FC2ブログ





みなさま こんにちは



London Art Factoryです






さっそく本日はこちらのアイテムのご紹介です♬







P1330630blog.jpg








P1330638blog.jpg

USA c.1940s wool 100% pants




P1330643blog.jpg
(back)





アメリカでおよそ1940年代頃に

上質なウール100%で仕立てられた貴重なvintageパンツ!!






ハイウエストで履いて ほどよく女性の体に馴染む

計算されたシルエットが360度どこから見ても美しい1枚で

この時代は当然大量生産の文化などはまだ無く

オーダーメイドが主流であった時代のものだけあって

1つ1つのディテールの細やかさや綺麗さが素晴らしいです◉










P1330649blog.jpg




P1330647blog.jpg




P1330661blog.jpg







ふわふわの柔らかいウールは

とても繊維が細い上質なものが使用されており

滑らかな手触りをしていて

履いたときにもチクチクとした不快感が全くありません

それでいて ウールは繊維が細かいほど

繊維の中に暖かい空気を含みやすく保温効果に優れているので

薄手で軽いのに とても暖かく今の季節に履くことが出来ます










丁寧に折られたウエスト部分のタックと後ろのベルトで

ジャストに履くことが出来るので

ショートパンツにしては とても女性らしいシルエットで

実際に人に履いて頂くと 一層素敵です♡










P1330654blog.jpg





P1330657blog.jpg








とてもシンプルに見えて

こんなお洋服 探してもなかなか見つからない!!という

アイテムかと思います♡






今から70年以上も前のお洋服が

シミやダメージも一切なく こんなに綺麗なコンディションで残っているなんて

本当に奇跡的なことです

気になられた方はぜひっ








shima








London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓
スポンサーサイト





みなさま こんにちは




London Art Factoryです





本日はいきなりですが

冬の防寒のために着たいニットと言えば《カシミア》

さらに世界でもニット製法でトップクラスに君臨している《スコットランド製》の

素晴らしい上質さについて

少しお話したいと思います♬










P1330603.jpg







cashmere-goat.jpg








寒暖さの激しい環境で育ったカシミアやぎの毛は

通常のウールよりもとても繊維が細く密度が高いため

暖かい空気を溜め込むことができ とても保温効果に優れています。

そして「繊維の宝石」と言われているほど

独特の光沢を持った見た目の上品さと

素肌の上から着られるほど 滑らかで心地の良い手触りをしています。





冬の暖かくて気持ちいい素材と言えば?と聞けば

1番に「カシミア」と答える方も多い

この季節には必ず重宝される素材ですね。








P1330605blog.jpg





P1330610blog.jpg







しかし一言で《カシミア》と言っても

生産国などによって そのクオリティは様々で

近年では安くカシミアニットを手に入れやすくはなっていますが

やはり処理などの仕方によって すぐに毛玉が出来てしまったりして

1シーズンで駄目になってしまった…などという事がほとんどかと思います。






そんな中世界で1番と言っても良いほど

上質なのがやはりスコットランド製の《カシミア》ニットです



あのココ・シャネルのトレードマークの1つでもある

ツイードやカシミアニットでも スコットランド製のウールを使用することに

強くこだわりを持っていたと言われているほど

一流ブランドからも認められており

丈夫で毛玉も出来にくく 何年にも渡り愛用することが出来ます。








P1330623blog.jpg




P1330613blog.jpg






ふわふわの触り心地・生地量の違いなどは

1度袖を通して頂くと品質の良さを体感し 納得して頂けるかと思います♬







【Pringle】

200年もの歴史を誇る イギリス王室も御用達ブランドとして認定している

超・老舗ニットメーカー。

その品質の高さからハリウッドスターなどにも顧客を持ち

ニットの最高峰としてpringleのニットは1枚10万円ほどの価値が付けられています。






【Barrie】

1903年に"カシミアの里"と呼ばれている スコットランド・ホーイック地方で設立された

スコットランドの老舗ブランド。

四半世紀以上にわたり〈CHANEL〉を象徴するアイテムのひとつである

バイカラーのカーディガンをはじめとした、カシミヤのニットウェアの製造を手がけ

世界的に「高品質」であることが知れ渡っています。












この高級ニットメーカーのニットを手がけたのも やっぱりスコットランド♬








P1330608bog.jpg







本物を求める良い物がお好きな方にも

きっと大満足頂ける極上ニットです♬






長く大切に…愛着を持って着てください

気になられた方はぜひっ









shima




London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓





みなさま こんにちは




London Art Factoryです




そして今日成人式を迎えられた二十歳のみなさま

おめでとうございます

うちに来て下さっているお客さまの中でも

「もうすぐ成人式なんです」という可愛らしい方達が何人かいらっしゃって

今頃素敵な日を過ごされているかなと思うと とても微笑ましい気持ちになります






さて では 

本日は昨日に引き続き

只今店内で開催中のSALEアイテムより

わたし個人的にも大好きなこちらのアイテムをご紹介したいと思います!!











P1330534blog.jpg


P1330529blog.jpg

RUSSIA c.1960s Army belt










バングルの☆のマークが特徴的なこちらのベルトは

ロシア軍におよそ1960年代頃に着用されていたと思われる1点です。






ソ連軍時代から使用されており

第二次世界大戦中にも用いられていた真鍮製の装備ベルトで

鎌を槌の上に重ねることで

農民と労働者の団結を表した共産党のシンボルを

五芒星の上に配置したソビエト連邦軍のマークが特徴的です。








P1330520blog.jpg




P1330540blog.jpg



P1330541blog.jpg







国から支給されるものだっただけあって

リアルレザーとキャンバス地を縫い合わせ

とても丈夫に作られています。







ジャケットの上からぎゅっと締めたり

パンツ用のベルトとしても使えるように

サイズ調整が簡単に出来るように作られているので

どなたにでもサイズフリーで着用して頂く事が可能です。










P1330522blog.jpg








今のものにはないvintageとしての重厚な風格

一目見ただけで分かるほどの存在感をたっぷりと持った1点です!!






店頭では 男性に食いついてもらうことの方が多いベルトなのですが 笑

あえて女性にこんな無骨なベルトを

ワンポイントとしてかっこ良く付けて頂きたいです








P1330546blog.jpg





P1330547blog.jpg






こんなカッコいいスタイルのお姉さんが居たら

ただ者ではないな!!と とても興味が湧いてしまうと思います…♡













image4blogbelt.jpg





貴重なvintageアイテムが

只今 たくさんSALE対象品となっていますので

ぜひこの機会をお見逃しなく







shima



London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓




みなさま こんにちは




London Art Factoryです






この間 私事ながら

家の近所に住んでいる ずっと気になっていたワンちゃんと接触することに成功しました!!笑

ロシアのボルゾイという犬種だそうで

大型ながらも細身のスタイル抜群の体型に

さらっとした綺麗な毛並みをしていて

散歩中などにすれ違う度「触ってみたい」と思っていたのですが

このあいだ ひょんな事から飼い主さんとお話できる機会があり

たくさん撫でさせてもらいました





これから少しずつ距離を縮めて 仲良くなりたいと

たくらんでいます…笑






さて そんな私の話はこの辺にして…♬!!













image3blogscarf.jpg






只今店内では新年SALEということで

winter SALEやベルト10%off スカーフ15%offなど

お得にお買い物して頂けるものが豊富です!!






その中でも今まであまりスカーフのSALEってしたことが無かったので

今日は無地のシルク100%スカーフたちを揃えてみました









P1330560bog.jpg







自分でもスカーフが欲しいと思って探したとき

柄のものばかり見ることが多くて

無地の100%シルクスカーフって意外と出逢う機会が少ないなと思ったのですが

シンプルに何にでも合わせやすく

高級感まであって とても使いやすいアイテムなので

ぜひおすすめしたいです♡♡♡










P1330600blog.jpg






柄シャツなどとの相性もとても良いです◎





みなさんはどのお色がお好みでしょうか??










P1330568blog.jpg

ENGLAND silk 100% scarf (pink)











P1330571blog.jpg

ENGLAND silk 100% scarf(green)










P1330589blog.jpg

ENGLAND silk 100% scarf(white)











P1330579blog.jpg

ENGLAND silk 100% scarf(yellow)










P1330587blog.jpg

ENGLAND silk 100% scarf(light blue)










「シルク」というと

天然素材の中でも最も肌に優しく

優雅な光沢を持った見た目の高級感に加え

美と健康にとても優れた素材と言われています。




蚕の繭から作られたシルクは タンパク質で出来ており

お肌の成分に近い約20種の

アミノ酸が数百~数千も結合した純粋なタンパク質繊維で

繊維素材としてだけではなく ひとの皮膚や健康にもよい多くの機能を持ち合わせています。









P1330594blog.jpg






そのシルクに傷が付いてしまわないように

良いスカーフは 周りが丁寧に手縫いで処理されています。

ポリエステルなどの合成繊維のものはミシンで 一気に縫われていることがほとんどですが

こうしたちょっとした部分にも一手間をかけ

大切に作られたものだと分かると より愛着も湧いてきます










P1330601blog.jpg







シンプルだけど 人と違うもの・そして良い物が好きという

大人の女性に ぜひ遊び心を持って付けて頂きたいです♡











明日は同じく開催中のベルトSALEの中から

お気に入りの1点をご紹介したいと思っていますので

そちらもお楽しみに♬









shima




London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓






みなさま こんにちは



London Art Factoryです♪







今日は入荷したてほやほやな

暖かい極上のこちらのニットをご紹介したいと思います!!











P1330500blog.jpg




P1330484blog.jpg




P1330481bog.jpg

ENGLAND c.1960s wool100% hand-knited










手編みニットの代名詞とも言えるアランニット。

毎年 流行に捕われることなく

冬のとっておきのアイテムとして人気が高く

うちに来て下さるお客様の中でも ファンだという方が多いです










そもそもイギリスやフランスなどで漁師さん達の防寒着として着られていた

フィッシャーマンセーター。



その中でも6世紀頃から

アイルランド島の西にあるアラン諸島で編み続けられて来たのがこのアランニットで

漁に出る夫や息子の無事と豊漁を願う女性たちの祈りの意味が

独特の編み模様に込められて来たそうです。




模様の組み合わせや家々の編み手によって

家紋のような役割もあるそうで

今でも母から娘へと伝承されつづけている伝統的な編み物です。










P1330492blog.jpg






こちらはその中でも

およそ1960年代頃に ウール100%のみで編まれた極上の1枚。





見た目のファッション性の高さから

模造された ポリエステルmixな物も多く出回っていますが

こちらは上質なウールのみを丁寧に編み込んで作られたものなので

1番上に着るアウターとしてもおすすめ出来るほど暖かいうえに

毛玉も出来にくく 上質な仕立てが素晴らしいです◎



(ポリmixのものは 毛玉が出来やすく

すぐモケモケになってしまう事が多いです)








P1330488blog.jpg






そしてこの見事な編み模様!!




アランニットは海にまつわるものをモチーフにしたりなど

様々な模様で構成されていて


網(ダイヤモンド)…漁に使う網の目を表した編み模様。
富と成功、そしてその形通り宝物を示します。


縄(ケーブル)…漁師たちが使う、縄や命綱を表します。
その象徴から大漁や安全を示すと言われており、また交差する縄の模様は、結婚や子孫の繁栄を意味するとも。

蜂の巣(ハニカム)…そのまま蜂の巣を意味するとも、漁網を広げた姿を意味するとも言われています。
前者は蜂が象徴する子孫繁栄や仕事への報酬、後者はダイヤモンドと同様に富と報酬を意味します。

ノット…木苺やブラックベリーの実を表します。
アイルランドに古くからつたわる三位一体(キリスト教の原理で、父なる神、子なる神、聖霊はすべて神の現れで、元来ひつつのものであるという説)を示します。




など意味も様々。






こちらはダイヤモンドとノットの組み合わせですかね?

ぎっしりと目の詰まった編み目が贅沢で

相当な量の羊毛が使用されているかと思います










P1330511blog.jpg



P1330508blog.jpg




P1330512blog.jpg






およそ60年〜50年も前に編まれたものとは思えないほど

真っ白なウールは汚れやダメージも無く

とても綺麗なコンディションで残っています









また日本人の女の子がこんなにジャストで着られる

小さめのサイズもなかなか探せませんので

気になられた方はぜひ 店頭で実物をご覧ください

お待ちしておりますっ








shima




London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓





みなさま こんにちは




London Art Factoryです





最近私事ながら すこし前から気になっていた

編み物を練習し始めました。

とても不器用過ぎて 最初は全然手が言う事を聞かなかったのですが 笑

どんどん慣れてくるうちに楽しくなって来て

気がつけば3時間も経っていた!!ということがよくあります




と言っても 超・初心者なので

これから猛特訓が必要なのですが…

もしお詳しい方が居たら ぜひ教えてください






さて そんな私のマイブームの話は置いておいて

本日は入荷したばかりの こちらをご紹介したいと思います!!










P1330441blbog.jpg

ENGLAND hand knited





P1330452blog.jpg


P1330456blog.jpg
(back)







鮮やかなパープルカラー1色がとても目を惹く

イギリス製の手編みセーターです!!




このお色、日本の紫よりも もっと鮮明で深みがあり

(日本ではもっと渋かったり 淡いものが多い気がします)

意外と見かけないお色ではないでしょうか??♡










P1330450blog.jpg







すべて手編みで編まれているため

機械には出せない 独特のふわふわとした柔らかい手触りで

1度触ると やみつきになるような中毒性があります





しっかり目が詰まっていて

保温性と丈夫さに優れており この季節に安心して着て頂けます。

それでいて 柔らかくとても軽いので

着たときに肩などにストレスをかけることなく

女性の体に優しい着心地が嬉しいです








P1330446blog.jpg








また程よく開いた丸首が

圧迫感なくスッキリ着られる事と

ラグラン編みされているので

すとんとフラットにニット素材が肩に馴染んで

ごわごわ してしまう事なく 女性らしいシルエットで

ゆるく可愛く着て頂けます♡





きっと口で説明するよりも 実際にご試着してみて頂くと

この調度いい サイズ感・ゆるさ・シルエットに

納得して頂けるのではないかと思います









P1330474blog.jpg




P1330462blog.jpg






やっぱりスコットランドとイギリスのニット製法の技術は

世界で1番2番と言っても良いくらい素晴らしいものばかりなので

冬の贅沢&お洒落として

自信を持っておすすめしたいアイテムです!!






気になられた方はぜひっ







shima



London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓





みなさま こんにちは




London Art Factoryです







このあいだ私事ながら 親戚の子供達に会って来ました♡

普段なかなか会うことが出来ないので

会う度に毎回リセットされて人見知りされるのですが 笑

いつも2時間も一緒に居れば 膝のうえに座ってきてくれたりするので

とてもとっても癒された 幸せ空間でした!!





子供達の発言って 聞いているだけで面白いですよね◎





さて そんなほんわかした気分でお送りしています本日は

こちらのアイテムをご紹介したいと思います!!











P1330405blog.jpg


P1330429bog.jpg


imgres.png







P1330404blog.jpg

ITALY "JIMMY CHOO" boots











世界中の女性・セレブ達から愛されている"JIMMY CHOO"。

あの映画【sex and the city】の中で

大の靴好きであるキャリーが言った

「I lost my choo【私のチュウを無くしたわ】」という台詞で

一層 憧れを持った女性は多いのではないでしょうか??








JIMMY CHOO ジミーチュウ






1996年にジミー・チュウが英国版「VOGUE」の編集者 タマラ・メロンと協力し

自身の名前を冠して設立されたラグジュアリーブランドです。





シューズを中心に展開しており、官能的な感性と遊び心のあるものを提案する

そのグラマラスなフォルムが人気の理由と もうひとつ

奇跡のフィット感と言われるほど 機能面を重視した履き心地が絶賛されています。








P1330408blog.jpg




P1330413blog.jpg



P1330414blog.jpg






"JIMMY CHOO"自体はイギリスのブランドですが

こちらは靴の本場 イタリアで作られた1足です。







ブランドコンセプトらしい遊び心と上質さを兼ね備えた

見事な曲線美とディテール

本物のBornで留められた足首のベルトのデザイン

そしてマットな質感のリアルレザーは

女性らしさ・高級感・クールなかっこ良さ すべてが詰め込まれたような

洗練された見事な雰囲気をまとっています。






フラットなのに履いたとき

バランスのとても取れた綺麗なシルエットは

11歳から靴作りを行っていたという

JIMMY CHOOの靴作りにかける強いこだわりがあってこそですね









P1330436blog.jpg






他にも あのダイアナ元皇太子妃が愛用していたことでも有名ですね◎!!








同じ女性として やっぱり憧れずにはいられません!!

状態もとても綺麗に残っていますので

気になられた方はぜひ 店頭にてご試着してみてください♪





※ちなみに只今行っていますwinter saleの対象品です!20%off!!

このチャンスをお見逃し無く♡








shima




London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓





みなさま こんにちは



London Art Factoryです







_DSC3672blog.jpg









本日は昨年の12月からスタートした

London Art Factory ウエディングコレクションより

こちらの貴重なantique dressのご紹介です。














P1260151blog.jpg





P1260145blogwedding.jpg


ENGLAND antique wedding dress












P1260149blog.jpg




P1260150blog.jpg









女性らしさをさらに際立てる繊細な

アンティークレースにアンティークコットン。







100年以上もの時を経たとは思えないほど

透き通った透明感を持ち

華奢なか弱さを感じさせながらも どこか落ち着いた迫力満点の存在感

一生に一度の晴れ舞台に立つ

その日誰よりも美しくある花嫁さんに花を添えるのに

申し分のない見事なアンティークドレスです。









余計な飾りなど無くても成立してしまう圧巻のオーラに加え

ダメージや汚れの無い唯一無二の特別感

イギリスでも滅多に見ることの出来ない希少なantique品ですので

気になられた方は ぜひ店頭で実物をご覧ください。







P1260152blog.jpg



















【およそ1920〜1970年代にイギリスで着用されていたであろう白いドレス達…

ホワイトウエディングと言えば少なからず誰もが憧れを持つ

一生に一度のイベントですね。(時には2度 3度w)

最近では何百万もの予算を費やして豪華な挙式を上げる方もいれば

もう少し手造り感のあるシンプルでいて印象に残るような

オリジナルのウエディングプランをされる方が増えているような気もします。





そんな中 「なかなか気に入ったドレスが見つからない」…というお声をよく耳にします。

チープには見えたくないけれど ウン十万でレンタルするのもどうなのかと…。







白いvintage&antiqueドレスはもちろん1点物であり

ユニークであり自分らしいWeddingを考えていらっしゃる方や

2次会パーティ等にはピッタリではないかと思います。









時代を越えて色褪せることの無い魅力を持ったvintage&antiqueですので

大切に保管して次の世代に引き継ぐのも素敵ではないでしょうか…♡




数に限りはありますが

ご興味のある方は ぜひ店頭まで

もしくはお気軽にお問い合わせください。





London Art Factory  白いドレス部 yukiより】








P1320151blog.jpg







address// 京都市中京区御幸町四条上ル大日町414-1

tel// 075-634-3329

mail// londonartfactory@arrow.ocn.ne.jp











shima





London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓





みなさま こんにちは


London Art Factoryです





今日から仕事始めという方が多いのでしょうか??

私もやっとお正月ボケが取れてきて

日常の感覚を取り戻しつつあります。




この1年も お互い頑張りましょう♪







さて では本日は

前々から魅力を語って来てはいるのですが

あえてこの冬!!に 改めておすすめしたい

こちらのアイテムのご紹介をしたいと思います












P1330399blog.jpg




P1330342blog.jpg




P1330349blog.jpg







およそ1970年代頃までのコットン

オールドコットン100%素材で仕立てられた vintageドレス達。








よくお客様とお話をしていると

「冬のワンピースを探しています」という話題になります。

冬のワンピースと言えば ニットワンピースなどをイメージされることが多いように思うのですが

実はこのオールドコットンは

夏はもちろんながら 冬に着てもとても素敵な素材です









P1330365blog.jpg








今のコットンと比べると 遥かに糸1本1本がしっかりしており

密度が高くハリのあるオールドコットンは

1枚でも全く透けずに とても美しく生地全体が広がります。







この迫力は

今の物には生み出せないvintageならではの存在感と高級感を兼ね備えているので

冬の重厚感のあるニットやウール・レザーなどに合わせても

まったく着負けすることなく

むしろ季節感がmixされた 異素材なバランスがとても可愛くなります♡









P1330377blog.jpg


P1330382blog.jpg








P1330370blog.jpg


P1330367blog.jpg








P1330384blog.jpg


P1330392blog.jpg








合わせるものによって雰囲気も

色々変えられると思うので着回しも自由自在です






冬は冬らしいもので…と

固定概念に捕われすぎると とても重苦しいコーディネートばかりになってしまうと思うので

こういった軽く色味の綺麗なアイテムを一つプラスし

華やかに コーディネートの幅を広げて頂けたらと思います









P1330356blog.jpg




P1330359blog.jpg







1年中重宝する

自分だけのとっておきのvintageドレス いかがでしょうか??♡

気になられた方はぜひっ









shima



London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓





みなさま こんにちは




London Art Factoryです








最近 編み物でも始めたいな〜と考えています。shimaです!!

寒過ぎてなかなかお休みの日は家に引きこもってしまいがちなので

せめてコタツの中でも出来る 新しい趣味がないかなと考えています 笑

発想がぐーたらな考えでお恥ずかしいのですが

今年の冬のあいだに ヘアバンド編みにでも挑戦したいと思います!!







さて では本日は

私の前置きとは全然関係ありませんが 笑

こちらのアイテムをご紹介したいと思います











P1330330blog.jpg


P1330317blog.jpg

ITALY "PIAZZA SEMPIONE" pants





P1330306blog.jpg






すとんと腰位置から綺麗にまっすぐ落ちるシルエットが美しいパンツです。





黒のパンツって これ!!というのを1本持っているととても重宝しますが

自分の体型に合い さらにスタイルが綺麗に見えるものを探すのって

意外ととても難しいです。。。






こちらは

着心地の良さ・研究し尽くした上質な素材・オーダー的クチュール感など

クラス感が実感できるコレクションを創り続けている

イタリアブランド「PIAZZA SEMPIONE(ピアッツァ センピオーネ)」の1本。





見事な曲線美に 生地から漂う高級感

ラグジュアリーな雰囲気を感じさせながらも

スタイリッシュにラフに履くことの出来る

軽やかな履き心地が魅力です









P1330323blog.jpg





P1330324blog.jpg







後ろから見たときのヒップラインもとても綺麗です◎



体に美しくフィットしながらも

決して窮屈にならない心地良いラフさ

イタリアメイドならではの洗練された シルエットの美しさを見ることが出来ます








P1330339blog.jpg







ミラノコレクションで現在も活躍し続けている

「PIAZZA SEMPIONE」のお洋服は

なかなか普段手が出せない高級服ですが……

こうしてお得に掘り出せるのも古着屋・vintage shopの楽しみ方の1つかと思います♪







普段はもちろん、お仕事着としても着て頂けるような

上品さをもった1本ですので

気になられた方はぜひ店頭でご試着してみて下さい

お待ちしております。








P1330313blog.jpg









shima






London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓





みなさま こんにちは



London Art Factoryです






さっそく本日は

ブランドものなのにキュートなカジュアルさが可愛い

こちらのアイテムをご紹介したいと思います〜♡










P1330304blog.jpg



P1330299blog.jpg

"MARK BY MARK JACOBS" 《Ms.Mark》bag







P1330288blog.jpg









アメリカ・ニューヨーク育ちのMARK&JACOBS が

セカンドラインとして2001年にスタートさせた

"MARK BY MARK JACOBS"






2016年に本家のMARK&JACOBSと統合するために

ファンに惜しまれながらも

このセカンドラインは終了してしまったため

「MARK BY MARK JACOBS」のロゴは少しずつ希少になって来ています。



「まだ3年前の話か」と思われるかもしれませんが

このタグが付いていたら2001〜2016年の間のものと判断することが出来るため

およそ15年間のあいだしか作られていない幻のレーベルとして

今後 どんどんプレミア感は増していくのではないでしょうか??




なんて考えるとvintage屋としても とてもロマンがあります♡笑










P1330297blog.jpg



P1330295blog.jpg









そしてこちらは"MARK BY MARK JACOBS"のコレクションに沿って登場する

"Ms.Markちゃん"と呼ばれる女の子がプリントされたバッグです♪








MARK&JACOBSファンからはとても人気の高い彼女

もちろんマークジェイコブス自身がデザインし

この遊び心が好き♡という方がとても多いようですが

あまり数が生産されないため海外でもなかなか手にすることが難しく

世界中のMARK&JACOBSファンが探している!!と言われるほど

希少価値の高いコレクタブルアイテムです!!












3453.jpg




コレクション事に表情、ファッションの違う

"Ms.Markちゃん"がとても可愛く

この緩くも個性的でファッショナブルなデザインは

人気が出るのも納得です♡








P1330291blog.jpg







気取り過ぎず カジュアルにブランドものを取入れられる贅沢さ

ファッションを楽しむ大人の女性ならではのお洒落かと思います









もう作られていないデザインですので

この"Ms.Markちゃん"にビビっと来た方は ぜひお見逃し無く!!










shima




London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓




みなさま こんにちは



London Art Factoryです♪






みなさん初詣はどこに行かれましたか??

私は京都の北区にある北野天満宮へ行って来ました!!

年に1度、初詣のときだけ着物を着るというのを ここ数年続けているのですが

正装で神社に行くって なんだか気が引き締まって

いい1年のスタートとなりました

改めまして みなさま今年もよろしくお願い致します








さて では本日のブログは

只今開催中のwinter saleの中から

こんなアイテムも対象品になっています!!というものを揃えてみました♡









P1330227blog.jpg






オーナーのyukiさんがイギリスから買い付けて来て下さった

さまざまなお帽子たち。

本格的な寒さのときには しっかり頭まで防寒して頂きたいのと

個性的なお帽子たちは被るだけでお洒落度がアップしたような

特別感のあるアイテムですので

気になるものをチェックしながら ぜひゆっくりご覧頂きたいです♪













P1330231blog.jpg


P1330233blog.jpg


P1330239blog.jpg



ENGLAND silk hat





¥4860

SALE!!

¥2916(税込み)















P1330247blog.jpg


P1330245blog.jpg


P1330249blog.jpg


P1330253blog.jpg



ENGLAND hunting





¥4860

SALE!!

¥4131(税込み)













P1330273blog.jpg


P1330278blog.jpg


P1330272blog.jpg


P1330281blog.jpg



ENGLAND 100% wool hat




¥21384

SALE!!

¥18176(税込み)
















P1330258blog.jpg


P1330260blog.jpg


P1330255blog.jpg


P1330268blog.jpg


ENGLAND vintage "CHRISTY`S" wildfowl(鳥) hat





¥25704

SALE!!

¥20563(税込み)












リーズナブルなものから

イギリスの老舗帽子メーカーや ウール100%を使用した上質なものまで

幅広くSALE対象となっております




今まであまりお帽子を被ったことがない…という方も

コレを機に挑戦してみてはいかがでしょうか??








chapeaux-de-paris-.jpg



3b895dce83ab1a0f74ca60c26930344c.jpg





気になられた方はぜひっ







shima



London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓






みなさま こんにちは




London Art Factoryです






新年 第一段のご紹介

スペシャルなこちらのドレスをご紹介したいと思います!!









P1330157blog.jpg


P1330149blog.jpg

ENGLAND "Jean Varon" c.1960〜1970s dress





P1330138blog.jpg


P1330142blog.jpg






"スウィンギングロンドン"と呼ばれるロンドンの黄金期1960〜1970年代。

マリークワントと共にモダニズム・デザインを索引したデザイナー John Batesが手がけたブランド

《Jean Varon 》ジーンバロン

映画にも"Jean Varon"のお洋服が登場するなど

当時のファッションアイコンである女優達が身にまとっていたことから

今でもvintageファンの強い憧れです。








images-2_201801121343173af.jpg
(John Bates本人)






454b0719c2aa40de9b7dc7fad1433f9a.jpg


1960s_John_Bates_for_Jean_Varon_mindresses.jpg






John Batesが1980年代にデザイナーを辞めたタイミングで

ブランド自体も無くなってしまっているので

生産されていた時期の短さと

素晴らしいテキスタイルで 伝説的に今でも語り継がれており

ネットのオークションなどでも”Jean Varon"のドレスは十万単位で扱われているほど

コレクタブルで貴重です。







2006年の8月には

英国バースのファッション博物館で大々的な回顧展が行われ

当時のトレンドセッターであったJohn Batesが手がけたお洋服の魅力がたっぷり紹介されました。

Marit Allenが着用した1966年の蛍光緑色マイクロミニを含むドレスなども展示されたそうです。











P1330151lblohg.jpg



P1330156blog.jpg



P1330167blog.jpg





こんなアイテムを実際に目にすることが出来るのは

ロンドン買い付けならではの強みでもありますが

実際 ロンドンでもこんなお宝は滅多に出てこないそうです







人の動きとファブリックの動きを計算した

美しくバランスの取れたシルエットが 本当に見事で

お袖に持たせた十分なボリュームや

薄く艶のあるファブリックの着用時の落ち感など

今見てもウットリするような洗練されたデザインが素敵すぎます!!










P1330176blog.jpg



P1330161blog.jpg
(Lightning zip)







ベルト・ベルトループ・袖のボタン・生地・zip

至るところを見ても完璧な状態で残っており

まるで当時の1960〜1970年代からタイムスリップして来たかのようなドレスです。







ブランドが現在残っていないというのが とても残念ですが

だからこそ その短さに夢を見て一層憧れが強くなります。

まるで同じ年代に活躍していた"BIBA"と同じですね









P1330173blog.jpg






ミュージアム級のドレス。

二度と見つけることの出来ない1枚ですので

気になられた方・コレクターさん・1960年代に強い憧れを持っている方は

ぜひ店頭で実物をご覧ください♪


お待ちしております。










shima




London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓





みなさま

あけましておめでとうございます







image2blog2019.jpg








2019年 平成最後のお正月ですね

今年もファッションを楽しむ女性のために

新たな提案とドキドキをお届け出来れば良いなと思います

ファッションが自分を表現できる1つの武器として

純粋に楽しめるものであって欲しいと願います






さて 新年がスタートしたので

London Art Factoryでもお正月企画として

開催中のwinter SALE 店内10〜最大40%off!!にプラスして

店内のベルト 全品10%off & 店内スカーフ全品15%off SALEも行なうことになりました〜

(クレジットカードをご利用の場合はー5%offとなります。)








image3blogscarf.jpg





image4blogbelt.jpg








今年はちょっぴり大盤振る舞いなLonFacのお正月です






今年もよろしくお願い致します








London Art Factory


London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓




みなさま こんにちは



London Art Factoryです





今年も残すところあと2日。。

London Art Factoryの今年の営業も本日でラストです

2018年も様々なお客様が来て下さり

こちらの方がたくさん刺激を貰ったりして

とても幸せな1年となりました

ありがとうございます




===========



★年末年始の営業時間のお知らせ☆




12月30日(sun)12:00〜20:00

12月31日(mon)close

1月1日(tue)close

1月2日(wed)close

1月3日(thu)12:00〜20:00

※1月3日から通常営業致します。


=========






2018年最後のブログ 何にしようかなぁ?と

とても悩んだのですが

入荷したばかりのこちらがとても可愛かった+見ていると幸せな気持ちになれたので

この子たちをご紹介したいと思います!!













P1330183blog.jpg





P1330185blog.jpg



P1330188blog.jpg





すべてハンドメイドで作られたというアートフラワー達






布を切って染色するところから手作りで行われており

1点1点とても手の込んだ

愛情深いオリジナリティのあるお花が素敵です♡










P1330210blog.jpg

P1330214blog.jpg








P1330192blog.jpg

P1330193blog.jpg









P1330225blog.jpg

P1330222blog.jpg






それぞれにモチーフのお花に合わせた

生地使いと色の載せ方

ハンドメイドだからこそ感じることのできる

唯一無二の愛らしさがあり

ただの造花とは違うアート性の高いvintageのような味わいも感じられます。










P1330203blog.jpg



P1330201blog.jpg





生花のように枯れてしまうことがないので

お家に飾るインテリアとしてもとてもおすすめです♪






どれも茎の部分にワイヤーが入れてあるため

形を変化自在にかえることができ

簡易に自作でお好みの花かんむりや腕輪を作ることも出来ます








P1270890blog.jpg







自分で作るのが苦手…という方は

¥5000+tax〜 お好きな組み合わせでアンティークリボンを付けて

お作りさせて頂く事も可能ですので

お気軽にご相談ください






ちなみに単体では¥1500+tax〜という

とても優しい価格帯で販売しております

気になられた方は ぜひ











それではみなさま2018年本当にありがとうございました!!

良いお年を









shima



London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓















P1270874blog.jpg












12月から 何年もかけて集めた

antique & vintage wedding dressのコレクションを

店内に展示&販売しております。







image1weddingblog.jpg


P1320143blog.jpg






ホワイトウエディングと言えば

誰もが必ず憧れを頂く一生に一度の大イベントです。

結婚式に純白のドレスを着るということが今では主流になっていますが

これはヴィクトリア女王が1840年にアルバート公との結婚式に

当時はとても珍しかった白のウエディングドレスを採用したことから

大きく広まったとされています。







220px-Wedding_of_Queen_Victoria_and_Prince_Albert.jpg




なので純白のウエディングドレスは

イギリスの歴史とも深い繋がりがあり

イギリスantiqueのホワイトウエディングドレスは

とても特別感のあるものです。






本日は店頭に並んでいるwedding dressコレクションの中でも

よりすぐりの極上の1枚をどうぞ。









P1260492blog.jpg






P1260493blog.jpg





P1260494blog.jpg



P1260495blog.jpg



P1270876blog.jpg




P1270879blog.jpg



ENGLAND antique(c.1920〜1930s)wedding dress











最近では何百万もの予算を費やして豪華な挙式を上げる方もいれば

もう少し手造り感のあるシンプルでいて印象に残るような

オリジナルのウエディングプランをされる方が増えているような気もします。





そんな中 「なかなか気に入ったドレスが見つからない」…というお声をよく耳にします。

チープには見えたくないけれど ウン十万でレンタルするのもどうなのかと…。







vintage&antiqueのwedding dressは

唯一無二の1点物であるからこそ

オリジナリティがあるうえに ユニーク性も高く

一生の思い出に深く残るものになるのではないでしょうか。










70sablogwedding.jpg










ここまでコンディションの良いものは

イギリスにもほとんど残っていませんので

結婚式の予定を控えていらっしゃる方・コレクションとしてお持ちになりたい方は

ぜひお気軽にご連絡、または店頭へと足をお運びください。







Address //京都市中京区御幸町四条上ル大日町414

Tel //075-634-3329

mail //londonartfactory@arrow.ocn.ne.jp

London Art Factory 白いドレス部 yuki

















shima










London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓




みなさま こんにちは



London Art Factoryです





1年に1度とかいう大寒波がついにやって来ましたね!!

いよいよ本格的に冬がやって来たという感じで

京都では昨日の夜から初雪が降り始めました





冬の空気の澄み切った感じはとても好きですが

この京都の底冷えには 何年経ってもなれません 笑




みなさまも暖かい格好でお出かけして下さいね♪




では 本日はこちらのアイテムのご紹介です♡










image1blogscarf.jpg






ずらっと店内に並んだシルクスカーフたち。

ヨーロッパシルクの滑らかな光沢・高級感が素敵な1枚ばかりなのですが

中にはブランドもののスカーフもたくさん紛れているので

そのブランドの説明と共に 1枚ずつご紹介して行けたらと思います。








どのプリントにも個性があって

見ているだけでも華やかで楽しくなるアイテムですので

ぜひゆっくりご覧ください♪










P1330034blog.jpg


P1330043blog.jpg


P1330039blog.jpg


P1330046blog.jpg



Jacqmar



1932年に Joseph Lyonsが妻のMary Lyonsと共に創業。

パリやロンドンのオートクチュール向けのシルクのサプライヤーとしてスタートし

30年代の半ば頃から 余り布を使ってスカーフの制作を開始したところ

多くの女性からの支持を受け人気を得ました。

1938年に創設者のJoseph Lyonsは亡くなっていますが

その後も息子のRichard Allanに受け継がれ およそ1990年代頃まで

スカーフの制作が行われていました。

各国のコレクターから愛されているスカーフブランドです!!














P1330064blog.jpg


P1330073blog.jpg


P1330076blog.jpg


P1330067bog.jpg



GEOFFREY BEENE





1963年にアメリカで設立したファッションブランドですが

こちらはフランスで作られた1枚です。

クラシカルなオートクチュールスタイルのレディースウェアを軸に展開し

1976年にはアメリカ人デザイナーとして初めて

イタリア・ミラノでコレクションを発表しました。

silk 100%。












P1330048blog.jpg



P1330062blog.jpg



P1330057lobg.jpg



JAEGER LONDON





1884年にルイス・トマリンによってロンドンで創業したブランド。

生物学者のイエガー博士の著書に感銘を受けたのがきっかけで

毛織物店としてスタートしました。

(イエガー博士はウールなど動物の毛を用いた服はより健康に良いと主張していた)

洗う事の出来る合成繊維の開発を成功させるなど どんどん展開を行ない

ウール、カシミヤ、アンゴラ、シルクなど

品質の高い糸と天然繊維を使用したスタイリッシュで洗練されたファッションが支持を得て

今でもとても人気の高い一流ブランドです。

silk 100%。













P1330077blog.jpg


P1330081blog.jpg


P1330083blog.jpg




Valentino






1959年にヴァレンティノ・ガラヴァーニがイタリアのローマでデザイン活動をはじめ

1960年にブランド"VALENTINO"をスタート。

イタリアを代表するラグジュアリーブランドとして

オートクチュール、プレタポルテなど 幅広く展開しています。

良質な素材から作り出される洗練されたエレガンスさは

シンプルな中にも優雅さと華やかさ、そして醸し出される気品を存分に感じとることができ

世界中のセレブのみならず ファッションへの感心が高い一般層からも

とても人気のあるブランドです。

silk 100%。









P1330086blog.jpg


P1330089blog.jpg


P1330093blog.jpg



Viyella




1784年創業のイギリスの老舗ブランド。


ウィリアムホリンズ社の ジェームズ・シソンズとロバート・シソンズが

ウール(羊毛)とコットン(綿)で混紡素材をつくり、綾織りにし

その生地にViyellaというブランド名を付けて商標登録を行いました。

生地自体にブランド名が付いたのは世界初で

日本でも「ビエラ生地」と呼ばれ 親しまれています。

現在では生地の販売はしていないそうでうですが

お洋服などシックで上品"大人綺麗"なスタイルが展開されています。

silk 100%。













P1330099blog.jpg


P1330105blog.jpg


P1330108blog.jpg


P1330111blog.jpg





Hardy Amies



イギリスを代表するテーラー・およびクチュールブランドで

老舗テーラーが軒を並べるロンドンにおけるオーダーメイド紳士服の聖地

サヴィル・ロウに本店を構えています。1945年創業。

「過去への尊敬、未来への展望」をブランドコンセプトに

1955年には名誉のあるロイヤルワラントを授与するなど

エリザベス女王にもとても愛用された

確かな品質が保証されている 老舗ブランドの1点です。

silk 100%。1960年代製。












P1330114blog.jpg


P1330119blog.jpg


P1330123blog.jpg




ECHO



1923年にニューヨークで設立した

世界で初めてスカーフにプリント加工を施したことで有名なブランドです。

現在ではファッションアクセサリーからハンドバッグ・ビーチウェア・さらにインテリアにまで至り

幅広いコレクションを展開し

大切に守られてきた品質・職人技・そして品格という時を超えて

なお色褪せることのない価値観が体現されています。

silk 100%。

















いかがでしたでしょうか??♡

他にもご紹介したいブランド・スカーフがたくさんあるのですが

とても長くなってしまいそうなので

今日はこの辺にしておきます






P1330097blog.jpg




良いスカーフは生地(シルク)が痛んでしまわないように

端が手作業でまつられていることがほとんどです。

ささいなことですが 丁寧に縫製されたその手間隙と

ブランドのこだわりを垣間みることが出来て

大切に使おうという気持ちにしてくれます






首に巻いたり・鞄に付けたり・頭に巻いたり

華やかにいろんな用途で活躍してくれるアイテムなので

いくらでも集めたくなりますね

気になられた方はぜひっ







P1330137blog.jpg








★☆★☆★



年末年始の営業時間のお知らせ




2018年12月30日(日)12:00~20:00
 
    12月31日(月)close

2019年1月1日(火) close

    1月2日(水) close

    1月3日(木)12:00~20:00

※1月3日から通常営業となります。







10〜最大40%off winter SALE開催中です

そちらの方もぜひ覗きに来てください♪

お待ちしております。










shima



London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓





みなさま こんにちは


London Art Factoryです







本日はイギリスならではのvintage品!!

こちらをご紹介したいと思います









P1320998log.jpg




P1330021blog.jpg

ENGLAND c1950s school jacket





P1330030blog.jpg







1950年代頃に学生服として着られていたスクールジャケット。



イギリスではvintageスクールジャケットは

コレクターさんなどを中心に希少価値が高い人気の高いアイテムですが

こうして学生服がvintage品として大切に扱われているのは

イギリスならではなんだそうです。




何年も使えるように丈夫に作られる仕立てと素材の良さ

伝統的なイギリステーラードで作られた制服だからこそ

今見てもその良質さ・お洋服としてのクオリティの高さを

感じることのできるアイテムです。









P1330023blog.jpg



P1330027blog.jpg






P1330031blog.jpg







その中でもこの淵にりぼんが付けられたタイプはレアです!!




肩・胸囲・ウエスト そして腕のカーブと

人の体をよく理解して作られており

着たとき 動いたときに

とても馴染みの良い着心地が実感して頂けるかと思います





そしてメルトンウールを圧縮させた

とても柔らかい生地のみで仕立てられているため

1番上に着るアウターとしても活躍してくれるぐらい暖かいです









P1330018blog.jpg







胸元の紋章が学校によって違うのも可愛いです◎

こちらは「T」で始まる

名前の学校だったのでしょうか??




誰の物か分からなくなってしまわないように首元には

生徒さんのものだと思われる名前が刺繍されていたり

このお洋服自身の歴史を感じられる ちょっとしたポイントも

vintage好きとしてはたまらないのではないでしょうか♡♡








P1330003blog.jpg









1回の買い付けで1〜2着見つけられればまだいい方というくらい

イギリスでもここまで古いスクールジャケットは見つけられなくなっています。







色味がついつい暗くなってしまいがちの冬のファッションに

こんなに綺麗なブルーのvintageジャケットはいかがでしょうか??

大人の女性にこそ 品質の良さを感じつつ

遊び心を持って着られるアイテムとしておすすめしたいです

気になられた方はぜひっ









★☆★☆★





只今10〜最大40%offの winter SALEを開催中です

タグに丸いシールが貼られていて

そのお色によって割引価格が異なるという

今までにない大型SALEとなっております

ぜひみなさまのお越しをお待ちしております




shima




London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓





みなさま こんにちは



London Art Factoryです





♬もうーいーくつ寝ーるとー おしょうがつー


ということで今年もあと僅かになって来ました。

自分の中での今年の漢字ってなんだろうな?と考えてみたのですが

公私ともに目的に向かって充実した生活が送れたかなぁという意味で

「向」ですかね。。




正直2018年の前半のことは

あまり覚えていないというか

今年なのか去年なのか分からなくなっているんですけど●笑







さて そんな年末っぽい話題はこれくらいにして

本日はこちらのアイテムのご紹介です!!









P1320889blog.jpg




P1320901blog.jpg

ENGLAND c.1940s "ハラコ" bag










P1320908blog.jpg







イギリスで1940年代頃に作られた貴重なハンドバッグ。




持ち手部分・淵にはリアルレザーが使われていて

メインのボディ部分は"ハラコ"で作られています。





特有の柔らかい美しい肌触りを持ったハラコは

子午から採れる毛の為 量も少なく

ほとんど市場に出まわらないことから

とても希少な高級素材として取り扱われています。

インパクトのある見た目に艶のある高級感が魅力ですが

出回っていないことでフェイク(ハラコ風に仕上げたもの)がほとんどなので

こうした1940年代に作られた 天然のハラコはとても貴重です









P1320915bkog.jpg



P1320899blog.jpg






そしてこの金具部分の さりげないデザイン性!!

決して派手すぎず 地味すぎず

クールなんだけど どこか個性的で他にはないデザインが

とてもイギリスらしい渋さを感じさせてくれます。






1940年代というと第二次世界大戦の影響を色濃く受けている時代なので

贅沢なものはあまり出回りにくかったそうですが

こうした良質な革・金具などを見ると

当時でも高級品として扱われていたお鞄なのではないでしょうか









P1320903blog.jpg




P1320909blog.jpg









がま口のようにぱかっと大きく開き 物の出し入れがしやすいことと

小さなポケットが2つ付いているので

鍵など無くしてしまいやすいものも しっかり分けて収納でき

見た目の高級感・かっこ良さだけでなく

実用的にも使って頂きやすいお鞄だと思います。






内側にはスエード生地が使われているのですが

破れたりもしておらず 綺麗に残っています









P1320922blog.jpg







普段使いはもちろん

フォーマルなシーンにもお持ち頂けるかと思います♪





さりげなくこうしたvintageアイテムを

コーディネートの中に取入れられる女性ってやっぱり素敵だと思うので

気になられた方はぜひっ









★☆★☆★





只今10〜最大40%offの winter SALEを開催中です

タグに丸いシールが貼られていて

そのお色によって割引価格が異なるという

今までにない大型SALEとなっております

ぜひみなさまのお越しをお待ちしております










shima




London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓




みなさま こんにちは



London Art Factoryです




昨日に引き続きましてメリークリスマス

噂では今週末あたり雪が降るかもなんて言われているみたいですが

残念ながら本日はホワイトクリスマスにはならなさそうですね



みなさんどんなクリスマスを過ごしておられるのでしょうか

うちは家族でしっぽりの予定です…♡





ちなみに期間限定で行っていました

アクセサリー・雑貨・食器類 全品20%off

「今年頑張った自分へのご褒美&お世話になった方達へのプレゼントSALE」は

本日を持って終了とさせて頂きます

たくさんの方がお越し下さって本当にありがとうございました

まだぎりぎり本日は滑り込むことが出来ますので 笑

気になってるアイテムがある!!という方は お急ぎ下さい







では 本日はこちらの商品をご紹介いたします〜♬








P1320931blog.jpg





P1320928blog.jpg






今からおよそ100年前に

フランス・イギリス それぞれで作られた

ホワイトドレスと ホワイトパンツです

白いものほど どうしても汚れが目立ってしまうため

綺麗な状態で残っているものを見つけるのが難しいのですが

こちらは どちらも奇跡のミントコンディションでお店に出すことが出来ました





元々はインナーとして着られていたアイテムですが

天然素材が当たり前・手作りが主流 の時代のものですので

お洋服としてのクオリティが素晴らしく

むしろ今なら主役として着たいと思うほど 

たっぷりの雰囲気を持ったアンティーク品です



ぜひゆっくりご覧ください♬










P1320938bog.jpg

ENGLAND c.1880〜1920s antique drawer dead-stock pants




P1320951blog.jpg
(back)



P1320948blog.jpg



P1320933blog.jpg



P1320945blog.jpg



P1320961blog.jpg






女性のおしりの形に合わせた ふっくらとしたシルエットが可愛い

およそ1880〜1920年代頃のものと思われるドロワーパンツ。

ヴィクトリア女王の時代にイギリスで着られていたインナーパンツですね!!





今ならインナーはウエストゴムなどで簡素的に作られていることが多いでしょうが

普段は見えないアイテムなのに ここまで凝った製法がされているなんて凄いです

アンティークコットンのとても密度が高くハリがあり透き通ったような生地感に

繊細なレース・生地に合わせたコットンのくるみボタン・ウエストのギャザー

どこを見ても美しいです

デッドストック(新中古)品ですので

作られたときのままの真っ白な状態です















P1320991blog.jpg

FRANCE c.1920s dress




P1320965blog.jpg



P1320972blog.jpg



P1320970blog.jpg



P1320994blog.jpg







こちらはフランス製らしい ロマンチックな雰囲気がたまらない

アンティークリネンで作られたワンピースです。

天然素材の中でも特に丈夫で汚れにくいという特性を持ったリネンですが

アンティークリネンは そのさらに上の上を行く程しっかりしていて

白地なのに1枚でも透けないほどハリと厚みがあります●




胸元には「M M」というイニシャルが刺繍されているのですが

当時は女性が結婚してお嫁に行くときに

相手の方の名字をイニシャルで刺繍するという風習があったからだそうです。

言わば、花嫁道具として用意されるものだったみたいですね♡

エピソードまで素敵ですね














いかがでしたでしょうか??

今のお洋服が100年後も残っている確率って

とても少ないと思うので

こうしてここまで残り続けて来たお洋服を作った

当時の人達の技術と費やした時間を考えると とても考え深いものがあります





実物をご覧頂くと納得の存在感かと思いますので

気になられた方はぜひっ







shima



London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓





みなさま こんにちは



London Art Factoryです



メリークリスマス

聖なる本日は………

今から100年以上も前!!

ヴィクトリア時代に着られていた

博物館級のとてもとても貴重な

アンティークの1枚をご紹介したいと思います






P1320782blog.jpg

ENGLAND victorian antique tops




P1320791blog.jpg



P1320798blog.jpg



P1320787blog.jpg








言葉にしなくても見ればお分かり頂けるかと思います

この圧巻のアンティークレースの存在感

繊細で華奢なのに 迫力満点のこのオーラは

今の物には決してつくり出すことの出来ない100年以上もの歴史を物語っています。








imgresvictorian22.jpg


imagesvictorian.jpg
(ヴィクトリア女王)








1837年 わずか18歳で女王になったヴィクトリア女王。

絶対的なイギリスの女王として君臨し続けた64年間は

イギリスが最も繁栄した時代であったと言われています。



もちろん政治的に大きな力を持っていたことは言うまでもありませんが

ヴィクトリア女王と言えば ファッションも

イギリス女性の憧れとして大きな影響を与えました





純白のウエディングドレスを世界に広めたのもヴィクトリア女王であり

イギリスでは産業革命によって資本家がたくさん生まれ

中流階級の人たちが増え

女性達が欲しいものを手にいれやすくなったことで

ヴィクトリア女王が身に付けていた宝石やそのデザインは

ミドル階級の女性たちの間で大流行しました。

今でもその時のジュエリーはヴィクトリアンジュエリーとして

コレクションブックに掲載されているなど 女性の憧れとして輝き続けています





また1861年に最愛の夫であるアルバート公を亡くし

深い悲しみにくれたヴィクトリア女王は 表舞台から姿を消すとともに

25年間ものあいだ黒い服に 黒いジュエリーしか身につけなかったと言われています。



表舞台から姿を消したにもかかわらず

モーニングジュエリー(喪に服すための黒いジュエリー)は

イギリスだけでなくヨーロッパで広く大流行しました。

*ジェットなどが代表的です。









P1320784blogvictoria.jpg




P1320790blog.jpg






女王についてのエピソードは沢山あるので

ついつい説明が長くなってしまいそうですが この辺にしておきます…。笑




そんな時代に作られた当時のオリジナル品なので

本当に博物館に飾られていてもおかしくない とても貴重な1枚です




白×黒のモノトーンな配色に

お袖にビーズが縫い付けられているも

すこしこの時代にしては控えめな装飾…などから

こちらは女王が喪に服し モーニングジュエリーを身に付けたと言われる

25年間のあいだに作られたお洋服じゃないかと思います。





P1320795blog.jpg



P1320794blog.jpg



(繊細なレースに 後ろのホックボタン

レースは手で編まれています。)







P1320802blog.jpg







昔の人って骨格が子供のように小さいので

この時代のお洋服は現代人が着るには小さすぎるものがほとんどなのですが

こちらは着用るすことの出来る珍しいサイズ感です。







とにかく

こうしてこの時代まで残り続け

London Art Factoryに今あるということすべてが

奇跡としか言いようがありません







きっともう見つけられない…お宝アンティークですので

みなさまもしっかり目に焼き付けておいてください!!









shima



London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓





みなさま こんにちは




London Art Factoryです







期間限定でおこなっていた

アクセサリー・雑貨・食器類 全品20%off

「今年頑張った自分へのご褒美&お世話になった方へのプレゼントSALE」

残すところあと3日となりました。




クリスマス当日の25日に終了してしまうのですが…


普段このブログではお洋服のご紹介が多く

雑貨や食器までなかなかご紹介できないことが多いので

せっかくのこのチャンスに今日はしっかり

店内にある食器達をご紹介したいと思います





セットでつい集めたくなるような素敵なもの

ぜひクリスマスディナーを飾るテーブルウェアとしてもおすすめです♡

ゆっくりご覧ください









P1320820blog.jpg



P1320824blog.jpg






Fire-King ピーチラスター




アメリカのアンカーホッキング社の耐熱ガラスブランドFire-King。

その中でも1941年〜86年まで製造された耐熱ミルクガラスが有名で

vintageファンの中でもとても人気の高いアイテムです。

そう簡単には割れない耐久性と バリエーション豊かなデザインは

見ていても楽しく 人気が出るのも頷けます。

その中でもこちらはピーチラスターというシリーズのもので

1965〜1976年頃に製造されていたものです。













P1320836blog.jpg



P1320839blog.jpg


P1320845blog.jpg






MEAKIN ミーキン





1850年に設立された超老舗のイギリスを代表する食器メーカー。

創設者のJames Meakinが1852年に他界した後も

息子2人が継承しモダンなパターンからレトロな絵柄まで

幅広い名品を生み出しました。

1970年代にWEDG WOOD社に買収されており

その長い歴史に幕を閉じましたが

vintageテーブルウェアを代表する存在として今でも愛され続けています。













P1320851blog.jpg




P1320852blog.jpg





JAJ PYLEX コテージローズ





PYLEXとはアメリカのコーニング車が特許元ですが

1921〜1973年のあいだ

イギリスのJames A Jobiling&Co.Ltd.略して"JAJ"が

ライセンス契約を結び 生産販売をしていたJAJ PYLEX。

こちらは"コテージローズ”という1970年からおよそ1年間のあいだしか

製造されなかった とてもコレクタブル性の高いシリーズです。













P1320827blog.jpg



P1320830blog.jpg



P1320834blog.jpg





BAVARIA ババリア





ドイツ製のババリア食器。

ババリアとはバイエルン地方のことで

陶器メーカーが多く集まっていることで有名な地域です。

この地域で作られた食器がブランド化していると言っても良いくらいで

ババリアの食器は鮮明で鮮やかなデザインのものが魅力です。














P1320878blog.jpg



P1320880blog.jpg




P1320881blog.jpg





WEDG WOOD ウエッジウッド






イギリスで1759年に「英国陶工の父」ジョサイア・ウェッジウッドによって

設立されたとても歴史のある食器メーカーです。

ロイヤルドルトン社と並ぶ世界最大級の陶磁器メーカーであり

ファンやコレクターさんも世界的にとても多く

今でも世界をリードするテーブルウェアブランドとして君臨し続けているので

ご存知の方も多いのではないでしょうか。

こちらは1960年代頃に製造された"Royal homes of Britain"の1枚です。














P1320871blog.jpg



P1320873blog.jpg



P1320876blog.jpg





DEVON  デボン




イギリス南西部のデボンシャー村の名前が入った

この地域独特のアイテムです。

日本でいう清水焼や信楽焼のような

地域に伝わる伝統的な焼き物に近い感じです

ハンドメイド感の残る手書きの文字には とても味があり

落ち着き愛着の湧いてくるブルーは とても優しい雰囲気を持っています。












P1320883blog.jpg



P1320885blog.jpg





JAJ PYLEX マッチメーカー




こちらも上記で説明したJAJ PYLEXの耐熱ミルクガラスです。

その中でもこちらはMATCHMAKER(マッチメーカー)という

ブルーとグリーンの線が縦に並んだ人気の高いシリーズで

JAJ PYLEXのシリーズの中でもシンプルなように見えて味のあるデザインが魅力です。

PYLEXのミルクガラスはなんと490度まで耐えることが出来るそうで

少しのことでは割れたりせず

お家でグラタンを作ったりするくらいなら なんて事無い

見た目にも機能面にも優れた食器です!!












いかがでしたでしょうか??♡

普段の生活に少しの刺激と豊かさをくれる

特別感のあるアイテム達です。




残念なことに近年では割れてしまうことで

ぐっと数が減って来てしまっているので

その希少価値もどんどん高くなって来ています

なかなか出逢えることも少なくなっていく一方かと思いますので

お気に入りのものを見つけられた方は ぜひこのチャンスをお見逃し無く♡



バラで販売しているものと setで販売しているものがございますので

お気軽に店頭スタッフまでお尋ねください










shima






London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓





みなさま こんにちは




London Art Factoryです






本日はさっそく

かっこいいこちらのお靴をご紹介したいと思います








P1320773blog.jpg

SPAIN "JOE SANCHE`Z" boots






P1320775blog.jpg





JOE SANCHEZ ジョーサンチェス






P1320784blog.jpg





1973年にスペインの南・エルチェで

サンダルメーカーとして設立された老舗ブランドです。

この地域は 古くから革の生産が盛んで多くのタンナーがあり

スペイン国内はもちろん、イタリアメーカーなどにも使用されているほど

上質な革が作られています。

1988年にJOE SANCHEZブランドでオリジナルのウエスタンブーツの生産を開始し

ヨーロッパを中心とした多くのファッションマーケットに認知され愛されるようになりました。





コンフォータブル・ファッションのバランスをいつも考えて作られた

JOE SANCHEZのブーツです♬







P1320789blog.jpg




P1320780blog.jpg







ぱっと一目で分かるほど 肉厚のある上質な革が

外側・内側に使用されています。

それでいてとても鞣しが綺麗で しなやかな革なので

ウエスタンの無骨なイメージとは違う

上質な履き心地・品の良さを感じることの出来る1足です。





それに加え とても丈夫なので

何年と言わず 十年単位で愛用して頂きたいです







P1320792blog.jpg




P1320786blog.jpg






状態もほぼ使用感を感じないミントコンディションで発見することが出来ました






足のラインも綺麗に見せてくれる

絶妙なヨーロッパメイドのシルエットの美しさは

ぜひ履いて実感して頂きたいです







P1320797blog.jpg






店内10〜最大40%offのwinter sale

お洋服だけでなく こんなスペシャルなお靴も

SALE対象になっているものが沢山ありますので

ぜひ覗いてみてくださいね








shima




London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓





London Art Factoryよりお知らせです










image1xmassalesale.jpg




image1zablogxmassale.jpg






《年末年始の営業時間について》





12月29日(sat)通常営業 12:00〜20:00

   30日(sun) 通常営業 12:00〜20:00

   31日(mon)close


1月日 (tue)close

   日(wed)close

   3日(thu)通常営業 12:00〜20:00







12月31日〜1月2日まではお正月休みとさせて頂きます

宜しくお願い致します。














   
そして ご好評頂いている

《今年頑張った自分へのご褒美&お世話になった方へのプレゼントSALE

アクセサリー・雑貨・食器類 全品20%off SALE

12月25日(tue)で終了することが決まりました




既に沢山の方が観に来て下さってとても嬉しい限りですが

まだ見れていない…悩んでいる…という方は

クリスマスプレゼントとしてもおすすめですので

ぜひこの週末・週明けに覗いてみてください

お待ちしております。



※店内 10〜最大40%off のwinter SALE
12月25日(tue)以降も行っている予定です。









image2xamassale.jpg



image3christmassalea.jpg




image4xmassale.jpg







今年もあと僅かですが 来年に向けて

素敵な1日1日を過ごしましょうね











London Art Factory




London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓




みなさま こんにちは



London Art Factoryです





このあいだのおやすみ 私事ながら

知り合いの絵描きさんの個展を観に行ってきました

私はそんなに芸術肌な方ではありませんが

1つ1つの作品から なんだかパワーを頂いて

とってもやる気になった1日でした!!

(なにをやるのかは全然考えていませんが 笑)






その人の世界観に引き込まれる瞬間って

新しくも 心地良いものですね




さて そんな私の休日話はこの辺にして

本日はこちらのアイテムをご紹介致します!!








P1320712blog.jpg





ご好評頂いています

「今年頑張った自分へのご褒美&お世話になった方へのプレゼントSALE

アクセサリー・雑貨・食器類 全品20%off SALE

ラストスパートに入ってきました!!







SALEの最終がクリスマス前後になるかと思いますので

忙しくて観に来れていない…という方のために

少しでも店内のアクセサリーをご紹介できればと思います♪






今日はその中でも1点もののクラフトが可愛い

vintageイヤリング達の特集です










ENGLAND c.1950〜60s お花モチーフ イヤリング







P1320748bog.jpg





(左上)ENGLAND c.1950s flower earrings

(左下)ENGLAND c.1950〜1960s flower earrings

(右上)ENGLAND c.1960s earrings

(右下)ENGLAND c.1960s earrings













ENGLAND vintage パール イヤリング








P1320758blog.jpg





(左下)ENGLAND c.1950s pearl earrings

(真ん中)ENGLAND c.1980s pearl earrings

(右上)ENGLAND c.1950s pearl earrings













c.1980s vintage ユニーク イヤリング






P1320754blog.jpg




(左上)ENGLAND c.1980s denim earrings

(左下)ITALY c.1980s earrings

(右)ENGLAND c.1980s earrings












ENGLAND c.1950s デザイン イヤリング





P1320760blog.jpg




(左上)ENGLAND c.1950s earrings

(左下)ENGLAND c.1950s earrings

(真ん中)ENGLAND c.1950s earrings

(右上)ENGLAND c.1940〜1950s earrings

(右下)ENGLAND c.1950s silver earrings















いかがでしたでしょうか。






すべてはご紹介出来ていないので

店内にはまだまだ素敵なvintageイヤリング&アクセサリーが

たくさん並んでいます






vintageイヤリングとなると1つ1つの異なるデザインが

魅力なのはもちろんのことながら

裏側にまで真鍮が使われているものや

クラフトがしっかり行き届いたものがほとんどなので

後ろから見られたときも チープにならない

むしろ高級感を持って付けられることが嬉しいです♡







P1320765blog.jpg







私は普段イヤリング派なので 特に思うのですが

クリップ式で 挟んだ時に痛すぎず緩過ぎずなものが

1番落としたりしにくく 心地良く付けていられます。

(実際に買い付ける際、オーナーのyukiさんがすべて身に付けて

強度を確認してから 買って来てくれています








P1320767blog.jpg






お顔まわりに付けるものなので 人からも目立ちやすく

華やかに女性らしさを引き出してくれるアイテムです♪






いくつでも集めたくなっちゃいますね…





自分へのご褒美はもちろん

サイズも気にしなくて良いのでプレゼントにおすすめです

気になられた方はぜひっ










★☆★☆★





同時に店内10〜最大40%offの winter SALEも開催中です。

ぜひ一緒に覗いてみてくださいお待ちしておりますっ










shima





London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓




みなさま こんにちは




London Art Factoryです♬






本日は早速 スペシャルなこちらのドレスを

ご紹介したいと思います!!









P1320696blog.jpg



P1320699blog.jpg



P1320687blog.jpg

ENGLAND c.1960s "swinging London" dress









imgresswingingl.jpgimgres-1swinging.jpg






このブログでも幾度となく説明して来たので

いつもブログを読んで下さっている皆様は とても詳しくなられているかもしれません(笑)





swinging london♪ スウィンギングロンドン






1960年代頃のロンドンを指す言葉で

【ロンドンの黄金期】と言われ

未だに伝説的にこの時代よりもかっこいい時代はない!!と言われているくらい

とても輝かしく 活気に溢れた時代です。




ビートルズやツイッギー・モッズ・サイケデリックアート…など

間違いなく世界のポップカルチャーの中心でした。





同じくこのスウィンギングロンドンで活躍し

必ず名前が上がるブランド"BIBA"のコレクションブックが店頭にあるのですが…







20171208_124351.jpg



20171208_124154.jpg



P1110939blog_2017120814255732b.jpg




20171208_124026.jpg





こんな感じで 似たベロア調のドレスが掲載されています。







《イギリス》ではなく《ロンドン》

しかも《1960年代のロンドン》でしか見られない

とってもコレクタブルなオリジナルドレスで

知れば知るほど 本当に鼻血ものなミュージアム級のドレスです










P1320682blog.jpg




P1320702blog.jpg







身体に沿った 見事なシルエット

洗練されたデザインの高さは

いつの時代に見ても新鮮に「かっこいい!」と思わせられる

研ぎすまされた雰囲気があり

とても大胆なこの後ろ姿ですが生地感や着たときのラインすべてが

絶妙なバランスで計算されているからこそ

品のある女性らしさが感じることが出来ます。









P1320709blog.jpg






vintage好きとしては 実物をこうして拝めているだけでも

とても興奮な1着です♡






女性らしいラインが自然に強調されることで

よりスタイルがよく見えるドレスですので

気になる方は是非ご試着してみてください









★☆★☆☆



只今店内にて

アクセサリー・雑貨・食器類 全品20%off

「今年頑張った自分へのご褒美&お世話になった方へのプレゼントSALE」と

winter SALE 10〜最大40%off SALE!!

同時開催中です

*セール対象以外のアイテムもあります。



お宝を探しにぜひいらしてください♬

お待ちしておりますっ









shima



London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓




みなさま こんにちは



London Art Factoryです







とても寒くなり

京都の冬は底冷えと言われているので

手足など 末端が冷たくなってしまうことが多いと思います。。



女性に冷えは大敵なので

しっかり防寒をしながらも お洒落を楽しんで頂きたい!!ということで

本日はこちらのアイテムをご紹介します






P1320622blog.jpg






イギリスからやって来た

本革を使用した手袋たちです




毛糸で編まれたモコモコのニット手袋も暖かいですが

革は冷たい風を通してしまわないので

自転車やバイクなどに乗られる方にもオススメできるアイテムです!!




そしてシンプルに見た目がとてもカッコいいので

気になるものがないか探しながらご覧ください











P1320642blog.jpg

ENGLAND オーストリッチ本革 gloves





P1320635blog.jpg




P1320645bog.jpg





天然素材のなかでも 第一級のスペシャルレザーとして

デザイナー達に扱われているオーストリッチ(駝鳥)革。

エキゾチックながらエレガントさを兼ね備えた見た目に

とてもしなりのいい柔らかさがあるので

個性的に高級感を持って使って頂けます。











P1320626blog.jpg

ENGLAND c.1960〜1970s (made in ITALY) Gauntlet





P1320624blog.jpg



P1320629blog.jpg






イギリスで見つけたイタリア製の

1960〜1970年代頃のガントレットです。

元々ガントレットは、甲冑の籠手(コテ)や装甲手袋の事を指すそうで

手首までしっかり隠せると長さがあるうえに

手首でマークして締められるようになっていて

バイクに乗ったときなども どこからも風が入って来ないように作られています。

ミントコンディション!!のコレクタブルな1点です












P1320650blog.jpg

ENGLAND 本革 gloves




P1320649blog.jpg



P1320661blog.jpg






とても鞣しが綺麗で柔らかいリアルレザーで作られていて

手にはめた時のフィット感

動かしたときの滑らかさが とても心地良いです。

プレーンなブラックの本革手袋って

お洋服にも合わせやすいと思うので

高級感を持って1番使いやすいアイテムじゃないでしょうか♬











P1320670blog.jpg

ENGLAND c.1960s dead-stock gloves





P1320675blog.jpg






こちらは革製品ではありませんが

ストレッチ素材の1960年代頃のvintageグローブです。

デッドストック(中新古品)という綺麗な状態のまま見つけることができました

こちらはドレスに合わせてフォーマルなシーンなどにもマッチするので

ちょっぴりエレガントに 映画のようなコーディネートを楽しんで頂きたいです♡











いかがでしたでしょうか??






本当に寒くなって来たので

みなさん暖かい格好をしてくださいね












★☆★☆★






只今店内にて

アクセサリー・雑貨・食器類 全品20%off

「今年頑張った自分へのご褒美&お世話になった方へのプレゼントSALE」と

winter SALE 10〜最大40%off SALE!!

同時開催中です




お宝を探しにぜひいらしてください♬

お待ちしておりますっ









shima




London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓




みなさま こんにちは


London Art Factoryです










P1320607blog.jpg



P1320603blog.jpg

ENGLAND c.1960s dress








vintageファンの中でも 特にファンの多い1960年代。




若者文化が発達し

現代のファッションの基礎を作り上げた時代として

ファッションを語る上で 必要不可欠な年代であり

他にも ビートルズやモッズ・ツイッギー・007など

今でも伝説的に語り継がれている多くのものが 誕生しました。






ny170927.jpgl







「1960年代 ファッション」と検索すると

本当に今見てもかっこ良くキュートなお写真が沢山出てきて

見れば見るほど 憧れずにはいられません!!






そんな時代にイギリスで作られたオリジナルワンピースです







P1320609blog.jpg




P1320597blog.jpg






そのファッション性の高さから 今でもレプリカものや

似せて作られたものは 沢山出回っていますが

当時のオリジナル品となると イギリスでも貴重で

コレクタブルなアイテムとして大切に取り扱われています






サイケデリックな柄もとても1960年代らしく

何気にロングスリーブというのも珍しいです





合成繊維が一般化しはじめたことで

ポリエステルやレーヨン・オールドプラスチックなどの素材を使うことが

当時の流行であったこともあり

こちらもポリエステルが使用されていますが

今のものとは質感が違い 滑らかで高級感のある独特の生地感が魅力です



それでいてシワにもなりにくいので 扱いやすく

vintageドレスでも気軽に着ることが出来ます♬









P1320605blog.jpg




P1320612blog.jpg
(back)




P1320613blog.jpg






この1枚で綺麗に完結する

シルエットの美しさは さすがイギリスメイドという感じです♡




程よいゆとりを持ちながらも

ウエストにさりげないシェイプがいれられていて

スタイルをとても綺麗に見せてくれる1枚です。




状態もミントコンディションですので

気になられた方はぜひっ








P1320617bog.jpg








★☆★☆★





只今店内にて

アクセサリー・雑貨・食器類 全品20%off

「今年頑張った自分へのご褒美&お世話になった方へのプレゼントSALE」と

winter SALE 10〜最大40%off SALE!!

同時開催中です




お宝を探しにぜひいらしてください♬

お待ちしておりますっ









shima




London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓




みなさま こんにちは



London Art Factoryです





12月に入ってから店内でクリスマスソングをかけているのですが

クリスマスソングって聞いているだけでも楽しくなって来ちゃって

ついつい気付くと 鼻歌を歌ってしまいます♬笑



店内に入ってきて なんだか変な歌声が聴こえたら

それはきっと私なのですいません





さて そんなご機嫌な気分でお送りしています本日は

こちらのアイテムをご紹介したいと思います!!











P1320482blog.jpg

ITALY製 bag





P1320495blog.jpg







イタリアで作られた

個性的なデザインがカッコいいバッグです



COCCINELLE コチネレ


1978年にイタリアのパルマ地方で

ジャコモ・マツエリが創立した革小物ブランドです。

イタリアでは幸運の虫ともされてる「てんとう虫」=コチネレという意味だそうで

柔らかい素材で作られたカラフルな色使いのバッグや

ベルト、手袋、アクセサリーや時計なども手掛ける

大人の女性に愛されているブランドです。









P1320485blog.jpg




P1320522blog.jpg




P1320488blog.jpg





こちらのバッグは

もちろん今作られている現行のデザインには無い1点物で

こなれた本物のスエードの雰囲気がとても渋くて素敵なうえに

左上のお花部分には 貴重な"ハラコ"素材が使われています。





ハラコは

特有の柔らかく肌触りの良い毛質と美しい風合いを持った子牛の毛のことで

採れる量も少なくほとんど市場に出ないことから

とても希少な高級素材として取り扱われています。











スエードが持つ特有の落ち着いた滑らかさとあいまって

エキゾチックで個性的な雰囲気を持ちながらも

どこか普段に使いやすい 安心感を感じさせてくれるお鞄かと思います








P1320501blog.jpg






中にはミニポーチまでsetで付いています♬







こういう洗練されたイタリアの良いバッグを

あえてラフに 気取らずに

ちょっと雑な感じで持つのが個人的には好みです







P1320510blog.jpg






イタリアメイドならではのスエードの高級感を

しっかり感じて頂けるかと思います。



こちらも只今開催中のwinter sale 対象商品ですので

気になられた方はぜひっ!!







☆★☆★☆





《今年頑張った自分へのご褒美&お世話になった方へのプレゼント限定SALE!!》

店内アクセサリー・食器・雑貨類 全品20%offSALE もまだまだ開催中です!!

そちらの方も覗いてみて下さい♪





shima




London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓





みなさま こんにちは



London Art Factoryです







本日より店内"winter sale"始まりました!!

(詳細についてはこちらをどうぞ→http://londonartfactory.blog112.fc2.com/blog-entry-3666.html)




有り難いことにOPENしてすぐから

沢山の方が見に来て下さって嬉しい限りです!!

こういうSALEのときって

お得にみなさんにアイテムを見つけてもらえることだけでなく

たくさんの方にお会い出来るチャンスなので

私も働いていて とても楽しいです♡!!




ぜひ覗きに来てくださいね〜〜〜








では本日はクリスマス間近!!ということで

こちらの特集をお送りしたいと思いますっ






image1blogchristmas.jpg





クリスマスコーディネート提案





みなさんクリスマスはどう過ごされるご予定ですか??

恋人とデート・お友達や家族とパーティ

イベントなどでどんちゃん騒ぎ!!・お家でまったり……など

いろんな予定を考えられていることかと思いますが



せっかく年に1度の一大イベントなので

お出かけされる方は 当日何を着ようかな??なんて

そろそろ悩まれる頃ではないでしょうか






思い出に残る大切なシーンに

素敵なアイテムを選んで頂きたいと思い

少しコーディネートを考えてみたので

楽しみながら見て頂ければ嬉しいです







No.1



P1320534blog.jpg




P1320528blog.jpg




•ENGLAND c.1940〜1950s mink fur

•ENGLAND c.1960〜1970s dress

•ITALY boots(ニーハイ)












No.2




P1320543blog.jpg



P1320540blog.jpg




•SCOTLAND angora山羊100% mohair "st.michael" stole

•ENGLAND vintage french jet necklace

•DENMARK dress












No.3




P1320557blog.jpg



P1320552blog.jpg





•ENGLAND silk 100% "VIYELLA" scarf

•ENGLAND 1954s wool100% "ブラットアローマーク付" knit

•USA "Ralph Lauren Country" c.1980s skirt











No.4




P1320575blog.jpg



P1320570blog.jpg


•ENGLAND vintage pearl necklace

•ENGLAND c.1950s "mink fur付" jacket

•SCOTLAND "BROLA" wool100% skirt












No.5




P1320595blog.jpg


P1320591blog.jpg




•ENGLAND vintage mink fur

•ENGLAND c.1960s shop coat

•FRANCE c.1960〜1970s belt












No.6



P1320566blog.jpg



P1320564blog.jpg



•ENGLAND muffler

•ENGLAND vintage french jet necklace

•ENGLAND c.1960s wool100% hand-knit

•FRANCE c.1920s antique linen dress














いかがでしたでしょうか♡





何を着せようかな〜?と考えていると とても楽しかったので

みなさんもせっかくのクリスマス

思いっきりお洒落を楽しむ日!!と決めて

コーディネートを考えられると きっと楽しいかと思います






今日ご紹介したアイテムの中にも

セール対象品がたくさん混じっていますので

気になるアイテムがあったという方は

ぜひ店頭まで お越し下さい











☆★☆★☆





《今年頑張った自分へのご褒美&お世話になった方へのプレゼント限定SALE!!》

店内アクセサリー・食器・雑貨類 全品20%offSALE もまだまだ開催中です!!

そちらの方もぜひ♪











shima



London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓