FC2ブログ





みなさま こんにちは



London Art Factoryです♪





さっそく本日は新入荷したてほやほやな

こちらのアイテムをご紹介したいと思います♪♪







P1310503blog.jpg

ENGLAND "MARC JACOBS" skirt sold,thank u!





P1310490blog.jpg






MARC JACOBS マークジェイコブス




ファッション好きなら 誰もが聞いたことのある名前かと思います。

1986年に自身の名を冠したブランド名としてスタートした

アメリカのファッションブランドで

時代の先をゆくモードかつ先鋭的なデザインで

多くの若者を虜にし 世界的にもとても有名になりました。

初のコレクションを発表した際に CFDAの新人デザイナー賞を最年少で受賞、

NYを代表する「ペリー エリス」の後継者として抜擢、

ルイ・ヴィトンのアーティスティック・ディレクターに就任など

その功績は輝かしいものばかりです。










P1310506blog.jpg




P1310498blog.jpg






さて そんな"MARC JACOBS"ですが

こちらはイギリスで買い付けてきた1点です!!





お写真でもお分かり頂けるかと思うほど

とっても厚みのある生地と織りで作られたチェック柄がボリューム満点で

暖かく履いて頂けることと

履いた時のスカートの広がり方がとても可愛いです♡









P1310515blog.jpg





P1310507blog.jpg







ミニ丈のコンパクト感と 生地のボリューム感

この対比がなんとも贅沢で

1960年代アイテムで見られるような"コケティッシュ"さを

とても感じる1枚ではないでしょうか??





※コケティッシュ…
妖艶な。小粋な。などの意味を持つ言葉で
1960年代のファッションアイコン達によく使われていた言葉です。
フランスでは「お洒落な」という意味もあるそうです。









P1310532blog.jpg




P1310529blog.jpg





P1310527blog.jpg






冬はタイツが活躍してくれるので

ボリュームのあるニットなどに合わせて

逆に ミニ丈を履きたくなることが多いように思います♪





こなれたデザイン力の高さを感じる

洗練されたさすが"MARC JACOBS"と言いたくなる

まさに《大人可愛い》ミニスカート

気になられた方はぜひっ♡






shima



London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓
スポンサーサイト




みなさま こんにちは



London Art Factoryです






ここ最近久しぶりに実家に帰る機会があったのですが

改めて母のご飯は何よりも美味しいなと思いました。shimaです。




普段出来ないなりに自分でも

自炊をするように努力はしているつもりなのですが

同じ煮物でも味の染み方とかが全然違って

やっぱり母は偉大だなぁと 改めて感じました




さて そんなほっこり気分でお送りしている本日は

こちらのアイテムのご紹介をしたいと思います♪








P1300457blog.jpg

ENGLAND "Aquascutum" skirt





P1300452blog.jpg






Aquascutum アクアスキュータム





このブログでも度々ご紹介しているので

ご存知の方も多いかと思いますが

1851年にジョン・エマリーによって設立された

イギリス王室も御用達ブランドとして認定している

老舗ブランド"Aquascutum(アクアスキュータム)"。





日本ではBURBERRYの方が有名だったりしますが

イギリスでは同じくらいに権威と歴史を持った高級老舗ブランドで

1900年にレディースラインがスタートしてから

英国の紳士達はもちろん 世界中で老若男女を問わず

とても長く愛され続けています。






P1300460blog.jpg




P1300466blog.jpg



P1300471blog.jpg




P1300463blog.jpg






なんと100年以上も前の1897年 ビクトリア時代に

上質な仕立てとクオリティであることが証明され

王室御用達認定ブランドとしてロイヤルワラントを授与しています。







アクアスキュータムらしい落ち着いたチェック柄と

上質なウールで仕立てられたマットな質感が心地良く

裏地もしっかり付いているのでとても暖かいです。




しかもタグにはしっかり「MADE IN ENGLAND」と書かれていて

本場のイギリスで作られた正真正銘 "ホンモノ"の1枚であることが嬉しいです








P1300476blog.jpg



P1300479blog.jpg





P1300490lognmnsm.jpg







品良く高級感を持って

大人の女性に履いて頂きたい 綺麗な1枚です。


流行廃りのない伝統的なイギリスメイドの品質の高さを味わってください

気になられたはぜひっ







shima


London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓




みなさま こんにちは




London Art Factoryです






私事ながら

最近髪の毛が伸び過ぎてしまって

毎日の髪の毛のセットに悩まされています

飽き症なこともあり色々ヘアアレンジが出来るほうが嬉しいので

ずっと伸ばしているのですが

ボリュームが出過ぎて どう納めたらいいものか分からなくなってきました 笑






と どうでもいい私の近況報告は置いておいて

本日はこちらのアイテムのご紹介です♪♪










P1300400blog.jpg




P1300411blog.jpg

USA "earnest sewn" denim pants sold,thank u!




P130039blog.jpg






2004年創業の NY発デニムブランド"earnest sewn(アーネスト ソーン)"。



そぎ落とされた究極のシンプルなデザインと

身体のラインを美しく見せるシルエットで

世界的セレブ達からもとても支持されているブランドです。



なんとコンセプトはアメリカ生まれのジーンズに

日本の「わび・さび」をプラスするというもので

「完全なものは不完全なものの中にあるということ」を含んだ

「わび・さび」をデザイナーのScott Morrisonは体現しようとしているそうです。






アメリカ・日本・イタリア製の最高級のデニムを使用し

手作業で加工をおこなうことで

他にはない唯一無二のジーンズを作っています。







P1300394blog.jpg




P1300397blog.jpg






P1300399blog.jpg







そんなアーネスト ソーンのアメリカ製の1枚です。




ポケットの裏部分にいろんな情報が書かれているのですが

しっかりアメリカで作られていることが表記されているうえに

コットンを98%も使用したしっかりとした生地で作られていることも分かります。








P1300409blog.jpg




P1300425log.jpg




P1300420blog.jpg






そして何より美しいこのシルエット!!





後ろはウエスト位置までしっかり守られているのに

斜めのラインで前は 股上が浅めのローライズデニムになっています。

それでいてしっかりと丸みを帯びたラインで

身体に見事にフィットし 本当に女性らしくスタイルを綺麗に見せてくれます










P1300445blog.jpg




P1300428blog.jpg




P1300439blog.jpg





自分の身体が綺麗に見えるデニムって

1本持っているだけで

いろんな格好をするのが楽しくなると思います♪




自分に自信を持たせてくれる

お気に入りのデニムはぜひ持っておきたいと思うので

気になられた方はぜひっ





shima



London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓




みなさま こんにちは



London Art Factoryです







そろそろ お布団から出られない季節がやって来ました。。

今日の朝も起きようと思っていた時間よりも

15分も多めにゴロゴロしてしまい

逆に急いで準備したらいつもより10分早く着くというバタバタっぷりでした





さて そんな私のお恥ずかしい話は置いておいて

本日のご紹介はこちらのアイテムです♪









P1300288blog.jpg

SCOTLAND "BRORA" wool 100% skirt




P1300319blog.jpg




P1300327blog.jpg




P1300284blog.jpg





BRORA ブローラ






スコットランド産の最高級ウールを取り扱う

ロンドンの路面に7店舗ものお店を持つブランド"BRORA(ブローラ)"。

とくにカシミアの品質にこだわりを持ち

すべてスコットランド製を使用し 自社工場で生産を行っているなど

ほかにはない絶妙な色合いやクオリティの高さが とても評価されています。






そんなイギリスが誇るブランド"BRORA"が手がけた

スコットランドウール100%のvintageキルトスカートです。




仕立てられる事が主流だった時代のものなようで

タグには生地の織り手を表す、 weaver  の文字と

この生地を織った人物の名前まで丁寧に刺繍されています。






P1300303blog.jpg




P1300298blog.jpg





仕立てた人が分かるほど 

安心な手作業で織られたキルト生地は

人の手で作られたものでしか味わえない あたたかみを感じて頂けるかと思います。





また巻きスカート状になっているのですが

サイドを留めるベルト部分には本革が使用されていて

見た目の品の良さはもちろん 耐久性にも優れています。








P1300317blog.jpg




P1300335blog.jpg





片面だけプリーツ状になっているので

履くときにこのプリーツを前にしても後ろにしても

シルエットが崩れることはなく どちらでも可愛いです









こんなに発色が美しく 絶妙な色合いが鮮やかなキルトは

探してもなかなか見つけられません。

ましてや"BRORA"自体 日本未入荷であるうえに

こちらは1点物のvintageスカートですので

決して人と被ることなく 自分だけの冬のスペシャルスカートとして

長年愛用して頂けるかと思います。

それほどスコットランドウールには 何年経っても飽きが来ず

毎年新鮮に素敵と思える 不思議な魅力があります◎







P1300341blog.jpg






良い物がお好きなvintageを楽しむ大人の女性にぜひ…








shima



London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓




みなさま こんにちは



London Art Factoryです





最近私事ですが お家でまったりと映画を見るのにハマっています◉

もともと大の映画好き!!というわけではないのですが

どちらかと言うとレンタルビデオ屋さんに行くのが昔から好きで

最近では登録するといろんな作品が見放題のサイトなども沢山ありますが

わざわざ借りに行く あの作業がとても好きなんです 笑




平成ももうすぐ終わろうとしているのに

つくづくアナログ人間だなぁと自分のことを思います





さて そんな私の日常話は置いておいて

本日はこちらのアイテムのご紹介です♡







P1300151blog.jpg





とっても貴重なフラッシャーが付いている

当時売られていたときのままの状態 デッドストックの

vintageデニム2本です!!




当然フラッシャーのデザインも今のものとは違うので

デニム本体はもちろんながら

このフラッシャーをたくさん集めていらっしゃる

コレクターさんもおられるくらい コレクタブルなアイテムです。





ぜひ1本ずつ ゆっくりご覧ください♪







P1300166blog.jpg

USA "BLUE BELL" c.1950s dead-stock denim pants





P1300157blog.jpg



P1300173blog.jpg




P1300169blog.jpg



P1300177blog.jpg



P1300188blog.jpg







いくつものワークウェアカンパニーが

合併・併合を繰り返し 誕生した"BLUE BELL社"。

1897年 ハドソンオーバーオールカンパニー
  ↓
1919年 ブルーベルオーバーオールカンパニー
  ↓
1943年 ブルーベル社


と合併をする中で 会社名が何度か変わって行っているのですが

あの"wrangler"を生み出したのも このブルーベル社です。




vintageデニムを語るうえで必ず名前が出てくる"ブルーベル社"が

1950年代頃に当時手がけたままの新品のコンディションで

現在まで残っていたことは奇跡!!と言ってもいいくらいです 





ウエストがゴム製になっているので

ある程度フリーサイズで履くことが出来ることと

ハイウエストでおしりに丸みのあるレディースラインで

このサイズ感・デザイン自体 とても珍しいです!!

(デッドストック自体あまり残っていませんが その中でもメンズサイズがほとんどです。)












P1300192blog.jpg

USA "Wrangler" c.1970s dead-stock denim pants





P1300221blog.jpg



P1300203blog.jpg



P1300197blog.jpg



P1300200blog.jpg



P1300213blog.jpg







こちらは 上記で書いた"ブルーベル社"がジーンズ製品ラインとして

1947年に誕生させた"Wrangler"の1本。

他のブランドが太めでゆったりとしたシルエットを

ワークウェアのメインとして売り出していたころに

いち早く防縮加工のあるジーンズを取り入れ 新しいスタイルを作ったと言われています。



およそ1970年代頃に作られたもので

こちらもハイウエストで履くことができ

ウエストからお尻にかけて美しい曲線が女性らしく

体のシルエットに綺麗に馴染みます。














どちらもまだノリが取れていない

ぱりっとした新品デニムならではの生地感で

今から育てて行く楽しみを感じて頂けると思います◎




またデニム生地自体 全体的に1980年代頃で風合が変わってしまっているので

この密度が高くしっかりとしたvintageデニムの

色落ち具合・生地の綻び方など履いて行く過程のかっこ良さを

愛してやまないviintageファンはとても多いのではないでしょうか♡

(今のものは破れたように裂けてしまったりあまり綺麗に綻びません








P1300220blog.jpg







年々見つけることが難しくなる

vintageでしか味わえないアイテムです。




何年・何十年も履いて行く相棒としてぜひ♡





shima



London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓