みなさまこんにちはっ London Art Factoryですっ!!








昨日の朝の地震、ほんとにびっくりしましたね、、、


私の家が高槻で震源地の近くだったので

震度6弱の影響で家の中はぐちゃぐちゃになり

昨日は断水され今でもガスが機能していません。

電気が通っていてほんとに良かったですが、ライフラインが

機能しなくなった時の非常事態の備えの大切さ

身をもって学びました。。 有り難い事に私はケガもなく

とても元気に出勤できているのですが、

皆様も同じくこわい思いをされたと思います。 

一刻も早く日常に戻りますように。。



幸い、お店の方はお皿一枚も割れず被害無く営業できているので本当に良かったです!!

気分転換にでも是非遊びにいらして下さいね〜〜^^♡



さて、そんな今日のご紹介は

気分が上がるこの年代のドレスをご紹介していきますっっ!!











20180619_121436-1.jpg

USA 1960s dress














20180619_121501.jpg










見てるだけで ぱあっと華やかな気持ちになれるこの色使いと

サイケデリックなボタニカル柄♡♡


まさに1960年代のフレーバー満載な1着!!!!









20180619_151051.jpg












20180619_151320.jpg











20180619_151305.jpg








女性のファッション史の中でも最も華やかと言える

若者文化が世界的に急激に発達した1960〜1970年代



LSDなどの幻覚剤によってもたらされる心理的感覚や様々な幻覚や

極彩色のぐるぐる渦巻くイメージ(または植物、ペイズリー模様)などを

サイケデリック・アートとしてモチーフにしたとされる原色や蛍光色の抽象的な模様を

サイケデリック柄と呼びこの年代を代表する柄のひとつです。






ちなみにこの頃、日本ではツイッギー来日の影響を受けミニスカートが大ブームに。


それもまでミニなんて履いた事のない女性達が一斉にミニスカートを履き

みんなかばんでお尻を隠して階段を上っていたそうです^^

いつの時代もそんな乙女心がかわいいですね♡









20180619_123752.jpg









20180619_123806.jpg








ファブリックだけでも額に入れて飾りたいくらいの存在感が素晴らしいです!!



状態も良く、丈夫なvintageのメタルZipがついて、肌に触れる部分はコットン100%の

裏地が全体的についているのでさらりと着心地も良く透ける心配はありません。












20180619_121517-1.jpg








後ろにZipが付いているのでストレートな綺麗なラインがでます


きちっとした丸い襟ぐりに短めの丈、 フレアではなくすとんとしたIライン

まさに60年代らしい形、色味、柄、デザインをたっっっぷり楽しんで頂けます!!








20180619_121802.jpg










20180619_123510.jpg










1960年代当時のワンピースはこの洗練された格好良さからいつの時代もファンが多く、

もちろんファッションに敏感なロンドンガール達にも

人気があるので年々入荷が難しくなる一方です。





現在の既製品にはなかなか真似のできないオリジナリティー


女性にとってコーディネートのメインになるワンピースだからこそ、

人と同じものではなく自分だけのものが欲しくなりませんか???



着ている方も見ている方も気分のあがりそうな1着のご紹介でしたっっ!! 是非!!!











fumi
London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓
スポンサーサイト




みなさま こんにちは





London Art Factoryです♪







本日はさっそくですが

こちらの貴重なアンティーク品をご紹介したいと思います。











P1250181blog.jpg






P1250211blog.jpg

FRANCE c.1920s antique linen dress









なんと今からおよそ100年弱ほど前に着られていた

antiqueリネンです。

フランス製らしい華奢なレースと とても肉厚のある丈夫なリネン100%で

ぱっと見ただけでも"antique"であることが分かる

とても風格のある1着です。








1920年代のフランスというと……



20150928_pari_1928.jpg





コルセットを使用しないドレスが オートクチュールで1900年代半ば頃に現れてから

アールデコなどの影響を受けて 直線的でシンプルなドレスが好まれるようになりました。





とは言っても現代のファッションと比べると

まだまだドレスっぽいゴージャスなものがお出かけ着として着られていたので

こちらのドレスは もともと部屋着として仕立てられていたものです。











P1250215blog.jpg




P1250194blog.jpg








この年代のリネンやコットンのantiqueドレスには

イニシャルの刺繍がされていることが多いのですが

これは女性がお嫁に嫁ぐときに

相手の名前を刺繍する風習があったからなんだそうです。





自分じゃなくて"相手の名前"っていう所が とてもロマンチックですね〜♡







状態が新品同様のミントコンディションであるため

リネン自体がしっかりしていて 始めはすごいハリ感を感じられると思いますが

これも元は部屋着として作られているため

着ていくうちに風合が柔らかくなっていくように考えて作られているんだとか。







P1250190blog.jpg




着れば着るほど 自分に馴染んで 着心地がよくなって行くなんて

一層愛着が湧いてしまいますね!!









ここまで贅沢に しっかりと密度のある

リネンを存分に使用したお洋服って 今ではなかなかお目にかかれないかと思います

とても丈夫なうえに汚れにくいという特性がリネンにはあるので

長年 大切に着たいantiqueドレスとして いかがでしょうか♡






気になられた方はぜひっ



P1250228blog.jpg





P1250249blogx.jpg






shima









London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓





みなさま こんにちは




London Art Factoryです








最近私事ですが 久しぶりに銭湯に行ってきました。

お家のお風呂とはまた違って

いろんなお風呂があることと

近所の方々が ゆったりされている空間

なんだかすべてが癒し空間でした◎




京都は元々お風呂がお家に付いていない京町家が多かったことで

銭湯自体がとても多く 私の家の近所にもたくさんの銭湯があるので

これからいろんな銭湯を巡ってみたいなーと思いました。





さて そんな私のマイブームは置いておいて

本日はこちらのアイテムをご紹介したいと思います♪♪











P1240986blog.jpg





P1240984blog.jpg

ENGLAND c.1970s old cotton 100% dress










イギリスで1970年代頃に着られていた

オールドコットン100%素材のvintageドレスです。






オールドコットンって 今のコットンよりも遥かに丈夫で

着心地の良さはもちろん 見た目の存在感や高級感がとてもあり

よく店頭でも お客様とこの素晴らしさについてお話することが多いので

ぜひみなさまにも知って頂きたいです。







P1240988blog.jpg








まず なによりも嬉しいのが

裏地などが無くても 1枚だけで透けないことです。

コットン糸自体の密度がとても高いので ハリがあってしっかりしていることにより

中に着るもので悩まなくても 1枚で透けずに涼しく着て頂くことができます。






そしてそのコットンのハリによって

シルエットが美しく映し出されるのも素敵です◎









P1240990blog.jpg






バストからウエスト そしてヒップラインの

ゆるやかなこの曲線は 女性のスタイルが1番綺麗に見えるシルエットです。

それでいてコットンの爽やかな雰囲気が加わることで

セクシーになり過ぎず 上品に着て頂くことが出来ます。







P1240996blog.jpg






イギリスファブリックは

可愛いだけじゃなく 渋さやかっこ良さも同時に感じることが出来るので

大人の女性にも着て頂きやすいものが多く

長年愛用したくなるワンピースに出逢えることが魅力の1つかと思います♡!!




zipにはvintageでも見ることが珍しい

LIGHTNING ZIPが使用されています。








P1250002blog.jpg






P1250006blog.jpg







P1250021blog.jpg








夏は1枚で涼しく

冬はニットものなどとの相性もいいので

1年中お洒落を楽しみたい 大人の女性へおすすめなvintageドレスです。

気になられた方はぜひっ








shima



London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓





みなさま こんにちは




London Art Factoryです










きょうはとびっきり素敵なドレスが新入荷して

はやくみなさまにもご覧になって頂きたいので

さっそくご紹介して行きたいと思います♪♪









P1240926blog.jpg




P1240930blog.jpg

ENGLAND c.1960s all cotton dress








イギリスvintage好きさんの中でも とてもファンが多い

1960年代頃に着られていたドレスです♡






ポップでカラフルなドレスが多い1960年代ですが

こちらはシックな色使いに幾何学のような落ち着いた柄が

年代を越えて 大人の女性にも着て頂きやすい1枚かと思います。








P1240919blog.jpg






なによりも嬉しいのが素材が100%コットンであること





ポリエステルやレーヨンなどの 合成繊維が一般化しはじめ

そういった素材を使うことが主流だった1960年代では

コットン素材100%のアイテムはとても貴重です。





あの1960年代オリジナルの 独特なポリエステルの素材も個人的にはすごく好きなのですが

やっぱり vintageコットンの天然素材ならではの心地良さとハリ感は

高級感を感じさせてくれて 大人っぽい雰囲気があって素敵です♡







中にインナーなどを着なくても透けないので

1枚で着て 涼しく気持ち良く着れるのは

これからの季節には1番嬉しいことですね◎








P1240932blog.jpg







そしてコンパクトに身体に収まる

サイズ感とシルエットがとても綺麗です。






首元の立体感と 胸からウエスト・そしておしりへと

女性のスタイルが美しく見えるメリハリのあるラインですが

窮屈になりすぎず 程よいゆとりがあって着心地が良いです。









P1240918blog.jpg





後ろのファスナー部分には

vintageでもあまり見る事が少ない"LIGHTNING ZIP"が使用されています。




*LIGHTNING ZIP………

1920年代頃から1980年代前半まで製造されていたジップのメーカーで

50s~70sのロンドンのライダースJKTや

カナダのカウチンアウターなどに使われていることも多かったzipです。

今では製造自体がされていないので 見れるのはvintageアイテムならではです











P1240948blog.jpg






P1240943blog.jpg






とにかく1枚で着て とても可愛い&カッコいい

スインギングロンドンの頃の貴重なvintageドレスです!!!!!






もちろん1点ものですので 気になられた方はぜひ











shima






London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓





みなさま こんにちは




London Art Factoryです






さっそくですが

本日は夏に1枚で着たいこちらのアイテムをご紹介いたします!!











P1240770blog.jpg

ENGLAND c.1960s "Kitty Copeland" dress





P1240748blog.jpg








本日は 1950年・1960年代頃にとても栄えていた

ロンドンのドレスメーカー「Kitty copeland」のドレスです!



私事ながら

この当時の「Kitty copeland」のお洋服を調べてみると

綺麗なお仕立てがされた素敵なドレスばかり出て来て

とてもドキドキする楽しい気持ちになりました!♡






image1blog_20180604183354ca8.jpg






どれも1950〜1960年代頃の間に作られたドレスたちなのですが

今見ても うっとりしてしまうようなものばかりで

その当時 強いこだわりを持ってドレスを仕立てていたブランドであることが分かります。











P1240762blog.jpg





P1240758bog.jpg






こちらはその中でも シルエットやデザインから

1960年代初期に作られたものかと思います。





肩からウエスト そしてヒップラインへと

女性の身体が綺麗に映し出される上品なシルエットに対して

淡いマドラスチェックの少女のような爽やかさを感じる生地




"コケティッシュ"*という言葉がよく似合う

1960年代らしいドレスです♪







*コケティッシュ…妖艶である様。1960年代の女優さんたちによく使われた言葉で、ただ単にセクシーという意味だけでなく、魅惑的でいたずら感があり 可愛くそしてセクシー そんな女性に当てはまる言葉です。
         












P1240769blog.jpg








他に小物などでごまかさなくても

しっかりドレスだけでここまで完結するこの美しさは

緻密に計算されたデザイン力と 裁断から製法まで

すべてのことに置いてこだわり無くしては 再現できないものだと思います。

本当にお見事です♡




1枚でも生地が透けずに着れるので

まさに今からの季節に"1枚で着れるvintageドレス"として

スペシャル感を持って長年愛用して頂ける 極上の1枚になるかと思います♡








気になられた方はぜひっ










P1240751blog.jpg








shima





London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓