みなさま こんにちは


London Art Factoryです




さっそくですが本日はこちらのアイテムのご紹介です!!




P1140749blog.jpg

USA Levi`s 1960s復刻版 "BIG E" "1992" denim pants





P1140745blog.jpg




P1140762blog.jpg





Levi`sのデニムパンツって

みなさん1本はお家に持っているのではないでしょうか??と思うほど 

KING OF DENIMとしてお馴染みのLevi`s。



本日はそんなLevi`sが1960年代に作られたモデルを

1990年代前半に復刻版として再現させた

made in USA(バレンシア工場製)の1枚をご紹介していきたいと思います!




1971年以降Levi`sは赤タブのロゴを

「LEVI`S」から「Levi`s」に変更していて

この通称「BIG E」と呼ばれている"LEVI`S"の文字が見れるのは1971年よりも前のモデルか

1990年代以降に作られた復刻版ならではです!




P1140771blog.jpg



P1140775blog.jpg





トップボタンの裏を見ると「555」という刻印がされていて

これはアメリカのバレンシア工場で作られたことを示します。

(工場によって番号が違います)



現在ではアメリカの工場は閉鎖してしまったため

復刻版でもアメリカ製は貴重とされていて

その中でも1番人気の高いのが

2003年に閉鎖してしまったバレンシア工場製で

コレクター達にとても価値が付けられています。





P1140777blog.jpg



そして赤耳付きです。

Levi`s用語としてよく聞く単語ですが

赤耳(セルビッチ)とは

デニム地の両端の耳部分をいい、旧型の織機でデニム地を織る際、

生地末端のホツレを無くすために付けられたものです。

特にLevi`sのモノは赤いステッテが付けられていたことから

通称「赤耳」とよばれるようになりました。

vintageデニムを語るうえで欠かせないディテールです。







P1140756blog.jpg



P1140753blog.jpg




1853年から創業している超・老舗デニムメーカーなだけに

調べると1つ1つの細かいデザインなどで年代がはっきりしてくるので面白いです◎




またポケットまわりに

白いペンで縁取ったような線が書かれているのにも味があって

古着ならではの楽しみ方ができます。

どういう意図で書かれた線なんだろう?なんて考えるとワクワクしませんか?





P1140758blog.jpg




復刻版といえど

現在は生産されていないだけにプレミアものなので

お宝コレクションとして 大切に長年持ち続けたい1枚です♪




履いたシルエットもコンパクトなショート丈で素敵なので

たくさん履いて頂きたいです



気になられた方はぜひっ





お客様スナップ



P1140728blog.jpg


P1140729blog.jpg


なっちゃん♡アリちゃん

この日私もたまたま1枚で着れるワンピースを着ていたので

「きょうはワンピースDAY記念だね!」ということで

スナップを撮らせてもらいました♡笑

それぞれに似合うワンピースの着こなしがとっても素敵です◎

ファッションを楽しんでいる女の子を見るとなんだか元気が出てきます!!

いつもありがとうございます〜





shima



London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓
スポンサーサイト




みなさま こんにちは


London Art Factoryです






きのうより店内全品15%offのサマーセールを行っています!

有り難いことに早速たくさんの方が

覗きに来てくださり とても嬉しいです!♪



新商品やイギリスならではの貴重なvintage品

雑貨・アクセサリーなどもすべて対象に含まれる

とーーーってもお得なSALEなのでぜひ覗きに来て頂きたいです!

(期間終了日は未定なので 気になるものがある方はお早めに




さて では本日は入荷したてほやほやのこちらのスカートのご紹介です!






P1140186blog.jpg



P1140196blog.jpg


USA c.1970s "Papillon" boho skirt



P1140179blog.jpg



アメリカ 1970年代頃

ボヘミアンガールが履いていたインド綿スカートです。


ふわふわの柔らかいインド綿と

淡いブルー・ピンク・パープルの色合いが

とても涼しげで目を惹きます


この年代頃に活躍していた「Papillon」というブランドの1枚です。





P1140189blog.jpg



現在でもインド綿を使ったスカートは

販売されているのを目にしますが

この1970年代オリジナルのvintageスカートは

インド綿自体の柔らかさや質感が抜群で

存在感と雰囲気が満点です◎



vintage好きとしては やっぱり当時のオリジナル品を

綺麗な状態で履けるのは とても嬉しいことですね


P1140194blog.jpg


P1140184blog.jpg



しかもウエストは紐で調整することが出来るので

楽に履いて頂けるうえに

どなたにでもサイズが合うのが嬉しいところです。




P1140205blog.jpg



P1140211blog.jpg





またシワにもなりにくく 扱いもとても楽なので

よく汗をかく夏のお供としても最適です




気になられた方はぜひっ






shima






London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓




みなさまこんにちはっ  London Art Factoryですっ!!!








友人から、石垣島のパイナップルとマンゴーを頂いて

食べてみたのですがびっくりするくらい美味しくて

すぐに石垣島に行きたくなりました笑

いいですよね~~沖縄^^

一度行ったらまたいきたくなる場所NO.1です!!!

と、なんの話や、となってしまったので

早速今日のご紹介です〜〜〜〜笑












P1140121.jpg

USA c.1970s "candi janes california" skirt







フェミニンなヴィンテージがお好きな方ならきっと一度は

耳にした事のあるであろう "GUNNE SAX" 

JILL STUART のデザイナーがコレクターの1人という事も有名な話です。



今日のご紹介はあの GUNNE SAX よりもっと前に同じアメリカの西海岸にて

産まれたブランド " Candi janes california" より

1970年代頃の希少な1着のご紹介ですっっ!!











P1140116.jpg











P1140114.jpg







シェルボタンに1970年代当時使われていたロケット型のジッパー

繊細なレースやリボン たっぷりのギャザー 

どこをとっても贅沢なまでに女性らしさとレトロな世界観を

味わっていただけます^^







P1140108.jpg












P1140109.jpg







ウエストはフィットしながらも裾にかけて自然と広がるデザインは

足長効果や ウエスト 足首の細さを強調できるので

スタイルもより良く見せてくれる嬉しいポイント









お花柄 レース フレア リボン 、、、と

女の子らしさもたっぷりありながら

Vintageらしい落ち着いた色味とすこし渋さのあるお花柄

きちんと感の綺麗なシルエット しっかりとした生地感



その全部がいい案配でマッチしているので決して

子供っぽくなりすぎない、絶妙なかっこ良さも兼ね備えています
















大人の女性にこそおすすめしたいロマンティックな1着♡


かわいすぎるから似合わない、、、恥ずかしい、、、なんて思わずに

気になる方は是非1度お試しにいらして下さいね~~^^!!



お待ちしておりますっっ







fumi


London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓





みなさまこんにちは London Art Factoryですっ!!








私事ですが、近々金沢に旅行にいくのでうきうきのfumiですこんにちは


人生初のサンダーバードに乗れるのも楽しみです♪

サンダーバードって名前がかっこいいですよね^^

楽しんできたいと思いますっっ!!


皆様も今日から3連休の方多いのではないでしょうか??

お天気が良さそうでよかったです^^


祇園祭に行く予定の方ももしよかったらお店覗いて下さいね〜〜♪







さて、そんな今日のご紹介もお店出しほやほやのこちらですっ










P1130728.jpg

FRANCE c.1960s "consl" shirt













P1130742.jpg












P1130748.jpg









チャックシャツといえば、カジュアルになりがちなアイテムですが

フランスらしい極彩色のマドラスチェックが新鮮で可愛い

季節問わず愛用したくなるような1着が入荷しました♡










P1130726.jpg










P1130731.jpg










こちらはグッドコンディション&グッドサイズなので

とても綺麗なシルエットで着て頂けるのと


60年代のシャツの特徴でもある

すこし尖った襟に裾はボックスになっているので

シャツインをしなくてもバランスがとりやすく

着まわしの幅も広がります♪










P1130721.jpg









薄手でシワになりにくい扱いやすい素材感なので

今の時期だとBagに忍ばせておくと

冷房が効き過ぎている時や日焼け防止にも役立ってくれますよね^^



重ね着や羽織りとして使いやすいのでオールシーズン

重宝してくれそうです♪











P1130736.jpg












P1130740.jpg






色味が綺麗で形も良いヨーロッパのVintageシャツは

なっかなか出逢えないアイテムでもあります。


年齢問わず着て頂ける素敵な1着、気になる方は是非いかがでしょうか?


















お客様スナップ♡



P1130680.jpg



セクシーマリリンBAGをgetしてくれたrisaちゃん^^

すっごくお似合いでした!! ショルダーバッグデビューもしてくれて

なんだか嬉しい◎ いつもありがとう!!

 また会えるのを楽しみにしていますー!!










fumi
London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓



みなさま こんにちは




London Art Factoryです






最近わたくし事なのですが

小学生くらいのときに好きだったテレビを見直すのにハマっています

今見ると見方が変わって見えたり

好きな部分は全然変わってなかったりして面白いです◎




ぜひみなさんとも 昔どの番組が好きだったかで盛り上がりたいです◎




と、すごく地味なマイブームな話になってしまったので 笑

さっそく本日の紹介へと参りたいと思います!

本日はこちら






P1130578blog.jpg

ENGLAND Linen 100% pants



P1130605blog.jpg




天然素材の中でも最も丈夫と言われている

リネンを100%使用した 贅沢なパンツが入荷いたしました♡

速乾性に優れたリネンは これから暑くなるこの時期にもピッタリです!




•吸水性に優れている

•丈夫で長持ちしやすい

•変化する色味

•汚れにくい

•通気性と速乾性◎

•水に強い


、、、などなど

高級素材として扱われているだけあり

優れた特性がリネンは盛りだくさんです!





P1130587blog.jpg




また座ったりしてシワが出来てしまっても

風合いのしなやかさで それすらも雰囲気よく見えるのも魅力の1つです♪



このナチュラルでありながら

しっかりとした生地のハリ感は

天然素材にしか出せない存在感です◎





P1130593blog.jpg



P1130590blog.jpg





そして そのリネンをふんだんに使ってカットされたシルエットは

女性の体のかたちをよく理解して作られていて とても美しいです

ウエストから裾まで スラッと落ちるシルエットと

おしりラインのカーブ

履くと綺麗に馴染む 心地良さがたまりません♡





P1130601blog.jpg


× ENGLAND c.1960s "st.michael" blouse




P1130596blog.jpg


× HOLLAND silk mix "claudia strater" summer knit





リネン自体は1年中愛用できる素材なので

おうちのワードローブとしていかがでしょうか??♡





気になられた方はぜひっ






shima



London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓