FC2ブログ





みなさま こんにちは



London Art Factoryです






2月に入ってから なんだか少し暖かいですね

噂では15度くらいになる日も京都ではあるらしくて

過ごしやすい気候に お出かけしたい欲が駆り立てられます





河原町四条近辺にお越しの方は

新しい商品も入荷中ですので

ぜひ お店に立ち寄ってみてくださいね







さて では本日は最近入荷したばかりの

こちらのアイテムのご紹介です!!












P1340390blog.jpg

ITALY c.1950〜1960s knit sold,thank u!





P1340401blog.jpg






P1340378blog.jpg






およそ1950〜1960年代頃に イタリアで作られた

とってもシルエットが綺麗なニットです

(タグに書かれている『LANA』というのはイタリア語で羊毛という意味です。)




とにかく スタイルを美しく見せてくれる1枚で

一見シンプルに見えますが

こんなニット 探してもなかなか見つからないなと思ったので

早速みなさまにもご紹介していきたいと思います!!










P1340396blog.jpg






P1340391blog.jpg






全体がとても伸縮性のあるニット地で

体にジャストでフィットしますが

ニットが持つ特有の柔らかい雰囲気でセクシーになり過ぎることなく

心地良く着られる機能面と見た目の素晴らしさを両立させた

さすがイタリアメイドの洗練されたお洋服です。








さらに ウエスト部分にリブを加えることで

一層ラインのシェイプに磨きがかかり

女性らしく上品なシルエットを体感することが出来ています。



ここまでスタイル良く着られるニットって

探しても意外と見つからなくないですか??







P1340397blog.jpg







それでいて ラナウールが使用された生地は

ごわごわせず滑らかな触り心地かつ 程よく薄手なので

今から着られて 春先にも活躍してくれるトップスとしてもおすすめ出来ます◎










P1340406blog.jpg








この細身のラインは

長々と説明するよりも実際に着て頂いた方が

とてもカッコ良く ご納得頂けるかと思います





気になられた方は 店頭にてぜひご試着してみてください♬

お待ちしております。













☆★SALEについてのお知らせ★☆







image1wintersale1040.jpg





image1blogsalewinter.jpg







ことしの冬もあと少しですね^^

只今開催しているwinter sale とてもご好評頂きありがとうございます!!



普段London Art Factoryではオーナーのyukiさんが

イギリス ロンドンまで実際に訪れ

自分の目で見て触ってセレクトしたものを買い付けてきております。



イギリスはUSAなどに比べて 国自体が大きくないので物の数が少ないうえに

古き良きを大切にしている文化もあるので vintage品がとても貴重なものとして取り扱われ

さらに今作ることが出来ないものとして 年々その価値が高く付けられています。




なので 実はSALEをすることがなかなか難しかったりするのですが

個性的にファッションを心から楽しみたい大人の女性の

少しでも役に立ち スパイスになればいいなと

今年は大型にSALEを行っています



日本ではもちろん イギリスでもなかなかお目にかかれないような

珍しいantique・vintage品から

クスリと笑ってしまうような個性的なアイテムなど

様々なものが店頭に並んでいますので

vintageがお好きな方はもちろん 今までvintageにあまり触れたことが無いという方にも

ぜひあと少しのこのチャンスに

自分を表現する武器・毎日を楽しくするアイテムを見つけに来て頂きたいです





みなさまのお越しをお待ちしております








shima



London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓
スポンサーサイト





みなさま こんにちは




London Art Factoryです





昨日は京都で 久しぶりに雪が降りましたね

私が住んでいる地域では 今日の朝もうっすら雪が積もっていて

近所の子供たちが雪遊びをしている姿が とても微笑ましかったです





私は寒過ぎて 雪を触る勇気さえありませんでしたが…





さて そんなわけで京都の冬はまだまだ寒いので

みなさんが暖かく過ごせますよう 本日はこちらのアイテムをご紹介したいと思います!!











P1340050blog.jpg





P1340028blog.jpg

ENGLAND cashmere 100% knit








P1340023blog.jpg







お待たせ致しました

イギリスより買い付けて来た 極上のピュアカシミア100%で編まれたとても暖かいニットです。




うちに来て下さるお客様の中でも とくにリピーターさんが多く

今年は早めにカシミアニット達がお嫁に行くことが多かったのですが

とても綺麗なサーモンピンクが目を惹く極上の1枚が 最近入荷致しました







P1340030blog.jpg






"冬の1番暖かいニット"と言い切ってもいいくらい

保温効果に優れた カシミア山羊さんの毛は

1度着ると もう脱ぎたくない…と思うほど

心地良く 優しく包み込まれるような

滑らかで柔らかい手触りが魅力です。







首元がしっかり丸首で詰まっているので しっかり防寒が出来ることと

着たときにすっきりと収まるシルエット

上手く言葉に出来ませんが シンプルなニット1枚と言っても

さすがはイギリスメイドと思わされる 洗練された美しさがあります◎









P1340034blog.jpg






それでいて 良いカシミアほど処理の仕方が綺麗なのか

毛玉が出来にくく 何年も愛用して頂けます

カシミアも手頃に手に入れられるようになって来ていますが

やっぱり生産国や仕立てによって すぐに毛玉が出来てしまい

結局毎年 買い替えないといけない…ということも多く悲しいので

せっかくなら本物の長く着られるものをおすすめしたいと思います。






暖かさ自体も全然違いますしね








P1340040blog.jpg




P1340043blog.jpg








このサーモンピンクカラーも

とても品が良く おとなの女性に着て頂きたいお色です

1月・2月の1番寒いときにはもちろん 防寒として着て頂けますし

色味が華やかなので 3月の春先にまで活躍してくれるかと思います。






気になられた方は ぜひお早めに









shima



London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓





みなさま こんにちは




London Art Factoryです





本日はいきなりですが

冬の防寒のために着たいニットと言えば《カシミア》

さらに世界でもニット製法でトップクラスに君臨している《スコットランド製》の

素晴らしい上質さについて

少しお話したいと思います♬










P1330603.jpg







cashmere-goat.jpg








寒暖さの激しい環境で育ったカシミアやぎの毛は

通常のウールよりもとても繊維が細く密度が高いため

暖かい空気を溜め込むことができ とても保温効果に優れています。

そして「繊維の宝石」と言われているほど

独特の光沢を持った見た目の上品さと

素肌の上から着られるほど 滑らかで心地の良い手触りをしています。





冬の暖かくて気持ちいい素材と言えば?と聞けば

1番に「カシミア」と答える方も多い

この季節には必ず重宝される素材ですね。








P1330605blog.jpg





P1330610blog.jpg







しかし一言で《カシミア》と言っても

生産国などによって そのクオリティは様々で

近年では安くカシミアニットを手に入れやすくはなっていますが

やはり処理などの仕方によって すぐに毛玉が出来てしまったりして

1シーズンで駄目になってしまった…などという事がほとんどかと思います。






そんな中世界で1番と言っても良いほど

上質なのがやはりスコットランド製の《カシミア》ニットです



あのココ・シャネルのトレードマークの1つでもある

ツイードやカシミアニットでも スコットランド製のウールを使用することに

強くこだわりを持っていたと言われているほど

一流ブランドからも認められており

丈夫で毛玉も出来にくく 何年にも渡り愛用することが出来ます。








P1330623blog.jpg




P1330613blog.jpg






ふわふわの触り心地・生地量の違いなどは

1度袖を通して頂くと品質の良さを体感し 納得して頂けるかと思います♬







【Pringle】

200年もの歴史を誇る イギリス王室も御用達ブランドとして認定している

超・老舗ニットメーカー。

その品質の高さからハリウッドスターなどにも顧客を持ち

ニットの最高峰としてpringleのニットは1枚10万円ほどの価値が付けられています。






【Barrie】

1903年に"カシミアの里"と呼ばれている スコットランド・ホーイック地方で設立された

スコットランドの老舗ブランド。

四半世紀以上にわたり〈CHANEL〉を象徴するアイテムのひとつである

バイカラーのカーディガンをはじめとした、カシミヤのニットウェアの製造を手がけ

世界的に「高品質」であることが知れ渡っています。












この高級ニットメーカーのニットを手がけたのも やっぱりスコットランド♬








P1330608bog.jpg







本物を求める良い物がお好きな方にも

きっと大満足頂ける極上ニットです♬






長く大切に…愛着を持って着てください

気になられた方はぜひっ









shima




London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓






みなさま こんにちは



London Art Factoryです♪







今日は入荷したてほやほやな

暖かい極上のこちらのニットをご紹介したいと思います!!











P1330500blog.jpg




P1330484blog.jpg




P1330481bog.jpg

ENGLAND c.1960s wool100% hand-knited










手編みニットの代名詞とも言えるアランニット。

毎年 流行に捕われることなく

冬のとっておきのアイテムとして人気が高く

うちに来て下さるお客様の中でも ファンだという方が多いです










そもそもイギリスやフランスなどで漁師さん達の防寒着として着られていた

フィッシャーマンセーター。



その中でも6世紀頃から

アイルランド島の西にあるアラン諸島で編み続けられて来たのがこのアランニットで

漁に出る夫や息子の無事と豊漁を願う女性たちの祈りの意味が

独特の編み模様に込められて来たそうです。




模様の組み合わせや家々の編み手によって

家紋のような役割もあるそうで

今でも母から娘へと伝承されつづけている伝統的な編み物です。










P1330492blog.jpg






こちらはその中でも

およそ1960年代頃に ウール100%のみで編まれた極上の1枚。





見た目のファッション性の高さから

模造された ポリエステルmixな物も多く出回っていますが

こちらは上質なウールのみを丁寧に編み込んで作られたものなので

1番上に着るアウターとしてもおすすめ出来るほど暖かいうえに

毛玉も出来にくく 上質な仕立てが素晴らしいです◎



(ポリmixのものは 毛玉が出来やすく

すぐモケモケになってしまう事が多いです)








P1330488blog.jpg






そしてこの見事な編み模様!!




アランニットは海にまつわるものをモチーフにしたりなど

様々な模様で構成されていて


網(ダイヤモンド)…漁に使う網の目を表した編み模様。
富と成功、そしてその形通り宝物を示します。


縄(ケーブル)…漁師たちが使う、縄や命綱を表します。
その象徴から大漁や安全を示すと言われており、また交差する縄の模様は、結婚や子孫の繁栄を意味するとも。

蜂の巣(ハニカム)…そのまま蜂の巣を意味するとも、漁網を広げた姿を意味するとも言われています。
前者は蜂が象徴する子孫繁栄や仕事への報酬、後者はダイヤモンドと同様に富と報酬を意味します。

ノット…木苺やブラックベリーの実を表します。
アイルランドに古くからつたわる三位一体(キリスト教の原理で、父なる神、子なる神、聖霊はすべて神の現れで、元来ひつつのものであるという説)を示します。




など意味も様々。






こちらはダイヤモンドとノットの組み合わせですかね?

ぎっしりと目の詰まった編み目が贅沢で

相当な量の羊毛が使用されているかと思います










P1330511blog.jpg



P1330508blog.jpg




P1330512blog.jpg






およそ60年〜50年も前に編まれたものとは思えないほど

真っ白なウールは汚れやダメージも無く

とても綺麗なコンディションで残っています









また日本人の女の子がこんなにジャストで着られる

小さめのサイズもなかなか探せませんので

気になられた方はぜひ 店頭で実物をご覧ください

お待ちしておりますっ








shima




London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓





みなさま こんにちは




London Art Factoryです





最近私事ながら すこし前から気になっていた

編み物を練習し始めました。

とても不器用過ぎて 最初は全然手が言う事を聞かなかったのですが 笑

どんどん慣れてくるうちに楽しくなって来て

気がつけば3時間も経っていた!!ということがよくあります




と言っても 超・初心者なので

これから猛特訓が必要なのですが…

もしお詳しい方が居たら ぜひ教えてください






さて そんな私のマイブームの話は置いておいて

本日は入荷したばかりの こちらをご紹介したいと思います!!










P1330441blbog.jpg

ENGLAND hand knited





P1330452blog.jpg


P1330456blog.jpg
(back)







鮮やかなパープルカラー1色がとても目を惹く

イギリス製の手編みセーターです!!




このお色、日本の紫よりも もっと鮮明で深みがあり

(日本ではもっと渋かったり 淡いものが多い気がします)

意外と見かけないお色ではないでしょうか??♡










P1330450blog.jpg







すべて手編みで編まれているため

機械には出せない 独特のふわふわとした柔らかい手触りで

1度触ると やみつきになるような中毒性があります





しっかり目が詰まっていて

保温性と丈夫さに優れており この季節に安心して着て頂けます。

それでいて 柔らかくとても軽いので

着たときに肩などにストレスをかけることなく

女性の体に優しい着心地が嬉しいです








P1330446blog.jpg








また程よく開いた丸首が

圧迫感なくスッキリ着られる事と

ラグラン編みされているので

すとんとフラットにニット素材が肩に馴染んで

ごわごわ してしまう事なく 女性らしいシルエットで

ゆるく可愛く着て頂けます♡





きっと口で説明するよりも 実際にご試着してみて頂くと

この調度いい サイズ感・ゆるさ・シルエットに

納得して頂けるのではないかと思います









P1330474blog.jpg




P1330462blog.jpg






やっぱりスコットランドとイギリスのニット製法の技術は

世界で1番2番と言っても良いくらい素晴らしいものばかりなので

冬の贅沢&お洒落として

自信を持っておすすめしたいアイテムです!!






気になられた方はぜひっ







shima



London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓