みなさまこんにちは   London Art factoryですっ!!







只今London Art Factoryでは


いまだけ 店内アクセサリーが全品15%offの(クレジットカードをご利用の場合は5%offとなります。)


「夏が来る前のアクセサリーSALE」開催中ですっ!!





なので今日は夏が来る前にGetしておきたい大ぶりのイヤリング達をご覧下さい♡









20180616_123958.jpg


ENGLAND 1960s Earrings









20180616_122715.jpg




















20180616_123356.jpg

ENGLAND 1950s Earrings










20180616_121919.jpg




















20180616_123704.jpg

ENGLAND 1980s Earrings












20180616_122546.jpg



















20180616_123513.jpg

ENGLAND 1950−60s Earrings











20180616_122018.jpg


















20180616_123559.jpg

ENGLAND 1980s Earrings










20180616_122635.jpg






















20180616_123322.jpg


ENGLAND 1980s Earrings









20180616_121808.jpg























20180616_123726.jpg

ENGLAND 1950s Earrings










20180616_122606.jpg





















20180616_123431.jpg

ENGLAND 1960s Earrings










20180616_122129.jpg




















20180616_123637.jpg


Christian Dior Earrings












20180616_122527.jpg
























夏のファッションにも合いそうな大ぶりのイヤリング達のご紹介でした♡


大ぶりですが、軽い付け心地で耳たぶが痛くなりにくいものばかりです^^

直感で、気になる物はありましたか??♡




この機会に是非、店内のアクセサリー見にいらして下さいね〜〜!!


数えた事はないですが、100点以上は軽く越える品々がショーケースに並んでます♡






是非お待ちしております!!










20180616_123853.jpg





fumi



London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓
スポンサーサイト





みなさまこんにちは London Art factoryですっ!!







果物のシロップ漬けに興味があるfumiですこんにちは

以前、レモンを漬けてみたら失敗したので今はすももで挑戦中です!!

果たしてうまくいくのだろうか、、笑

すももがうまくいったら梅シロップもやってみたいなあとたくらみ中。。

詳しい方がいたら是非ご教授下さい^^







はい。そんな今日のご紹介はこちらですっっ










20180612_130846.jpg







ENGLAND 1900-20s Antique cameo






カメオの歴史はとても古く、

カメオ彫刻の技術は実に古代エジプト(紀元前3000年頃)まで遡ります。


アクセサリーとして身に付けるようになったのは

古代ローマ帝国崇拝者だったナポレオンが、

イタリア遠征(1796年から1797年)で素晴らしいカメオのコレクションを持って凱旋したことで、

フランスの貴族階級の中でカメオが流行した事から始まり、

1850年~1880年頃にはイギリスでもカメオのジュエリーが

最も格の高いものとして人々に愛されて行きました。


天然石やシェル(貝殻)象牙 珊瑚 

自然が生み出す美しい素材を活かしながら

一つ一つ手彫りする高度な技術が必要となり

長年修行を積んだ彫刻師によって作られている

アンティークカメオは現在では当時程上質な素材すら手に入らず

職人も限られている為、もう手に入らない芸術品として扱われています。







今日は、そんな1900−20年頃の美しい

アンティーク シェルカメオをご覧下さい^^








20180612_131208.jpg










20180612_130320.jpg

ENGLAND 1900-20s shell cameo










20180612_130355.jpg





















20180612_130436.jpg

ENGLAND 1900-20s shell cameo








20180612_130509.jpg





















20180612_130559.jpg

ENGLAND 1900-20s shell cameo











20180612_130624.jpg





















20180612_130643.jpg

ENGLAND 1900-20s shell cameo










20180612_130702.jpg












柔らかく光を通すアンティークシェルに、優しい表情の貴婦人が彫られており

その一つ一つの天然の貝の風合、色味を活かしながら

こまかい職人技が施されているので決して同じ物は存在せず

身に付ける事の出来る芸術品として永遠に廃れる事の無い輝きがあります。






そして彫刻だけでなく、フレームの素材にもシルバーやブラスが使用され

こちらも1点づつ手仕事でしか不可能なとても凝ったデザインになっています。








20180612_170822.jpg








20180612_171951.jpg










20180612_172239.jpg











20180612_170710.jpg









ブローチとしてストールを留めたり首元、胸元を飾るのも素敵ですが

どれもネックレスのチェーンが付けれるようになっているので

ネックレスとしても楽しんで頂けて身に付け方の幅もとても広がります


鞄につけてみたり、ヘアアクセサリーとしても、、、 など

いろんな妄想が膨らみますね















20180612_130223.jpg









見れば見る程その魅力に惹かれるアンティークカメオ

もう出逢えない芸術品として集めたくなる

アンティークコレクターの気持ちがわかります、、笑

とはいえ、皆様ご存知の通りアンティークカメオはその希少さから

何十万円など驚く程の高値で取引されることもしばしば、、、




ですが、lonfacのカメオ達は普段身に付けるアクセサリーとして

愛用していただきたいので安心して身に付けていたきやすい価格かと思います。

何十万もしません!!笑






なのでお好きな方は是非店頭にてお気軽に実物を手にとってみてくださいね^^



お待ちしております。







fumi
London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓






みなさま こんにちは



London Art Factoryです









さっそくですが 本日はこちらの

アンティークのご紹介です。










P1240956blog.jpg

ENGLAND antique "1868s" silver pendant drop








P1240977blog.jpg







なんと 今からおよそ150年以上も前に作られた

シルバー製のネックレストップです。




1860年代と言われてもあまり時代のこともピンと来ないほど

とても古い貴重なアンティーク品です。。





この時代のイギリスはヴィクトリア女王が統治していた長い歴史の中でも

中期と呼ばれる頃で

英仏通商条約、およびグラッドストン首相のもとでの自由貿易体制が整えられたことで

イギリス帝国が絶頂期を迎えていた時代です。






P1240964blog.jpg




P1240960blog.jpg






裏側に向けると 下の部分に小さな刻印が押されています。




一瞬貴金属の純度を守るために記される ホールマークかな?と思ったのですが

こちらは"Table of Registration marks"と呼ばれる

1843年〜1883年頃まで使用されていた商標登録のマークだそうです。









P1240969blog.jpg







古いものなので 調べてもあまり詳しく書かれていないことが多いのですが

実際にyukiさんがロンドンで買い付けた際

ディーラーさんから見分けるための年表を頂いたそうなので

そちらを元に少し調べてみました。








image1blog_20180611160534c6a.jpg





まず左側のダイヤモンド型のマークは

およそ1842年から1867年のあいだに使われていたもので

右側のマークは それ以降の1868年から1883年まで使われていたものだそうです。



こちらは右側の1868年以降に押された刻印のもので

これを見れば作られた年数・月・日にちまですべて分かります。








image1_201806111822450b7.jpeg






細かかくて写真では少し見えにくいかもしれませんが 年表を見てみると

④が年代を表す表記で"X"という文字は1868年

⑤は月を表し"A"は12月

そして②には日にちが書かれているので

こちらは1868年の12月11日に作られたものということになります。




①はクラス ③は小包番号でこの商品自体のNo.だそうです。










ここまで年代が分かるととても面白いです!!







P1240976blog.jpg





P1240973blog.jpg





調べるのが楽しくなってしまい

ついつい説明が長くなってしまいましたが

とにかく 150年以上も前のものだということがしっかり証明された

確かなantique品です。






付けたときの存在感もさすがですね

とても貴重な1点ですので 気になられた方はぜひ








shima



London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓




みなさまこんにちは London Art factory ですっ!!!








もう真夏の格好で出歩けるくらい暑くなりましたね〜〜

なのでこのくらいの季節からそろそろ付けたくなるこちらのご紹介ですっ♡











20180605_134256.jpg



ENGLAND silver bracelet




銀の国イギリスと呼ばれる程、格式高いイギリスのシルバー製品

シルバーの含有率92.5%以上の刻印が入ったvintage シルバーアクセサリーの

独特な鈍い輝きが特徴で磨くと光をまた取り戻せる為

一生物として長く愛用して頂けます。






もちろんすべて1点物です^^ 是非じっくりとご覧下さい↓











20180605_134140.jpg

ENGLAND vintage silver bracelet











20180605_134215.jpg


ENGLAND vintage silver bracelet










20180605_134237.jpg

ENGLAND vintage silver bracelet




















20180605_134707-1.jpg















20180605_134720.jpg

ENGLAND vintage silver bracelet











20180605_134738.jpg

ENGLAND vintage silver bracelet












今日はシンプルなシルバーチェーンを集めてみました。



シンプルなものほどシルバーの重厚感により存在が際立ちます。


逆を言えば、素材のチープなものや作りがしっかりとしていないものは

安っぽくもみえてしまい、耐久性もないので長持ちしません。







ENGLAND vintageの1点で様になるシルバーブレスレットは

特に飽きにくく流行も、年齢も問わないので毎日でも付けたい方

お気に入りを長く愛用したい という方にとてもおすすめできます。



気分によってなにかチャームを付けたり重ね付けも素敵ですね♡



男性っぽい格好良さがあるアイテムなので、女性が付ける事で

逆に女性らしさをより引き立てるような魅力があります^^









20180605_134432.jpg









20180605_134636.jpg







1点1点付けてみるとまた違う印象になるので

気になる方は是非お気軽にお試し下さい◎







只今店内では「夏が来る前のアクセサリーSALE」を行っています。

いまだけ 店内アクセサリーが全品15%offなので

気になるものがある方・アクセサリーを探している方などは

ぜひ覗いてみてくださいっ

(クレジットカードをご利用の場合は5%offとなります。)





fumi
London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓





みなさま こんにちは



London Art Factoryです





きょうは天気が良過ぎて 6月でこんなに暑かったら

真夏はどうなるんだろう??と少し不安になるくらいです。




でも今日干して来た 洗濯物は

すごい綺麗に乾きそうです





と そんな私の生活じみた話は置いておいて 笑

本日はこちらのアイテムをご紹介したいと思います♪♪








P1240743blog.jpg

ENGLAND 1908s hall-mark silver necklace








トップの部分に「1908」と刻まれているように

今からおよそ100年以上も前に作られた

アンティークのシルバーネックレスです





説明が不要なくらいぱっと見ただけで

アンティークとしての存在感を放っている1点です!!









P1240730blog.jpg








裏側にはホールマークと呼ばれる

各国の造幣局など信用が置ける機関がプラチナ・金・銀等の貴金属で作られた

製品の純度を証明する貴金属製品の品位記号が刻印されています。





その中でも西洋のアンティークで銀と言えばイギリス!!と言われるほど

貴族社会であったイギリスにおいて、銀製品は生活の中に浸透しており

ホールマーク制度も古くから取り入れられていました。








3blog.jpg






このマークを見れば作られた場所と年代

そして工場までわかるようになっているようで

確かな品質保証を刻むことで 貴金属の品質が守られてきました。







image1blog_20180604154347052.jpg




こちらのネックレスの場合だと


①メーカーズ・マーク

それぞれの生産者のマークだそうで

メーカーの名前が2、3文字のアルファベットに短縮された形で表されています。



②アセイ・オフィス・マーク

どこでホールマークが刻印されたか判るマークで

この錨のマークはバーミンガム アセイ・オフィスのもの。

シルバーは前向きですが プラチナやゴールドはこの錨が横向きで表記されているそうです。





③スタンダード・マーク

シルバー含有率が92.5%を越える「英国品質」を保証するマーク。

ライオンの全体像が書かれています。






④デート・レター


アルファベットと枠の組み合わせ。

大文字や小文字 ブロック体や飾り文字など

様々なデザインで表される文字を様々な枠の形と組み合わせることで

何年に刻印が押されたかを示すマークです。

これは刻印が押された場所に寄ってマークも異なるようですが

バーミンガムでこの「h」の刻印は1907年という意味でした。








まとめると1908年に向けて1907年に

「A・F」というイニシャルの企業によって

バーミンガムで製造された シルバーの含有率92.5%以上のネックレスである

ということが判りました!!







と こんな風にここまで調べることの出来る

ホールマークって改めて すごい制度ですね◎










P1240745blog.jpg







P1240732blog.jpg






結局 語りたいことも多すぎて

説明が長くなってしまいましたが

確かにイギリスで認められたアンティークジュエリーです。





トップ部分だけじゃなく チェーン自体の

細やかなクラフトも素晴らしいです◎








P1240741blog.jpg






P1240738blog.jpg







華奢なシルバーやゴールドも女性らしくて素敵ですが

これくらい迫力と存在感を持ったネックレスを

あえてフォーマルなシーンなどにつけるのも とてもカッコいいです!!





もちろんシルバーは普段にも付けて頂きやすいので

気になられた方は ぜひお早めに♡








只今店内では「夏が来る前のアクセサリーSALE」を行っています。

いまだけ 店内アクセサリーが全品15%offなので

気になるものがある方・アクセサリーを探している方などは

ぜひ覗いてみてくださいっ

(クレジットカードをご利用の場合は5%offとなります。)





お待ちしております







shima


London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓