みなさまこんにちは  London Art factoryですっ!!










今週、友達の披露宴に呼ばれているので

着て行く服を新調してみたりして

呼ばれる方も普段しない格好をしたりおめかしできる機会なので

何着て行こう、と考える時間も楽しいですよね♪







はい、そんな今日のご紹介は普段にも素敵ですが

ガーデンウェディングの方や二次会の花嫁さんにも

おすすめなこちらのご紹介ですっ











20180522_125101.jpg

ENGLAND 1920s old cotton skirt





20180522_132903.jpg










イギリス製 1920年頃のアンティークコットンスカートです。



アンティークコットンの綿密なしっかりとした素材感と風合いに


もはや芸術と言える程繊細なレースが贅沢にあしらわれた美しい1着です。















20180522_125156.jpg







20180522_125112.jpg










現代の技術をもってしても決して真似のできない


当時のアンティーク品にしか醸し出せない雰囲気を存分に味わって頂けます。



それでいてきちんと裏地もついているので安心して

一枚で履けるよう考慮されています。






約100年の経年によるダメージ 着色も少し見られますが

そこもリアルなアンティークでしか味わえない

雰囲気のある風合いとして魅力の一部になっています。








とても存在感のあるスカートですが普段に履く場合

コーディネートはシンプルなものからクセのあるものまで

幅広く合わせやすく、季節問わず履ける所も嬉しいですね♪











20180522_125441.jpg









20180522_130817.jpg












20180508_122811_20180522150213a55.jpg











トップスに白のレースやブラウスを選べば

個性的なウエディングを希望されている方にもとても格好いいと思います!!







普段にも、特別な日にも履きたくなる白一色のアンティークスカート

お好きな方には実物のオーラを見て頂きたいです!!


是非いかがでしょうか??





お待ちしておりますっ!!









fumi



London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓
スポンサーサイト



みなさまこんにちは London Art Factoryですっ!!









最近、私事ですが人生で初めてホラーゲームにハマってしまい、

こわいんですけど、あのドキドキ感がたまらないです。。笑


共感して下さる方おまちしております♡






さて、そんなどうでもいい話は置いといて

今日のご紹介はこちらですっ!!













20180519_131059.jpg

ENGLAND 1920-30s silk blouse










20180519_130554.jpg








約100年前のイギリスのお洋服、

アンティークシルクを100%使用したスペシャルな1着です、、♡





仕立て屋さんや手仕事でお洋服が作られる事が主流だった1920〜30年代


高級素材であるシルク素材の生地をつくり出す事からひとつひとつ人の手によって

丁寧につくられていた時代でもあります。


なのでこのブラウスを見て頂くとわかるのですが

とても繊細に細部までこだわって作られているのと

生地も贅沢にシルク素材が使われていて

約100年経過したとは思えない丈夫さと美しさが素晴らしいです。









20180519_131255.jpg







襟にまで施されたまるで切り絵のような細かいレース部分の

デザイン性もお見事で、現代では真似できない魅力があります。

Vintageネコ目ボタンもきちんとついていて状態も良好です。











20180519_133434.jpg










20180519_133356.jpg







ヌーディーなベージュカラーなので、落ち着きと上品さがありながらも

色んな色味のお洋服との相性もよく、

ワンピースなどに羽織ると雰囲気を一気に変えてくれるので

ブラウスとしても、羽織りとしても重宝してくれそうです♡


中の色味が綺麗に写るのでコーディネートを楽しめますね♪♪















20180519_130042.jpg











20180519_130933.jpg







洗練された雰囲気なのでパーティーなどにも着て行けますが

普段に着るならデニムなどで思いきってカジュアルダウンするのも

すっごく可愛いくないですか、、、??♡










20180519_133943.jpg







古き良き時代の貴重なブラウス、、

これから一生モノとして長くお付き合いして頂ける1着です。




お好きな方は是非いかがでしょうか??


おまちしております。








fumi


London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓




みなさまこんにちは  London Art Factoryですっ!!







私事ですが、春になってから物欲が増しに増して、、ちょっと困る程です笑 


今一番欲しいのが、今日ご紹介の SPRUCE スプルース というブランドの

vintageスヌーピープリントスウェット が欲しくて欲しくて、、

お好きな方ならご存知だと思うのですが、それはもう希少価値が付いていてなかなか

巡りあえない&手の届かない存在なのです。。。






今日はそんなSPRUCE繋がりで、こちらも珍しいvintage!!の

無地リンガーTeeシャツをご紹介します♡





20180508_121042.jpg








USA c1970s tee mayo SUPRUCE D.stock sold,thank u!





まず、スプルースってこんなブランドです↓








mayo SPRUCE メイヨースプルース







MAYO SPRUCE メイヨースプルース はアメリカのブランドで

創業した年代は不明とされていますがおおよそ1940年代以前と言われています。


主に肌着などのアンダーウェアや、スポーツウェアを得意とし

日本では余り名前が知られていませんが

CHAMPIONやHANESと並ぶ一大ブランドの一つです。



1950年代頃、メジャーリーグの人気選手が着用した事で一躍有名になり

1950年代後半~1960年代になるとさらに知名度が上がり、西海岸にも進出しました。

しかし、残念ながら化学繊維主流のスポーツウェアに押され

1980年代にブランドが一旦終わりになりましたが



その後、最近になり日本でも大手セレクトショップが実名復刻として

同ブランドを復刻させました。








20180508_123227.jpg






そんなスプルースの1970年代頃のモノ、という証として 

楯マークと呼ばれるこの年代にしかついていないロゴや

「SPRUCE」の由来であるマツ科トウヒ属の針葉樹を

表す木のマークがタグにしっかりとプリントされています。









20180508_121221.jpg








20180508_121254.jpg










20180508_121120.jpg









こういったvintageのスポーツウェアはメンズサイズのものが主流なのですが

こちらは珍しく女性におすすめできるコンパクトなシルエットが嬉しいです♪



更に、誰も着ていないDead stock!!! とてもキレイな状態なので

これからどんどんいい雰囲気に育ててください^^





着丈が長めなので、in する際やインナーとして着てもきちんとハマります◎







20180508_122737.jpg











20180508_121856.jpg










vintage Teeはシンプルに1枚でも様になりますが、無地なのでこれからの季節

色んなコーディネートを楽しんで頂けて重宝しますよ〜〜♪




生地がしっかりとしているので何度も洗濯してガンガン着ても型くずれもしにくく、


また来年、再来年、、、と長く着て頂けます。











20180508_122811.jpg








いろいろと書きましたが一度着て頂くと

vintageの良さを実感して頂けるかと思います^^!!






無地なもの程長く着れるものを、、是非いかがでしょうか??






個人的な感想ですが SPRUCEのvintageは色味がとても可愛くて

着る程にどんどん良い色になってくれる所が好きです!!










fumi
London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓





みなさま こんにちは




London Art Factoryです






すごく私事なのですが

おうちの庭に植えてある 椿の花が咲きました

なかなかツボミの状態から咲かないな〜と心配していたのですが

おうちでも春を感じられる瞬間が来て

とても嬉しいです♡





さて そんな私のささやかな喜びは置いておいて

本日はこちらのレアなアイテムのご紹介です♪♪










P1220085blog.jpg

ENGLAND c.1940-1950s "WRNS" shirt





P1220055blog.jpg





P1220054blog.jpg








P1220062blog.jpg








およそ1940〜1950年代頃にイギリスの

海軍女性部隊が着用していた

軍モノvintageの中でも珍しい1枚です。






WRNS



Women`s Royal Naval Service の略で



1917年、第一次世界大戦に英国海軍女性部隊として形成され

1919年に一度解散するも

1939年に第二次世界大戦にあわせ再結成され

1993年にイギリス海軍に統合され消滅しました。

主に調理や事務・無線操作師・レンジファインダー(距離測定)

プロットレーダー(Plot radar)・兵器の解析などを任務としていたそうです。









imgres_20180323135021252.jpg
(WRNSの紋章)


340px-The_Womens_Royal_Naval_Service_during_the_Second_World_War_A15161.jpg
(実際のWRNSの女性たち)








男性もののミリタリーvintageより

遥かに出逢える機会は少ないアイテムです!!







P1220072blog.jpg





P1220081blog.jpg






国から支給されるものだけあって

とてもハリのある上質なコットン素材で

丁寧なテーラードが施されています。




立体的な肩と襟元のシルエットが 美しいです








P1220110blog.jpg



P1220100blog.jpg




P1220128blog.jpg






春の日射しに美しく綺麗に映えるこの白のコットンの良さは

実物を見て頂くと一目瞭然かと思います







定番の白シャツをレアなvintageでさらりと着こなすなんて

とても素敵です

おしりまですっぽり隠れる丈なので

楽に安心して着て頂けるかと思います♪


気になられた方はぜひっ








shima










London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓





みなさまこんにちは London Art Factoryですっ!!









この間、パソコンのタイピングテスト というのをやってみたら

70点という微妙な点数をたたき出しました、fumiですこんにちは笑

それでも、このブログを書き始めた時(7年前くらい)は

本当にタイピングができなかったのでその時に比べたら成長したかもな私。と思いました笑




正式なテストじゃなくてGoogleで検索したら出てくる

無料のやつなので興味がある方はやってみるとおもしろいかもです^^









さて、今日のご紹介はこちらですっ








20180320_134916.jpg

USA c.1970s tunic







20180320_140220.jpg









20180320_140059.jpg









70年代のTHEヒッピー!! ともまた違った印象の洗練された

手刺繍チュニックのご紹介です





20180320_135115.jpg








20180320_135155.jpg









肩周り ウエストのくびれ部分はぴたっと

裾にかけて広がるふんわりフレアなお袖は

女性の体を綺麗に見せてくれるメリハリ感で、

着ると分かるとても凝ったデザインです^^






手刺繍ならではのあたたかみのある存在感も素敵ですね♡







20180320_135111.jpg






今の既製品には無いこの70年代独特の素朴な生地感も

着心地と雰囲気が良く、これからの時期に心地良く着て頂けます♪



天然素材やハンドクラフトにこだわり

ピースフルでゆるい雰囲気のなかにかっこよさがある所が70年代の好きな所です^^










20180320_135748.jpg









流行廃り無く、ずっと好きでいたくなる70年代当時のチュニックは

是非いかがでしょうか??♡






お好きな方、お待ちしております。











20180320_140702.jpg
















20180320_140709.jpg









fumi
London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓