夫や漁師、港湾労働者のために、

オイルドクロスを提供したことから始まり

その革新的なオイルドクロス製の防水ジャケットは耐久性が高く、

瞬く間にバブアーの名声を広めていきました。


数々の著名人たちにその真摯なものづくりとその品質が認められ、

1974年にエディンバラ公より、1982年に女王陛下より、1987年にはウェールズ皇太子殿下より、

イギリス王室御用達(ロイヤル・ワラント)の栄誉を賜り、

現在のロイヤル・ワラント最高峰を3つすべて保持している希少なブランドとして

世界的から注目を集める英国を代表するブランドの一つです。


<Barbour 公式HPより参照>






アランニット、ガンジーセーター、ダッフルコートもそうですが

百年以上前の漁師さん達の着ていたお洋服には品質の良さ、機能面はもちろん

さびれない渋さと格好よさがあるので流行廃り関係なく

何年でも愛用したくなるものが多いと思います!!!










P1160897.jpg











P1160896.jpg













P1160899.jpg







バブアーの最大の特徴であるこの独特な生地感は

コットン生地にオイルを塗り込んで表面にオイルの層を作ることで、

雨の滲入を防いだり(防水)、風を通さない(防寒)機能があるので

中にニットを着ると日本に冬でも充分にあたたかく過ごしていただけます。



厚みのある生地感なので着れば着る程いい雰囲気になってくれるのも

長く愛用したくなるポイントですよね^^



表は渋い出で立ちなのに脱ぐと表れる

内側のブリティッシュチェックの裏地が可愛いです♡








P1160891.jpg







頑丈なジップはダブルジップになっているので

中に着込んだ際も動きやすく温度調節しやすいよう考えられています




ラグランスリーブなので着る人の体型に合わせて着れる所もいいです^^!!





機能面 見た目の良さ どちらも兼ね備えたイギリスらしい1着。

メンズライクなアイテムなので女性の方が着こなしているとすごく素敵だと思います。



これから長く活躍してくれるバブアーオイルドジャケット

是非いかがでしょうか???






fumi


London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓
スポンサーサイト





みなさま こんにちは



London Art Factoryです






明日は体育の日ということで3連休ですね!!


今日の出勤前に 甥っ子たちの運動会を見に行ってきたのですが

ちっちゃい子が一生懸命走っていて とても癒されました

わたし自身は運動系は全然ダメですが

子供たちが頑張っている姿は とても微笑ましくて感動しますね




みなさんも素敵な3連休をお過ごしください♪



さて では本日はこちらのアイテムのご紹介ですっ








P1160702blog.jpg

USA c.1970s "Lee" denim jacket









P1160709blog.jpg





アメリカを代表する3大デニムメーカー"Lee"の

1970年代に作られたデニムジャケットが入荷いたしました♡



1889年創業の"Lee"は あの"Levi`s"よりも前に

デニムを生み出した 超・老舗ブランドです。

カリスマジーニストと呼ばれた"ジェームズ・ディーン"が愛用していたことでも有名であり

長年に渡って 全世界で愛され続けてきました。







P1160700blog.jpg





こちらはそんな"Lee"の「Ms.Lee」というレディースラインのものです。

通常の"Lee"のタグよりもガーリーで可愛らしく

しっかりとタグに「made in USA」の文字が書かれているのが嬉しいです







P1160706blog.jpg



P1160718blog.jpg



P1160715blog.jpg





すっきりとした縦長のタイトなラインで

それまで労働者向けに作られてきた ワークとしてのデニムジャケットではなく

ファッションとして女性のために作られた1着ならではのシルエットです。




ジャストで着れるvintageデニムって

カジュアルの中に どこか洗練された雰囲気があって

綺麗めに着れるのが とても魅力的です




P1160744blog.jpg





デニムの風合いは1980年代頃で変わってしまっていると言われていて

1970年代以前のものは今のものよりしっかりとした生地の厚みがあるうえに

色の落ち方・糸の綻び方などが 絶妙にかっこ良く

vintageファンなら やっぱりこの風合いを追い求めずにはいられません







P1160721blog.jpg




P1160728blog.jpg





流行にとらわれない かっこ良さがある1着です。

何年・何十年と愛用して頂けるかと思います


気になられた方はぜひっ







shima



London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓




みなさまこんにちは London Art Factoryですっ!!







さっそくですが今日のご紹介はこちらです^^










P1160604.jpg

ENGLAND vintage Harris Mayer tweed jacket







P1160616.jpg








P1160614.jpg








イギリスの伝統文化である乗馬 現在のイギリスのテーラード技術にも

古くからの乗馬服の影響が大きいと言われています。




そんな歴史ある1着、メリハリがありながらも動きやすいよう計算され仕立てられた

イギリス製 Vintage ホースライディングジャケットのご紹介です。











P1160608.jpg











P1160606.jpg







使われているのはイギリスらしい100%羊毛の最高品質のツイード素材。




TWEED ツイード


 
SCOTLAND産の羊毛をつかい手作業にて織る前に糸をさまざまな色に染め

細かい色彩の模様を入れ羊毛の太い糸を手織りで

平織りまたは綾織りにし圧縮した厚手の織物。







渋さのある色味と遠目からみると細かいチェック柄の様な

柄の繊細さとセンスのいいバランス。 


圧縮されたウールを使い、裏地もきちんとついている為

しっかりとあたたかく、着れば着る程体に馴染み

どんどんいい雰囲気になっていくのがVintage ツイードの特徴なので

10年、20年と長くワードローブとしてもてる特別なジャケットです。













P1160611.jpg







P1160609.jpg















P1160613.jpg






どこからみても惚れ惚れとする格好よさ。

両サイドのポケットも飾りではなく使って頂けます^^


この凛とした後ろ姿。。こんなジャケットを着こなしている

女性の方がいたら格好良過ぎてついつい後をついていってしまいそう、、笑










P1160620.jpg








滅多に出逢う事の出来ない1着です!!

お好きな方は是非ぜひいかがでしょうか??








fumi





London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓




みなさま こんにちは



London Art Factoryです







イギリスvintageファンのみなさまお待たせいたしました!!♡


さっそくですが本日は、、、







image1blog.png





イギリス特有のvintageアイテム・スクールJKTをご紹介致します!!




年数が古いスクールJKTは、

イギリスへ買い付けに行っても見つけられるかどうか…というほど

年々探すのがとても難しくなって来ているアイテムです。




そんな希少なスクールJKTを今年もたくさん店頭に出すことが出来ましたので

本日はお写真多めでゆっくりご紹介して行きたいと思います♪

色やサイズだけでなく 胸元の紋章(刺繍・ワッペン)は

学校によって違い個性があるので そちらも一緒にお楽しみくださいっ









P1160524blog.jpg

ENGLAND c.1920〜40s school jacket



P1160526blog.jpg


P1160531blog.jpg


P1160527blog.jpg



こちらは店頭に出せたスクールJKTの中でも

最も古い1920年〜1940年代頃のものだと思われる1着です。

胸元の刺繍・生地の風合いや 仕立て・色の使い方などから

1940年代よりも古いものであることは間違いないです。

イギリスでもここまで古いものになると数十万の価値が付けられるほど

コレクタブルな1点で まず見つける事自体とても難しいです。。

vintageというよりantiqueの域に入りそうですが、とても状態のいいミントコンディションです。










P1160479blog.jpg

ENGLAND c.1950s "EVRON" school jacket



P1160480blog.jpg


P1160482blog.jpg










P1160488blog.jpg

ENGLAND c,1950s "Dickins&Jones" school jacket




P1160493blog.jpg


P1160496blog.jpg






こちらはどちらも1950年代に作られたスクールJKTです。


毛織物を織り上げた後、縮絨(織物の組織を密にする工程)して

表面を毛羽で完全におおい、織組織がわからないようにして仕上げられる

メルトンウールという上質な生地が使用されていて

とても柔らかいうえに丈夫で保温性も素晴らしく

vintageという事だけでなく 今着るお洋服としても上質な1着です。












P1160509blog.jpg

ENGLAND c.1950s "coop" school jacket



P1160514blog.jpg


P1160517blog.jpg








P1160504blog.jpg

ENGLAND c.1950s "kinch&Lack" school jacket



P1160503blog.jpg


P1160497blog.jpg





こちらも同じく1950年代頃に作られた

上質なメルトンウールが使用された2着です。

レアな"リボン付き"タイプで

ジャケット全体を縁取るように 縫い込まれたリボンはとても存在感があります。

スクールJKTファンの方でも このタイプを探されている方は多いと思います。

女の子がジャストで着れるサイズ感も なかなか見つかりません!!










P1160473blog.jpg

ENGLAND c.1960s "Rackhams" school jacket



P1160474blog.jpg


P1160476blog.jpg



こちらは1960年代頃に作られたスクールJKTです。

このくらいの年代になるとポリエステルが使用されています。

(合成繊維を使用するのは1960年代の流行でもあります)

伝統的なイギリステーラードで

綺麗にラインが出る 美しいシルエットは着た時に

心地良く体にフィットする感覚が素晴らしいです○

シーズンも長く愛用して頂けるかと思います。



















P1160484blog.jpg




vintageのスクールJKTは一般的なテーラードジャケットと違い

柔らかくかっちりし過ぎていないものが多いので

普段 ジャケットが苦手…という方にも

羽織りものの感覚で 着て頂きやすいかと思います。







P1160535blog.jpg







大人の"遊び心"と"高級感" どちらも演出できるアイテムです!!

お家のコレクションにいかがでしょうか??

これからもっと見つけられなくなり 価値が付れられるアイテムだと思いますので

気になられた方はぜひ 店頭にてご試着されてみてください



お待ちしております。





shima





London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓





みなさま こんにちは



London Art Factoryです






最近夜になると 家の中が寒過ぎて

もうコタツを出そうか悩んでいます。笑


さすがに今出していたら 

本番の冬の時に 寒さに耐えられないかなぁと考えているのですが

どっちにしろ 今年は暖房器具のスタートダッシュが早そうです。笑




そんな今日この頃 

只今店内にはスペシャルな秋・冬のvintageが盛りだくさんで

なかなかお目にかかれないアイテム達に テンションが上がりっぱなしです





そんな中から本日はこちらをどうぞっ







P1160437blog.jpg





P1160434blog.jpg

FRANCE c.1930s "黒シャンブレー" atelier coat






およそ1930年代頃フランスの美術学校などで使われていた

貴重なアトリエコートが入荷いたしました!!



なかなかフランス・イギリスでも見つけることが難しいアイテムですが

汚れ・ダメージが全くない ミントコンディションでお店に出すことができました♡


もし見つけることが出来ても

やっぱりペンキの跡やダメージ・汚れがあるものがほとんどなので

こんなに綺麗な状態のものは 本当に貴重です。






P1160447blog.jpg






通称「黒シャン(黒シャンブレー)」と呼ばれるこちらの生地は

横糸に白糸 縦糸に黒糸を使って織られた生地で

ワーク好きなら1度は手にしたいアイテムとして

vintageファンの間でも根強い人気があります。




大量生産の時代になるにつれ ツイル系の生地が多くなり

そこからより丈夫でコストのかからないポリコットンのワークシャツが出回ったことで

黒シャンはなくなっていったと言われています。


現代では作られていない生地であることも人気の理由です。







P1160440blog.jpg



P1160451blog.jpg
(back)






vintageアイテム全体の魅力とも言えますが

やはり現在のものよりも生地に高級感があり しっかりしていることで

存在感が抜群です◎

こんなかっこいいvintageアイテムをさらりとmixして着こなせる女性になりたいものです♪







P1160457blog.jpg




P1160468blog.jpg






コンパクトにジャストで着て頂けるサイズ感も

とてもレアです♡




一生のワードローブとしていかがでしょうか??

気になられた方はぜひっ







shima




London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓