FC2ブログ





みなさま こんにちは




London Art Factoryです







このあいだ 私事ながら滋賀の信楽まで

陶芸体験をしに行って来ました〜!!

人生初のろくろ回しにめちゃくちゃ緊張しつつ挑んだのですが

とても先生が親切に教えて下さり

初心者でも それっぽく作れたのでとても楽しかったです♬

(1つだけなら味のある作品が誰でも出来るそうですが

プロの技となると まったく同じ大きさ・形のものを1日200個とか作られるそうです!!)






焼き上がりの完成まで1ヶ月以上かかるそうなので

とても待ちどおしいです






と そんな私の日常のほのぼのとした話はこの辺にして

本日はこちらのアイテムをご紹介したいと思います









P1350657blog.jpg




P1350711blog.jpg





すこし気が早いかな…と思いつつ 笑

春からしっかり日焼け対策したい方も多いかと思いますので

これからの季節に可愛く被れるvintageのストローハット達集めてみました!!







少し先取りして

ニット×ストローハットなんていう 季節感のmixも

個人的には大好きですので

気になるものがないか探しながらご覧ください♬














P1350674blog.jpg


P1350675blog.jpg

ENGLAND vintage straw hat













P1350681blog.jpg



P1350677blog.jpg



P1350683blog.jpg

ENGLAND "paul smith" (made in ITALY) straw hat












P1350667blog.jpg



P1350669blog.jpg

ENGLAND straw hat












P1350700blog.jpg


P1350704blog.jpg



P1350703blog.jpg

ENGLAND vintage "st.michael" straw hat












P1350691blog.jpg


P1350689blog.jpg

ENGLAND vintage straw hat










P1350694blog.jpg



P1350698blog.jpg

ENGLAND vintage straw hat














いかがでしたでしょうか。






ブランドならではのデザインがカッコいいものや

今の既製品のビニールっぽいのでは無く

vintageならではのしっかりとした麦わらの質感

それぞれに 1点もののバラエティに富んだお帽子たちです。






せっかく美しく保つための日焼け予防も

その場しのぎのチープなものを被っていては

なんだか本末転倒だなぁと個人的には思うので

そんな時こそ お気に入りの1点を持っているととても重宝して頂けるのではないでしょうか

そもそも日焼け対策のため!!というよりは

ファッションを彩るアイテムとして作られたもの達ですので

被ることによって よりコーディネートが華やかになるかと思います





気になられた方はぜひ









shima




London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓
スポンサーサイト




みなさま こんにちは




London Art Factoryです






最近 店頭で

アクセサリーを作ってらっしゃる作家さんや

お洋服をご自分で作られるという方と

お話させて頂く機会がとても多いです。




もともとオーナーのyukiさんが名付けた

『London Art Factory』というお店の名前のとおり

お洋服だけじゃなくアートや面白いことが好きな人が

たくさん集まる場所になって居て嬉しいです♬



なので今日は

ついつい色んな場所で生地やパーツを探しては買っちゃうという

物作りがお好きな方へ

イギリスより買い付けて来た 普段なかなかご紹介する機会が少ない

vintageのさまざまなパーツたちをご紹介してみたいと思います♡





P1350616blog.jpg






パーツ1つ1つにも

1点物ならではのvintageの風格と素材の良さ

時を経た歴史ある存在感

しっかり感じて頂けるかと思います









P1350617blog.jpg


P1350623blog.jpg

USA 1950s casino token




アメリカで1950年代頃 カジノのトークンとして使われていたものです。

キリのような物で穴をあける事も可能ですので

ネックレスやイヤリングのパーツとしてお使い頂きやすいかと思います。

1個 ¥350+tax

5個 ¥850+tax











P1350625blog.jpg



P1350627blog.jpg

ENGLAND antique cristal







イギリスのおよそ100年程前。アンティークのリアルクリスタル。

本物ならではの圧倒的な存在感と輝き

こちらもアクセサリーのパーツとしてとても素敵かと思います。

¥1900+tax











P1350647blog.jpg



P1350649blog.jpg

USA vintage key






1つ1つ形・デザインの違うvintageの鍵。

一体なんの鍵だったのかな?なんて想像するとワクワクしますね♬

真鍮で作られているものも沢山あって

vintage品ならではの重厚感がかっこいい…

1個 ¥250+tax〜











P1350632blog.jpg



P1350635blog.jpg

ENGLAND c.1940s button






イギリス 1940年代頃のボタン。

おそらく軍物の制服のボタンだったのではないかと思います。

ゴムを付けるだけで へアゴムとして

後ろの金具をカットしてイヤリングとして作り替えたり 使い方は様々です。



1個 ¥500+tax〜

(真鍮のものや大きさなどによって 値段が変わります)











P1350653blog.jpg



P1350655blog.jpg

vintage patch






会社 学校 軍物 制服などの名前タグ クラブチーム

さまざまなワッペンがどさっとあるので 選んで頂くのが楽しいかと思います。

1枚 ¥250+tax

3枚 ¥500+tax

5枚 ¥700+tax

10枚 ¥1000+tax











P1350638bolog.jpg




P1350641blog.jpg



ENGLAND vintage shell button & pearl button






イギリスヴィンテージのシェル&パールボタン。

バラ売りですが数も揃っていますので

カーディガンやシャツのボタンを

こんなvintageボタンに付け変えるだけでも楽しいかと思います◎



1個 ¥150+tax

5個 ¥600+tax
















などなど…

一気にすべてご紹介することが出来ませんでしたが

他にも沢山ボタンがあったり

面白いパーツ達が密かに お店の至るところに置いてあります♡







P1350651blog.jpg




P1350643blog.jpg







何にどう使いたいかは それぞれかと思いますので

面白いアイディアがあれば ぜひ聞かせてください

お待ちしております♬









shima




London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓





みなさま こんにちは




London Art Factoryです









このあいだ私事ながら

友人から出町柳にある"ふたばの豆餅"を頂いたのですが

久しぶりに食べたら とっても美味しくて感動ものでした!!

京都に来られたら買いに行くという人も多いくらい有名で

いつもお店の前に長蛇の列が出来ているため

なかなか並ぶ勇気がなく 諦めていたのですが…

並んでも食べたい気持ちが分かる!!と思うくらい幸せな気持ちになりました♡笑







と そんな食欲旺盛な私の話は置いておいて 本日は

イギリスより買い付けてきたシルク100%のスカーフが

いくつか新入荷致しましたので さっそくご紹介して行きたいと思います








P1350559blog.jpg







ブランドものの上質なスカーフたちを中心に集めましたので

一緒にそのブランドのご紹介もして行きたいと思います


ゆっくりご覧ください♬










P1350545blog.jpg



P1350549blog.jpg



P1350546blog.jpg


"Christian Dior" silk 100% scarf








自信の名前を冠して1947年にスタートした

オートクチュールブランド"Christian Dior"。

この名前はご存知の方がほとんどかと思います。

1947年にパリコレで華々しくデビューしてから

ペチコートで膨らませた曲線を強調 ゆったりなだらかな肩に細く絞ったウエスト

くるぶしまであるロングスカートという優美なスタイルの「花冠ライン」を生み出し

ニュールックと共に世界のモード界に新しい風を吹かせました。

made in ITALY。











P1350517blog.jpg



P1350525blog.jpg



P1350520blog.jpg


"Nina Ricci" silk 100% scarf

sold,thank u!






1932年にパリのオートクチュール・メゾンとしてスタートした"Nina ricci"。

ウィメンズウェア、アクセサリー、香水を中心としたアイテムを展開していることで

こちらもとても有名なラグジュアリーブランドですね。

ニナリッチの服作りは独特で デッサンは行わずに

直接顧客の体に生地をあてながら ドレープを寄せ裁断を施していたことから

『彫刻家』と呼ばれていました。

彼女が生み出すエレガントで優雅な作品たちは とても女性らしく

デザインの良さに加えた完璧な縫製が上流階級の女性たちにとても支持されています。

made in FRANCE













P1350561blog.jpg



P1350574blog.jpg

"Viyella" silk 100% scarf




なんと1784年創業のイギリスの超・老舗ブランド"Viyella"。

ウィリアムホリンズ社の ジェームズ・シソンズとロバート・シソンズが

ウール(羊毛)とコットン(綿)で混紡素材をつくり、綾織りにし

その生地にViyellaというブランド名を付けて商標登録を行いました。

生地自体にブランド名が付いたのは世界初で

日本でも「ビエラ生地」と呼ばれ 親しまれています。

現在では生地の販売はしていないそうですが

お洋服などシックで上品"大人綺麗"なスタイルが展開されています。













P1350528blog.jpg



P1350532blog.jpg



P1350529blog.jpg


"Hardy Amies" silk 100% scarf





イギリスを代表する1945年創業のテーラー・クチュールブランド"Hardy Amies"。

ブランドのコンセプトを「過去への尊敬、未来への展望」としてサヴィル・ロウに店を構え

55年にエリザベス女王のドレスメーカーとして認められ

ロイヤルワラントを授与しています。

68年にはスタンリー・キューブリックの伝説的な映画「2001年宇宙の旅」にて

衣装デザインを手がけるなど華々しい活躍を広げ

現在では既製服からクチュール・アクセサリーとメンズ・レディースともに幅広く展開しています。

made in ITALY












P1350534blog.jpg



P1350541blog.jpg



P1350540blog.jpg


"Cornelia James"silk 100% scarf






グローブを中心に展開しているイギリスブランド"Cornelia James"。

1939年に難民としてイギリスへ到着した後

戦後にも関わらず色彩豊かなアイテムを作り出し

彼女が作り出すグローブは、英国のファッションの基礎となったとも言われています。

エリザベス女王のウェディングでの手袋制作に携わるなど

英国御用達ブランドとして認定されているほど確かな技術を持ち

全てのアイテムは高度な職人たちの手によって作り出されており、希少価値の高い逸品となっています。

made in ITALY












いかがでしたでしょうか^^

どれも品質の高いヨーロッパシルク100%で作られたものばかりですので

見た目の高級感はもちろん 丈夫なうえに 速乾性・吸水性に優れ 

夏でも気持ちよく巻いて頂けるかと思います。








P1350565blog.jpg







またシルクの生地が傷ついてしまわないように

淵は手作業で縫われているものがほとんどで

1点に込めた縫製技術 品質の高さをしっかり感じて頂けるかと思います。








すべてはご紹介できていませんので

気になられた方は店内まで お好きなものをぜひ探しにいらしてください♬

只今スカーフ全品15%offです!!










shima



London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓






みなさま こんにちは




London Art Factoryです♦





本日は早速ですが とてもコレクタブルなアイテムが

新入荷致しましたので 早速ご紹介していきたいと思います!!










P1350353blog.jpg




P1350351blog.jpg

USA vintage feed sack







およそ1930〜1950年代頃に

飼料や穀物を入れる袋として使われていたFeed Sack(フィードサック)。




アメリカで家畜用飼料を入れるために1880年代頃にこの袋が考案されたそうですが

(それ以前には箱が用いられていたようです。)

はじめは無地のものがほとんどで

1930年頃から販売促進のために綺麗なプリントを施した布袋に換えて

販売したところ爆発的な人気を得たそうです。




他にもフィードサックより小さめの袋で

フラワーサックと言うものもあったそうですよ♬








P1350362blog.jpg




P1350356blog.jpg



P1350358blog.jpg




P1350359blog.jpg






荒い麻のコーヒー豆の袋などとは違う

風合のいいvintageコットンの生地が

今でもvintageファン達にとても愛されており

このフィードサックをリメイクして作られたバッグやワンピースなどを

たまに目にすることがあります◎






images.jpg
imgres.jpg







今見ても このデザインとても可愛くてリメイクしたくなる気持ち分かります!!




単純にvintageとして希少価値が高いということもありますが

現在ではここまでしっかりとしていてハリのあるコットン生地って

なかなか見ることが出来ないので

丈夫さや見た目の高級感 素材としての価値を感じて頂くことができるかと思います










P1350367blog.jpg







また袋状になっていますが 布として利用し易いようラベルは水に濡らすとすぐ剥がれ

縫い糸も簡単に取ることが出来る工夫がされていることもあってか

オリジナルのものでここまでプリントなども綺麗に残っているものはとても珍しいです!!






そのままラグや壁掛けなどとしてお使い頂くも良し○

リメイクして自分だけのオリジナル品を作るも良し○







気になられた方はぜひ









shima








London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓





みなさま こんにちは



London Art Factoryです







今日は ちょっと面白いvintageアイテムが入荷致しましたので

さっそくご紹介して行きたいと思います

こちらですっ









P1350071blog.jpg








イギリスで作られたvintageのシューズケースです!!






巾着自体はとてもシンプルな作りですが

それぞれに vintageならではの重厚感のある生地と

細かく刺繍された 靴のモチーフが

とにかく可愛すぎる2点です♡










P1350081blog.jpg



P1350084blog.jpg

ENGLAND vintage shoes case













P1350074blog.jpg



P1350076blog.jpg

ENGLAND vintage shoes case









どちらも 刺繍で描かれたデザインがとても凝っていて

『この靴が欲しい…』と思ってしまうほど

お見事な刺繍ですね♡






お気にいりの靴を直して頂ける充分な大きさがあるので

シューズケースとしてはもちろん

手持ちの巾着バッグとしてお持ち頂いても素敵かと思います♡









P1350092blog.jpg








このラフに持っている感じ とても可愛くないですか??♡







vintage品ならではの

他では探せないようなアイテムかと思いますので

遊び心のある女性に ぜひお持ち頂きたいです

気になられた方はぜひっ








P1350101blog.jpg







shima



London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓