FC2ブログ




みなさま こんにちは



London Art Factoryです












P1280480blog.jpg





P1280463blog.jpg




FRANCE c.1930s Atelier coat




P1280475blog_20180924222451f56.jpg
(back)







およそ1930年代頃フランスの美術学校などで使われていた

貴重なアトリエコート。

なかなかフランス・イギリスでも見つけることが難しいアイテムで

もし見つけることが出来ても

ペンキの跡やダメージ・汚れがあるものがほとんどなので

こんなに綺麗な状態のものは 本当になかなか出逢えない

奇跡のミントコンディションです!!









P1280468blog.jpg




P1280472blog_20180924221346931.jpg





P1280469blog_20180924221548cd7.jpg







vintage・antique好きだけでなく

ファッション業界全体にもとてもファンが多い

通称「黒シャン(黒シャンブレー)」と呼ばれる生地です。

横糸に白糸 縦糸に黒糸を使って織られているvintageならではの生地で

大量生産の時代になるにつれ ツイル系の生地が多くなり

より丈夫でコストのかからないポリコットンのワークシャツが出回ったことで

黒シャンはなくなっていったと言われています。





現代では作られていない生地であることと

この生地自体が持つ天然素材のハリ ・風合の良さが人気の理由です。










image1.jpeg






また だいたい9号サイズの私が着てジャストな

小さめのレディースサイズで 

こんなにコンパクトなサイズ感はとても珍しく

コートとしても 体のラインに沿わせて綺麗に着るシャツとしても

着て頂くことができそうです!!









P1280492blog.jpg





P1280486blog_20180924222750144.jpg







さらりとこんなアンティークアイテムを

普段のコーディネートにmixできる女性って素敵ですよね♡




まだまだ大量生産が行われていない頃のお洋服ですので

シンプルに1着の服としてのクオリティがとても高く

贅沢な高級感を感じて頂けるかと思いますので

ぜひファッションを楽しむ 大人の女性にさらりと着こなして頂きたいです












shima



London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓
スポンサーサイト





みなさま こんにちは



London Art Factoryです









2週に続いての3連休 みなさんいかがお過ごしでしたか??

今日は最終日!!ですが

どこかにお出かけされている方が多いのでしょうか??♡

私はお店にいることが多かったのですが

こういう連休のときは 地方の普段はなかなかお会い出来ないような方と

出逢えることが多いので とても楽しいです

たくさんお話して下さったみなさま 本当にありがとうございました!!






さてそんなご機嫌♪でお送りしています本日は

こちらの貴重なvintageアイテムをご紹介したいと思います。











P1280322blog.jpg




Young Innocent by Arpeja











P1280305blog.jpg

USA California c.1960~70s "Young Innocent by Arpeja" vest





P1280299blog.jpg




P1280301blog.jpg




P1280296bog.jpg








アメリカ カリフォルニアでとても人気を誇った

"Arpeja"の1960年〜1970年代頃に作られたvintageロングベストです。



360度どこから見ても

トリコロールカラーと生地のカッティングがかっこ良く

すらっと着ることの出来る vintageのオーラ満点な1着です◎









P1280287blog.jpg





Apejaは自由を象徴とするヒッピーファッションを得意とし

中でもこの"Young Innocent"というラインは

1963年にスタートしたもので

他にも

"Young Edwardian" 1964年〜

"Young Victorian" 1967年〜

"Organically Grown" 1971年〜 など

様々なシリーズが作られています。





どれも生産量が少ないこともあり

現在ではとてもコレクタブルなアイテムとして

vintageファンに取り扱われている貴重なお洋服です。










P1280307blog.jpg





P1280310blog.jpg







写真では伝わりにくいかもしれませんが

vintageならではの 味わい深い生地感で

今の物には出せないこのオーラ

vintage好きさんにはたまらないのではないでしょうか♡





言葉ではうまく言い表せませんが

洗練されたデザインの良さはもちろん

長い年月を経て 現在まで残ってきた歴史のある生地感

これがvintageの醍醐味!!と言ってもいいくらいではないかと思います。









P1280326blog.jpg







P1280316blog.jpg





P1280333blog.jpg






1枚羽織るだけで

とてもかっこいいvintgeスタイルです






とにかく気になられた方は

実物の風格を実際にご覧になって頂きたいので

ぜひ店頭にてご試着してみてください♪

お待ちしておりますっ






shima



London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓





みなさま こんにちは




London Art Factoryです







今日はさっそく

入荷したばかりの こちらのスペシャルな

vintageドレスをどうぞ♡








P1280343blog.jpg



P1280341blog.jpg

ENGLAND c.1960~1970s "Poul Poly" dead-stock dress






P1280336blog.jpg







およそ1960〜1970年代頃に活躍したドレスメーカー

"Poul Poly(ポールポリ)"のvintageドレスです。






すっきりと上半身・腕にフィットする

綺麗な細身のラインから

一気に広がる見事なAラインのスカートで

女性の体がとてもスタイル良く綺麗に写るシルエットです。






しかもデッドストック(新中古品)という

当時のまま 未使用の綺麗なコンディションでお店に出すことが出来ました♪









P1280350blog.jpg




P1280349blog.jpg





P1280344blog.jpg





P1280359blog.jpg






P1280364blog.jpg








肩に入ったタックの立体的な女性らしい曲線に

小さなお襟のブラックカラーと全体のグレーカラーとのさりげないコントラスト

そして 薄めのとろんとした質感のvintageボタン…と

シンプルなようで見れば見るほど

細かくデザイン・製法にこだわりが見える

vintageドレスならではの圧巻の存在感です。








そして なんと言ってもやっぱりこのシェイプの効いた美しいシルエット

ここまでジャストに綺麗なラインで着られるドレスって

なかなか見つけられないです!!!!!






またロングスリーブ(長袖)のvintageドレスでかっこいい物って意外と少ないそうで

すごいレトロな雰囲気のものや レースがたっぷり付いた甘すぎるものなどが多く

今着てもこんなにモードに決まるカッコいい長袖vintageドレスということ自体

実はとても貴重です







P1280369blog.jpg






フロントのボタンはすべて開けることが出来るので

ロングカーディガンのように 颯爽と羽織って着て頂くことも出来ます◎








このグレーカラーが黒よりもキツくなりすぎることなく

一層女らしさを感じさせてくれます♡

ファッションを楽しむ大人の女性にぜひ着て頂きたいです

気になられた方はぜひっ






shima


London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓





みなさま こんにちは




London Art Factoryです





本日は早速ですが 入荷したてのこちらのアイテムのご紹介です!!









P1280256blog.jpg

USA c.1960s chambray shirt






P1280272blog.jpg







風合の良いコットン素材のvintageシャンブレーシャツです。

シャツらしくカッチリ着ることの出来る形の綺麗さと

シーズンを問わずに颯爽と羽織れる使い勝手の良さを持った

1年中重宝したい1枚です。






そもそもシャンブレーシャツって?という方のために

少しだけご説明を…♡




《シャンブレー》

デニムとシャンブレーを混合してしまう方も多いですが

縦糸に色糸・横糸に白糸を用いて

シャンブレーは平織り デニムは綾織りという

異なった織り方がされています。

シャンブレーの平織りと呼ばれる織りは

表面に糸が均等に現れ 縦糸の色落ちが目立ちにくく

霜降り調の品の良いソフトな触感が魅力です










P1280270blog.jpg




P1280265blog.jpg








そんなシャンブレーは年代を越えて長く愛されているアイテムですが

およそ1970年代よりも前のvintageシャンブレーは

状態の良いものがあまり残っていないことから

vintage好きさんにコレクタブルなアイテムとして取り扱われていることが多いです。






こちらはコンパクトな襟のしんや

オールドプラスチックを使ったvintageボタンなどから

1960年代頃のものと判断させて頂きました。









P1280274blog.jpg








柔らかく心地のいい馴染んだ生地感は

vintageアイテムでしか出せない唯一無二のこなれた雰囲気があり

今のものよりも糸が1本1本しっかりしているので

現在にまで残っていたほどの 丈夫な生地の良さを感じて頂けるかと思います。








P1280267bog.jpg





サイドにマチがないプレーンなかたちですので

羽織りとしても1枚で着るトップスとしても

着回しして頂きやすいデザインかと思います。









P1280283blog.jpg







P1280284blog.jpg








長く 1年中 愛用したいアイテムなだけに

肌触りが良く雰囲気のあるものを着て頂きたいです





飽きのこないこの心地良いvintageシャンブレー生地を

ぜひご堪能ください♪








shima





London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓





みなさま こんにちは



London Art Factoryです♪






とても涼しい気候になって来ましたね〜!!

夜寝るときなんかも 半袖は流石に寒くなってきて

このあいだ早速フリースを引っぱり出しました 笑




季節の変わり目 みなさま体調など崩されないように

気をつけてくださいね




さて では今日は

ちょうどこれくらいの季節に颯爽と羽織りたい

こちらのアイテムをご紹介したいと思います♡










P1280216blog.jpg

ENGLAND c.1980s cotton100% knit parka sold,thank u!








P1280210blog.jpg








「MADE IN ENGLAND」のコットン100%で作られた

ニットパーカーです





スエット生地のパーカーとは違い

コットンニットの軽やかな風合がカジュアルになり過ぎず

こなれた雰囲気だけど しっかりと女の子らしい

なんともイギリスらしい1点です。







P1280221blog.jpg





P1280223blog.jpg
(back)





P1280219blog.jpg







P1280230blog.jpg






一見シンプルなデザインに見えますが よく見てみると

ざっくりとしたフードの形や

凹凸のある縫い線 肘あてのついたお袖など

とても凝ったデザインをしています。





何にでも羽織れる万能な使いやすさと

他には無い 細かいデザイン性が両立された

ありそうでなかなか無い!!という こういうアイテムこそ

年齢を問わずにいくつになっても着れて とても重宝するかと思います。










P1280226blog.jpg






そして 個人的にツボなのがダブルジップになっているところです♡

ジップの持つところには しっかりレザーが使用されていたりして

素材の良さが伺えるのも素敵ですし

ジップの開け方が自由自在なので 

さまざまな着方を楽しんで頂くことができます♪










P1280243blog.jpg




P1280249blog.jpg




P1280231blog.jpg





P1280242blog.jpg







ボトムに合わせて ジップの開け方を調整できちゃう

上級者な1枚です♡♡





また色味の派手なインナーやワンピースなども

ブラックカラーの締まる色合いと

コットンが持つ独特のナチュラルな雰囲気によって

落ち着いた印象を持って着られるようになると思います。





コットンの着心地自体もとても気持ちいいので

気になられた方は ぜひ店頭で1度羽織ってみてください♡









★☆★London Art Factoryからのお知らせ★☆★







image1blog.jpg





ご好評頂いています

「秋の始まりshoes&bag all 15%off SALE」が

9月30日(sun)までで終了することが決まりました!!

たくさんの方に覗いて頂き嬉しい限りですが

秋冬ものの新しい商品も入荷しながらのSALEですので

まだまだお宝品がたくさん 店内にございます

気になられているアイテムがある方や 靴・鞄を探していらっしゃる方は

このお得なチャンスをお見逃しのないように

ぜひお待ちしておりますっ







shima



London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓




みなさま こんにちは




London Art Factoryです






まだ先のことなのですが

今度私事ながら 知人のおすすめの韓国式の焼き肉屋さんに

連れて行ってもらいます

1週間以上も先の予定なのに

今から焼き肉のことで頭がいっぱいです 笑





食にまつわることだけは どこまでも考えることが出来ますね〜

まさに食欲の秋です!!








さて そんな私の密かな楽しみは置いておいて

本日はこちらのアイテムのご紹介ですっ









P1280148blog.jpg

USA "FRYE" vintage boots





P1280145blog.jpg







FRYE フライ






アメリカを代表する3大ウエスタンメーカーの1つとして

この名前をご存知の方は多いかと思います。

なんと創業は1863年という 今よりもおよそ150年も前の

とても歴史のあるメーカーで最も古い靴の会社であると言われています。

1つ1つ丁寧に時間をかけてつくられるFRYEのお靴は

品質の高さと デザインの美しさで長年多くのファンから愛され続けています。










P1280157blog.jpg




P1280138blog.jpg





P1280143blog.jpg






そんな世界の認知度もとても高い"FRYE"のペコスブーツ型の

綺麗な真っ白!!なお色で とても珍しい1足です。









P1280152blog.jpg




外革はもちろん内側にも 上質な本革を使用し

とても肉厚のあるレザーが贅沢なのに

実際に手にとってみると とても柔らかく履き心地が良いです。






"ウエスタンブーツ"と言うと先の尖った

かっこいいメンズっぽい形のものが多いのですが

"FRYE"のこのモデルは 全体的に丸みを帯びていることと

ソールは厚底のウッド素材が使用されているデザインで

暖かみのある 女の子らしいデザインが素敵です










P1280155blog.jpg







ソールも綺麗な状態で残っており

とてもミントコンディションです♪♪





"FRYE"のvintageブーツというと

vintageファンにもとても人気の高いアイテムですが

このホワイトカラーで状態がいいものを探すのは

きっと至難の業かと思います









P1280163blog.jpg







何年・何十年と履いて頂ける

とても丈夫なハンドクラフトの1足ですので

この見た目にビビビ…♡と来た方は

長年愛用するスペシャルブーツとしていかがでしょうか??







只今店内では「秋の始まりBAG&SHOES all 15%off SALE」と題しまして

期間限定のSALEを行っています。

(クレジットカードをご利用の場合は5%offとなります。)

こちらもSALE対象品となっていますので ぜひお見逃し無く♡





shima



London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓





みなさま こんにちは




London Art Factoryです






今日は早速ですが

今からの季節にヘビロテして履きたい

こちらのスカートをご紹介したいと思います










P1280176blog.jpg

CHAR "Santa fe Leather" 1960-70s cruft leather skirt






P1280165blog.jpg





P1280179blog.jpg







1960年代から1970年代にかけて活躍した

レザークラフトブランド"CHAR"のもので

サンタフェレザー社が

およそ1960〜1970年代頃に手がけた

クラフトレザーがかっこいいvintageスカートです。







柔らかく馴染みの良いリアルレザーの風合と

見事なカーブを描いたカッティングが素敵で

このこなれた雰囲気が とても粋で渋い1枚です。








P1280204blog.jpg






はじめて実際に触ってみたとき あまりの柔らかさに驚いたのですが

素朴ながらも 落ち着いた高級感があり

履き心地もとても良く ここまで暖かみのあるレザー製品って

意外となかなか出逢えないなと思います。








P1280173blog.jpg





P1280186blog.jpg





ZIPには ジッパーの元祖とも言われている"TALON社"のものが使用されています。

その中でもこの「42」と書かれているのは

およそ1960年代頃〜1980年代にかけて使用されていたzipで

この年代でしか見ることが出来ないzipです。







このzipを見つけたらおそらく1970年代頃までのものということが

判断出来るんですよ♪♪







P1280187blog.jpg




P1280199blog.jpg





P1280193blog.jpg






あえてラフに気張り過ぎず履きたいスカートです





合わせるものによって

ボヘミアンなスタイルにも綺麗めなスタイルにも

かっこ良くハマってくれるかと思います!!

個人的にもとても憧れるvintageスカートですので

気になられた方はぜひっ







shima



London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓





みなさま こんにちは




London Art Factoryです






本日は早速英国ヴィンテージ好きの中にも

とてもファンが多いこちらのアイテムをご紹介したいと思います♪♪










P1280102blog.jpg

ENGLAND c.1960s "Ruckhams" school jacket






P1280105blog.jpg





P1280120blog.jpg








昔の学生さんの制服として着られていた

イギリスならではのvintage品スクールジャケット!!




他の国ではなかなか見かけることのないアイテムだそうで

ロンドン買い付けだからこそ

店頭に状態の綺麗なものを並べることが出来ていますが

こちらも残念なことにイギリスでもどんどん見つけることが難しくなってしまっていて

年々希少価値が高くなって来ています。






こちらはおよそ1960年代頃に仕立てられた1枚です。








P1280118blog.jpg




P1280111blog.jpg




P1280114blog.jpg







伝統的なイギリステーラードで

カッチリとした肩・腕のかたちに合わせたお袖のカーブ

ウエストは細身で着れる綺麗なシェイプなど

体に美しくフィットするシルエットはお見事です◎



それでいてヒップラインにはスリットが入っているので

凹凸のある人の体型を とてもよく立体的に理解して作られていて

窮屈にならずにすっきり着て頂くことができます。









P1280097blog.jpg







首のところには 当時着ていた方のお名前も残っています!!

「Jaclyn Lewis」=ジャクリン・ルイスさんですかね?



こういう部分もお洋服の歴史を感じられて

vintage好きとしては とても嬉しく感じてしまいます♡

こんなに綺麗な状態で残っているということは

とても綺麗好きで丁寧な子だったんですかね









P1280123blog.jpg




P1280134blog.jpg





P1280130blog.jpg







ロンドンのヴィンテージ街では

颯爽とこんなスクールJKTを羽織った

vintage好きのかっこいいお姉さんが歩いているそうなのですが

街中で見かけたら 思わず付いて行きたくなってしまいそうです…







また日本の女の子がジャストで着れるサイズのものは

とても数が少ないそうなので

気になられた方は ぜひ店頭でご試着してみてください♡

シワにもならず扱いやすいジャケットですので

この秋冬のかっこいい羽織りとしていかがでしょうか??









shima








London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓





みなさま こんにちは




London Art Factoryです







みなさま この3連休はどこかへお出かけされましたか??

わたしは土曜日 京都岡崎で開催されていたお祭りの

プロジェクトマッピングを見てきました♡

京都の街並と映像のコラボレーションがとても綺麗でした!!







さて そんな祝日ムードでお送りしています本日は

こちらのアイテムのご紹介です♪♪










P1280070blog.jpg

ITALY vintage lumb leather boots





P1280074blog.jpg




P1280088blog.jpg







靴の本場・イタリアで作られた

360度どこから見てもかっこ良すぎるレースアップブーツが

新入荷致しました!!♡




本物のラム革が使用されていて

ラム革は牛革や豚革よりも とても柔らかいので

足に綺麗に馴染み 靴擦れなどもしにくく履きやすい

お靴としては1番嬉しい素材かと思います。









P1280079blog.jpg




P1280083blog.jpg





P1280081bog.jpg







そして ちょっとした部分のディテールのかっこ良さが

イタリアメイドならではのセンスの良さを感じさせてくれます。

きゅっと細くマークされた足首や ヒール部分の曲線美など

ブラックカラーのレースアップブーツって言うだけなら よくあるかもしれませんが

やっぱり職人技によって生み出される

このシルエットの綺麗さ・細かいデザインの美しさは感動ものです






またヒールの高さが 8cmほどもあるにもかかわらず

前のソール部分にも厚さが2cmあり

そこまで高さを感じることなく 安定して履いて頂けるのも凄いです◎









P1280094blog.jpg






1度はこのブラックレザーのレースアップブーツに憧れを抱いたことがある!!

という女の子は少なくないのではないでしょうか♡

私もその1人です








しかも今なら

只今 店内で行っている 期間限定の

「秋の始まりBAG&SHOES all 15%off SALE」の対象品となります!!

(クレジットをご利用の場合は5%offとなります)

洗練されたイタリアシューズなどもお得にgetして頂けるいい機会なので

気になられた方はお見逃し無く♡







ぜひお待ちしておりますっ






shima






London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓





みなさま こんにちは




London Art Factoryです







只今 店内秋模様に どんどん変わって行っています〜♪

贅沢なことになにから紹介しようかな?と悩むほど

新入荷したてのアイテムもたくさん出ていますので

秋服探し中な方は ぜひ覗いてみてください♪





そんな中から 本日は

こちらのアイテムをご紹介致します!!










P1280006blog.jpg







心地のいい上質なウールが使用された

タイトスカート2枚です。





季節の変わり目で

素材感なども気になって来る時期かと思いますので

ウールの仕立ての良さに注目しながら

じっくり1枚ずつご覧ください♪♪











P1280012blog.jpg

ITALY wool 80% skirt





P1280009blog.jpg




P1280011blog.jpg




P1280031blog.jpg



P1280024blog.jpg




P1280037blog.jpg







イタリア製の洗練されたタイトラインが美しい1枚。

上質なウールが80%をも使用しており

見た目の良さはもちろん 履くととっても暖かいです





アクリルなどがもっと多く混合されているものは

きらりとしたアクリル独特の光沢があるのですが

こちらはフェルトのようなマットな質感で

いくつになっても履きたい高級感があります◎



このグレーカラーはきつくなり過ぎず甘く成りすぎず

丁度いい大人の女性らしさが際立つお色です











P1280053blog.jpg

ENGLAND wool skirt





P1280062blog.jpg




P1280049blog.jpg




P1280064blog.jpg





P1280068blog.jpg







こちらはイギリス製のウールスカート。

暖かみのあるブラウンカラーをベースにブルーで描かれた泡のような模様が

フェミニンでとても素敵です♡




腰位置やヒップラインの女性らしい曲線が美しく

タイトスカートでは少し珍しい

"ポケット付き"なのが嬉しいです♪♪




こちらのウールも心地良く落ち着きのある質感です。















どちらもしっかりと裏地が付いていますので

1枚で履いて頂いてもチクチクすることなく

心地良く履いて頂けるかと思います






今からならカラータイツに合わせたり

コーディネートを考えるのが楽しくなりそうです♪

冬終わり頃までシーズンが長く履けるスカート2着ですので

気になられた方はぜひっ








shima



London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓





みなさま こんにちは




London Art Factoryです








この間私事ながら 金沢旅行へ行って来ました♪

21世紀美術館に金沢城・兼六園

そして新鮮なお寿司など

2日間でも充分堪能することができました◎




金沢の街並はとても風情があって落ち着き

初めて行きましたが 大好きになりました♡!!

また行きたいですっ






さて そんなリフレッシュ気分でお送りしています本日は

こちらの上質なお靴をご紹介したいと思います。











P1270985blog.jpg

ITALY "LARIO" lamb leather short boots







P1270991blog.jpg





P1270960blog.jpg







LARIO ラリオ



イタリアを代表する最も古いシューズメーカーの1つで

創業はなんと今から120年も前の1898年。

最近ではJil Sander(ジル・サンダー),ETRO(エトロ),などの

アパレルブランドとのコラボレーションも行うなど

さまざまな展開を広げている 

品質の高さを提供し続けているブランドです。









P1270968blog.jpg




P1270970blog.jpg





P1270974blog.jpg








見るからに革のなめしが美しいのが伝わってきますが

実際に触るととても柔らかく滑らかな

本物のラムレザーが使用されています。



外側だけでなく内側にもラムレザーが使用されているため

足の形に合わせて柔らかく革が馴染み フィットしやすく

靴擦れなどもしにくく とても気持ちよく履いて頂けます。

さすがはmade in ITALYのお靴です







P1270978blog.jpg




甲の部分の内側にゴムが付いているので

ファスナーなどがなくても 脱ぎ履きがしやすいというのも

嬉しいポイントではないでしょうか♡




個人的には 出かけるときに手間取らないクツっていうのが

結構重要だったりします 笑




P1270983blog.jpg






そして

ソールの減りなどもほとんど無い ミントコンディションです!!




ヒールは5cmほどの高さがありますが

とてもしっかりしていて安定感があり

ヒールの高さを感じさせない 歩きやすさを体感して頂けますよ♪







飽きることなくいつまでも愛用したくなる

気持ちのいいショートブーツかと思います。

深みのあるボルドーカラーも素敵ですので 気になられた方はぜひっ




P1270963blog.jpg






只今 店内では短期の期間限定で

「秋の始まりBAG&SHOES all 15%off SALE」を行っています。

(クレジットをご利用の場合は5%offとなります)

入荷したての秋・冬のシューズ&バッグも

すべて対象となるお得なSALEですので

小物などを探していらっしゃる方は この機会をお見逃し無く♡!!






お洋服も秋物 大量入荷中ですので

ぜひお待ちしております♡






shima




London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓



みなさま こんにちは




London Art Factoryです








本日はきのうのブログに引き続きまして

ロンドンの黄金期 1960年代"スウィンギングロンドン"時代に

着られていた 貴重な当時のオリジナルドレスをご紹介したいと思います♡





こちら♪










P1270937blog.jpg




P1270929blog.jpg

ENGLAND c.1960s dress






P1270926blog.jpg








見事にコンパクトに体にフィットする曲線美は

今見ても ため息もの♡の洗練された美しさがあります!!







きのうのブログでも書かせて頂いたのですが

1960年代を真似たものやレプリカ品などは よく出回っていますが

当時の完全オリジナル品となると

ロンドンでも見つけることがとても難しいくらい貴重なんだそうです







その中でも 

このロングスリーブのドレスというのはとてもレアで

探してもデザイン・色が気に入るものとなると

本当になかなか見つけることが出来ません








P1270932blog.jpg






P1270935blog.jpg







P1270941blog.jpg







フロントに綺麗な間隔で並んだ9つのボタンと

お袖に付いた2つのボタンは

どれも「猫目ボタン」と呼ばれる1950〜1960年代頃によく使われていたものです。



名前の由来はその名の通り

ネコちゃんの目の形に似ていることから付けられたそうで

なんだか愛着の湧いてしまう名前です♡笑









P1270944blog.jpg







このスモーキーなピンクカラーは

大人の女性にも抵抗なく着て頂きやすい色なことと

今年のトレンドのベイクドカラーでもありますね◎




とは言っても絶妙なこの渋い色使いと

お洋服としての仕立ての良さを感じさせてくれるシルエットの綺麗さは

流行に捕われることなく

いつ見ても新鮮に「かっこいい!!」と思わせてくれる安心感さえ感じることが出来ます。








P1270951bog.jpg





P1270955blog.jpg






もちろん1枚で完結している見事なワンピースですが

さまざまな小物とも相性のいいシンプルさがあるので

気分次第で印象を変えて いろんな着方も楽しんで頂けそうです♡







ミュージアム級のスペシャルvintageですので

気になられた方は ぜひ店頭で実物をご覧になってください

お待ちしておりますっ






d0218585_131189.jpg







shima



London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓




みなさま こんにちは




London Art Factoryです





さっそくですが

本日はvintageファンの中でも

とても人気の高いこちらの時代のアイテムをご紹介したいと思います!!♡









images.jpg


imgres-1.jpg


imgres.jpg


p01gd74h.jpg



url.jpg






SWINGING LONDON

スウィンギングロンドン





若者文化の発達によって1960年代頃から

最も華やかで ファッション・音楽など様々なものの中心だったロンドンの黄金期。

イギリス好き・ファッション好きさんの中でも

このイメージが色濃く 今でも憧れを抱いている方はとても多いと思います。





66年にワールドカップでイングランドが優勝し

彗星のごとく登場した妖精・カリスマモデル ツィギーに

マリー・クワントの「古いルールへの反抗」を信条とした

彼女のブランドが発表したミニスカートは飛ぶように売れてブームし

それに合わせたヴィダル・サスーンが考案した「ボブ」というヘアスタイルの誕生

そして 爆発的ヒット曲ばかり世に生み出したビートルズの活躍 など

挙げればキリがない程 今でも語り継がれている輝かしい伝説たちが

一気にこのロンドンで起こっていたのだから 凄いですよね!!





さて そんな時代の

ミニワンピースがこちらです♡








P1270845blog.jpg



P1270860blog.jpg

ENGLAND c.1960s mini dress






P1270869blog.jpg








あのカリスマモデル・ツィギーがVOGUEの表紙を飾り

着こなしていたような 

当時オリジナルの貴重なvintageドレスです!!







レプリカなど60年代風に真似て作られているドレスはよく見ますが

60年代本物のドレスとなると

現在のロンドンでもなかなか残っていないほど

とってもコレクタブルなものなんだそうです









P1270847blog.jpg




P1270852blog.jpg





P1270851blog.jpg
(YKK メタルzip)





コンパクトに体にフィットし

ウエストのゴムでしっかりマークされている

女の子らしい綺麗なシルエットが素敵です♡





もちろん 私はこの黄金時代を経験したことがありませんが

本や画像で沢山見たあの世界観が

このドレス1枚で伝わってくるくらいの 凄いオーラです。




どんなコケティッシュな妖艶で可愛らしい

ロンドンガールが着ていたのでしょうか♪♪








P1270863blog.jpg




P1270867blog.jpg







今からならコートやジャケットから覗くパステルカラーが可愛いのと

お店などに入ってアウターを脱いだとき

1枚で綺麗に決まるギャップが

また最高にかっこいいんじゃないかと思います◎







スウィンギングロンドンのお宝品として

持っているだけでも テンションが上がっちゃう1枚です!!









気になられた方はぜひ店内で実物をご覧になって頂きたいです

お待ちしております♡







shima




London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓





みなさま こんにちは


London Art Factoryです






9月に入って

そろそろ夜とか肌寒くなって来たし

何着ようかな〜??と悩んでらっしゃる方

結構多いのではないでしょうか??





お店でもお客様と悩む季節ですよね〜とお話させていただくことが多いので

今日は少しでも参考になればなと思い

vintageアイテムを使いつつ

トレンドも意識したコーディネートを考えてみました





ゆっくり見てみてください♪







①カラーチェック



P1270778blog.jpg



P1270767blog.jpg



P1270822blog.jpg



HAT:ENGLAND wool 100% hat

shirt:GERMANY c.1970s dead-stock Print flannel shirt

skirt:SCOTLAND "BRORA" 1950~1960s wool100% skirt

shoes:SPAIN "Joe Sanche`z" boots(SALE!! 15%off














②フューシャピンク





P1270784blog.jpg



P1270793blog.jpg




P1270821blog.jpg






jacket:ENGLAND 1940~1950s jacket

tops:SPAIN "Custo Barcelona" vintage tops

belt:FRANCE "Yve Saint Laurent" vintage belt

pants:ITALY "Piazza Sempione" pants

shoes:ITALY ラム革 "RODO FIRENZE" shoes(SALE!! 15%off










③ウエスタン







P1270827blog.jpg




P1270813blog.jpg





P1270818blog.jpg




poncho:ENGLAND 1970s hand-knit poncho

shirt:USA 1970s hand-stiched shirt

skirt:FRANCE black tight skirt

bag:ITALY real leather "ハラコ" bag(SALE!! 15%off

shoes:USA ” MINNETONKA" dead-stock short boots(SALE!! 15%off








④ベイクドカラー



P1270831blog.jpg



P1270837blogblog.jpg





tops:ENGLAND 1950~1960s knit cardigan

belt:ENGLAND1960s real leather belt

dress:ENGLAND Camisole dress

shoes:ITALY "DONALD J PLINER" shoes(SALE!! 15%off










いかがでしたでしょうか??



今年はモノトーンカラーよりも色味が明るく

アウターの中に着ても華やかなものが重宝される傾向にあるみたいなので

鮮やかなvintageアイテムたちが トレンドにマッチしてくれます♪



まだアウターを着なくてもいい秋服1枚だけで歩ける季節って短いので

今しか出来ないファッションを ぜひ見逃さないよう

楽しんで頂きたいです











そして シーズンも長く冬にも活躍してくれるアイテムを

他にもたくさん店内に並べ出しているので

丁度季節の変わり目で何を着ていいか悩んでいるという方は

1度ぜひ店内へ遊びに来てみて下さい♪





お待ちしております♡






shima





London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓





みなさま こんにちは



London Art Factoryです♪♪








本日は入荷したてほやほやの

かっこいいvintageアイテムを 早くみなさまにも見て頂きたいので

さっそくご紹介に参りたいと思います!!






こちらっ






P1270721blog.jpg

1950~1960s work coat









P1270725blog.jpg





P1270729blog.jpg



P1270838blog.jpg





およそ1950〜1960年代頃に

お仕事着として着られていたワークコートです!!




個人的にもワークアイテムってとても好きなので

いろんなvintageのワークものを目にして来ましたが

こんなに色落ちの経過がかっこ良すぎるものは

とても珍しいです!!




正直私が今まで見たもののなかで 1番かっこいいかも…♡と思うほど

綺麗なグラデーションです。









P1270723blog.jpg




P1270732blog.jpg






ボタンもしっかり当時のvintageボタンが付いていることと

内側はもともとの生地のブルーカラーが
 
褪せずに綺麗に残っているので

袖を折り返したときや 羽織ったときに内側が ちらり。と見える

この色のコントラストも たまりません♡









P1270736blog.jpg
(back)





後ろ姿からでも 渋〜いオーラが伝わってきますね…







P1270745blogblog.jpg




P1270737blog.jpg






ほどよく馴染みこなれた生地は 滑らかでとても気持ちよく

気兼ねなく着ることが出来る素朴さと

vintageとしての風格をしっかり持っていて

いつでも颯爽と羽織りたくなる

贅沢さと安心感 どちらも感じて頂けるアイテムかと思います。







薄手のコートとしても

ワンピースのようにざっくり着て頂くのも

どちらもおすすめです♡






気になられた方はぜひっ








shima




London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓





みなさま こんにちは




London Art Factoryです







みなさま なにか趣味で集めているものってありますか??

私はあまり収集癖はない方かなと思うのですが

小さい頃から なにも使う予定がないのに

ついついノートを買ってしまう癖があります。笑




何を書くわけでもないんですけど

まっさらなノートを見ると 無償にテンションが上がります







さて そんなわけで今日のブログは《集めたくなる》繋がりということで

世界的にコレクターがいると言われている

こちらのvintageバッグをご紹介したいと思います♪♪









P1270747blog.jpg

USA "Collins bag" c.1970s bag






P1270749blog.jpg






Collins bag コリンズバッグ





vintageファンの方なら この名前をご存知の方も多いかと思います。


正確には『Enid Collins』という名前で

1959年にアメリカのテキサス州メディナで

牧場主で彫刻家のフレッドとエニッド夫妻が創業した

通称"コリンズバッグ"と呼ばれる

アメリカを代表するvintageブランドの1つです。






とても独創的で美的センスに優れたコリンズバッグは

植物や動物などをモチーフにしているものが多く

デザインの種類はなんと何百もあるそうです♡







image1blog.jpg





上の画像は数あるデザインのほんの一部ですが

このデザイン性と

それぞれにタイトルが付けられた絵画のような芸術性の高さに

惹かれたファンは世界中にいて

1人で何十個〜何百個も集めちゃう熱心なコレクターさんもいるほどだそうです!!






NYの高級百貨店であるニーマン・マーカスに置かれていたこともあるそうで

その希少価値は年々高くなってきています。









P1270751blog.jpg




P1270752blog.jpg





P1270755blog.jpg







こちらはその"コリンズバッグ"の中で

「road runner」というタイトルが付けられた1点です。




コリンズバッグの中でも人気の高いデザインで

北アメリカ大陸南部の砂漠地帯に生息している

時速30キロほどのスピードで走る事ができる

ロードランナーと呼ばれるこの鳥をモチーフにしているようです。









67790294.jpg






装飾のゴージャス感と 丈夫な鞄作りに対して

くすり♡と来るような ナチュラルで遊び心をもった可愛いモチーフとのギャップが

まさにコリンズバッグの魅力かと思います♡







また

実際に作られていたのは

1950年代の後半から1970年代頃までの短い期間で

生産数が多くないことも

コレクタブル品として価値が付けられている理由の1つです。









P1270763blog.jpg








只今 店内で短期間限定の

「秋の始まり BAG&SHOES all15%off SALE!!」を行っていますので

こちらの貴重なvintageバッグも対象品となります。





vintageファンの女の子なら

憧れを抱く方も少なくないアイテムであり

年々見つけることも難しくなって来ているそうなので

ぜひ気になられた方は この機会にgetしてみてください♡






お待ちしております






shima



London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓




みなさま こんにちは



London Art Factoryです♪









今京町家と呼ばれる とても古いお家に住んでいるのですが

中の建具や柄の入った昭和頃のガラスなど

現在 作れる職人さんがもういないということを このあいだ初めて知りました





我が家ながらアンティークな雰囲気のある建具が

とても気に入っているのですが

あんなにかっこいい伝統的なものが 受け継がれていないと知って

とても寂しい気持ちになったと共に

1点1点今あるvintageアイテムたちを

大切に扱っていきたいなと思いました!!








さて そんな強い決意を持ってお送りしている本日のブログは

こちらのレアなアイテムをご紹介したいと思います♡!!









P1270608blog.jpg

ENGLAND 1940年代頃 vintage bolero






およそ今から70年以上も前に

イギリスで着られていた 1940年代頃の

ヴィンテージボレロです!!






1940年代のvintageアイテムを状態の綺麗なまま見つけること自体

とても貴重で難しいことなのですが

その中でも こういった今見てもデザインがかっこ良く着れる

ジャケットやトップスを探すのは

至難の業なんだそうです…!!








ロンドンでもなかなか見つけられないアイテムなので

ぜひじっくりご覧ください









P1270618blog.jpg





P1270630blog.jpg




P1270621blog.jpg







薄手のボタンに 雰囲気たっぷりの生地は

当時のオリジナルのままで

今のものには出せない vintageならではのオーラを身にまとっています♡





大量生産などのシステムがまだ無く

オーダーメイドでお洋服が作られていた時代で

タグなどは無く裏側から手作業で1針1針仕立てられている

この丁寧なお洋服作りも 今の物ではなかなか見られないのではないでしょうか。







それでいて今見ても

《レトロ》になってしまわないアバンギャルドなデザインは

時代に捕われないかっこ良さがあります。










P1270645blog.jpg




P1270648blog.jpg




P1270640blog.jpg






ショート丈なので 

さまざまなワンピースやボトムスとも相性が良く

スタイルを綺麗に見せながら 着て頂くことができます。








どこにもない1点ものの スペシャルvintageです!!

気になられた方はぜひっ








shima




London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓




みなさま こんにちは




London Art Factoryです







さっそくですが!!




なんと今日より………







P1270713blog.jpg






秋の始まり"短期"SALE 店内bag&shoes

15%off SALEを行ないます!!





お靴や鞄は London Art Factoryのコレクションの中でも

リピーターさんが多いアイテムでもあり

オーナーのyukiさんがイギリスから買い付けて来てくれた

本場のイタリア製やイギリスならではのvintage品など

クオリティの高いものが沢山揃っています♡




それが全品対象となる とてもお得なSALEですが

今回は期間限定の"短期"でおこなう予定ですので

ぜひこの機会をお見逃しのないようにお願いします

(クレジットカードをご利用の場合は5%offとさせて頂きます)






さて では本日のブログは

このSALEにちなみまして

こちらのアイテムをご紹介したいと思います!!











P1270677blog.jpg


左:ITALY "RODO FIRENZE" ラム革 shoes


右:ITALY real leather vintage bag







イタリアで作られたクラフトマンシップが素晴らしい

リアルレザー製のハイヒールとバッグです!!






ブランド品でもアジア生産や中国製のものが広まっている現在

イタリアの本場の職人によって作られたものはとても貴重なので

ちょっとしたシルエットやデザインだったり

イタリアメイドならではの洗練された職人技を

ゆっくりご堪能ください♪












P1270650blog.jpg




P1270672blog.jpg




P1270658blog.jpg




P1270669blog.jpg




P1270663blog.jpg






イタリアの高級シューズブランド"RODO FIRENZE"の

ラム革製 横顔の美しいハイヒールです。

とても鞣しが美しく柔らかいラムレザーが使用されていることと

職人によって手がけられた見事な曲線で

およそ7cmほどのヒールの高さがありますが

とても安定感があり 足にストレスを与えにくい

見た目も履き心地も 素晴らしい1足です。



ヒール部分にまで沿ってソールがカットされていて

こんなに細い部分まで 絶妙なカーブを描きながら

綺麗に仕立てられているのを見ると

鍛錬を重ねた 職人さんのスゴさがとても伝わってきます。




















P1270689blog.jpg



P1270694blog.jpg




P1270681blog.jpg




P1270684blog.jpg




P1270699blog.jpg




P1270705blog.jpg
(ミニポーチ付き)





こちらも同じくイタリア製の

本物のスエードを使用したvintageバッグです。

こなれたスエードの風合の良さもさることながら

お花モチーフの飾り部分には 本物の"ハラコ"が使用されています。




*ハラコとは…特有の柔らかく肌触りの良い毛質と美しい風合いを持った子午の毛の為

採れる量も少なくほとんど市場に出ないことから

とても希少な高級素材として扱われています。




持ち手部分にもリアルレザーが使用されていて

しっかり高級感を感じられるイタリアならではのvintage品です。

荷物もいろいろ収納しやすい良いサイズです〜♪














いかがでしたでしょうか??


他にもみなさまにもご覧頂きたい

極上のbagとshoesが店内に沢山揃っていますので

ぜひ店内を覗きにきてください



この機会にいろんな方とお会いできるのを楽しみにしています♪









shima





London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓




みなさま こんにちは




London Art Factoryです。







季節の変わり目って お洋服はもちろん

小物が気になることが多いのですが

夏から秋にかけて変わる今頃の時期

自分が1番気になって取入れたいものってなんだろうな〜と考えたら

品の良いお帽子かな??と思ったので

今日は上質なイギリス製のお帽子たちをご紹介して行きたいと思います













P1270555lbog.jpg

ENGLAND "CHRISTYS" vintage hat




P1270558blog.jpg




P1270553blog.jpg





1773年にロンドンで立ち上げられたイギリスを代表する

老舗帽子ブランド"CHRISTYS"。

昔ながらの技術を使用して作られた

高品質のシルクハットやボーラーハット(ダービーハット)は高い評価を得ており

ロイヤルファミリーやリンジーローハンやケイト・モスなどの多くの有名人が愛用しているほど

世界的に支持されています。







P1270571blog.jpg

ENGLAND "CHRISTYS" WildFowl vintage hat





P1270574blog.jpg



P1270569blog.jpg





同じく老舗帽子ブランド"CHRISTYS"の1点です。

こちらはその中でも《WildFowl》水鳥の羽毛がミックスされていて

美しいお色と 羽毛ならではの毛並みが

上品な高級感溢れるvintageハットです。





















P1270543blog.jpg

ENGLAND "KANGOL" vintage hat




P1270542blog.jpg



P1270547blog.jpg






1938年にジャック・スプライルゲンがスタートさせた

こちらもイギリスを代表する帽子ブランド"KANGOL"。

軍用のベレー帽を手がけたことをきっかけに

マリークワントを始めとした数々のブランドとコラボを果たし

ビートルズやダイアナ皇太子妃の頭を飾りました。

現在の中国製とは違い、made in GREAT BRITAINの本場の1点です。


















P1270597blog.jpg

ENGLAND wool 100% vintage hat




P1270602blog.jpg




P1270600blog.jpg




P1270594blog.jpg





こちらはイギリス製の上質なウールフェルトで作られた

マットな質感が高級感のあるボーラーハットです。

丸みのある形は女性でもキュートに被りやすく

バッグにリボンの付いたデザインに富んだ1点です。









P1270581boog.jpg

ENGLAND wool 100% vintage hat





P1270587blog.jpg



P1270577blog.jpg





同じく上質なウールフェルトで作られたmade in GREAT BRITAINの1点で

広めのツバが前で大きくカーブしたデザインが可愛いです。

このウールフェルト生地は

ナイロンがmixされているものと並べると一目瞭然なほど

高級感があり 品の良い心地良さがあります。












いかがでしたでしょうか??

どれもイギリスで作られた 上質なvintageハットばかりです





コーディネートの1番上を飾る

お帽子がチープなものだと すこし勿体ない気がするので

いざという時に被れる お気に入りの帽子を

ぜひ見つけて頂きたいです♡





すべてはご紹介出来ていないので

気になられた方や・探していらっしゃる方は

ぜひお店へ覗きに来てみてください♪

お待ちしております。









img20090729_2_p.jpg







shima




London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓





みなさま こんにちは



London Art Factoryです







さっそく本日は

希少なアンティークのご紹介です!!











P1270448blog.jpg




P1270456blog.jpg

HOLLAND c.1900~1920s antique tops







オランダでおよそ1900年~1920年代頃のあいだに着られていた

アンティークトップス。




重厚感のある厚手のウール生地が

アンティークのオーラをたっぷり身にまとっています!!

写真よりも実物はもっと迫力があり

どなたが見ても《アンティーク》ということが納得して頂けそうなくらい

一目瞭然の風格があります










P1270453blog.jpg




P1270465blog.jpg









今からおよそ100年も前のお洋服が

こんなに綺麗に残っているということで まず感動なのですが

"アンティーク"ということだけでなく

現在まで残り続けた お洋服としてのクオリティの高さが素晴らしいです!!






大量のウールを圧縮することで

しっかりとした目の詰まった丈夫な生地が作られていて

今ではここまでのウールの質量を感じられるお洋服って

出逢えないんじゃないでしょうか。。







P1270479blog.jpg





それでいて中の裏地には

アンティークのコットン生地がしっかりと縫い付けられているので

実際に着た時にもチクチクすることなく

気持ちよく着て頂けます。

裏地ですが このアンティークコットンの生地感も

オーラたっぷりです◎!!








P1270460blog.jpg





P1270463blog.jpg







燕尾服のように後ろの方が長いシルエットになっていて

これは当時 スカートなどにINして着たとき

作業などをして 後ろから裾が出てしまわないように作られたものかと思うのですが

今見ると 出して着てもモードなかっこ良さがあって素敵です








P1270485blog.jpg




P1270473blog.jpg





P1270471blog.jpg







これから年数が経つごとにアンティークとしての価値が付けられ

お宝度がどんどん増していく貴重なアイテムです

イギリスでもなかなかお目にかかれないアイテムなので

気になられた方はぜひっ







shima




London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓




みなさま こんにちは


London Art Factoryです







今日は早速新入荷したてほやほやの

こちらのアイテムのご紹介です!!








P1270419blog.jpg

USA c.1970~1980s "Wrangler" vintage denim jacket








P1270433blog.jpg








Wrangler ラングラー





1929年創業のアメリカの3大デニムメーカー。







この名前はご存知の方が多いと思いますが

元々”wragler"はノースカロライナ州グリーンズボロの

ワークブランドのブルーベル社の

ウエスタンウエア部門を担う一ブランドとして1929年に始まりました。

当時作業着でしかなかったジーンズに

テーラード・カッティングを加えファッション性をもたらしたと言われています。






長い歴史を誇り 長年愛され続けている

そんな"Wrangler"のvintageデニムジャケットです!!









P1270430blog.jpg





image2blog_201809021704501ee.jpg





P1270446nlog.jpg







"Wrangler"のデニムジャケットと言うと

細身のスリムモデルが定番だったりしますが

こちらは126PWというモデルのもので とても希少です!!






ざっくりとしたオーバーサイズで

vintageでしか味わえないデニムの風合いの良さと

ポケットが付いた機能的な扱いの良さ

ふと手に取りたく成る安心感がある1枚です






image1baaablog.jpg




P1270417blog.jpg






このモデルの特徴はステッチが3本ラインであることだそうです。





ステッチの縫い方や・タグ・ボタン・縫い目など

年代ごとに少しずつデザインが違い

それによって何年代に作られたものかを判断することが出来るので

デニムのvintageはとても奥が深いですね◎





またタグに「NO-FAULT DENIMS」と表記されていることと

サンフォライズ加工という防縮加工技術がおこなわれた生地が使用されています。

それによって型くずれすることなく

ずっと気持ちのいいvintageデニムの風合いを保つことができます。







P1270443blog.jpg





image1blog_2018090217045496a.jpg






P1270437blog.jpg






デニムは定番のアイテムであるからこそ

長く愛着を持って着られる

雰囲気の良いvintageものを身につけたいです!!





これからの季節にカジュアルだけど オーラのある羽織りアイテムとして

大活躍してくれるかと思います♪

気になられた方はぜひっ








shima





London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓





みなさま こんにちは



London Art Factoryです








すこし涼しい気候になってきましたね

きのうの夜 扇風機を付けていたら 少し寒いくらいでした。

季節の変わり目は体調を崩される方が多いみたいなので

みなさんも気をつけて下さいね!!








では 本日はこちらの

ミュージアム級のコレクタブルなイギリスvintageをご紹介したいと思います。










images_20180903152447d56.png




mary quant








MARY QUANT マリー クワント







イギリスで黄金期と言われる 1960年代スウィンギング時代。

若者文化の発達により ロンドン全体に活気が生まれ

ファッションや音楽の最先端として 伝説的に語り継がれているこの時代を

先導し盛り上げたのが"MARY QUANT"です。





それまでタブーとされていたミニスカートを発表し大流行させ

「古いルールへの反抗」という彼女の信条をもとに

カラータイツやスキニー・ロングブーツ・ホットパンツなど

数々のファッションの常識を覆す

革新的なデザインを 世に広めていきました。





そんなイギリスのファッションを語るうえで

無くてはならない存在のMARY QUANTが実際に当時手がけたアイテムは

言うまでもなくコレクタブルなアイテムとして

博物館に展示されたり 高値で取引されていたりするのですが

なんと!!London Art Factoryにも この時代の”MARY QUANT"の

お宝vintageが店内に並んでいます










P1270502blog.jpg

ENGLAND "MARU QUANT" c.1970s dead-stock shirt





P1270509blog.jpg




P1270511blog.jpg




P1270515blog.jpg


















P1270532blog.jpg

ENGLAND "MARY QUANT" c.1960-1970s wool+cotton dead-stock shirt





P1270533blog.jpg




P1270534blog.jpg




P1270537blog.jpg


















P1270520blog.jpg

ENGLAND "MARY QUANT" c.1970s dead-stock shirt





P1270522blog.jpg




P1270524blog.jpg




P1270526blog.jpg











実際にお目にかかれるだけでも とても光栄なのですが

3点ともタグ・ハンガー・袋と 当時実際に売られていたときのまま

すべて残っている貴重すぎるデッドストック(新中古)品です!!






P1270519blog.jpg







またこの時代は 上流階級と一般の貧困さが凄かったことから

1ポンドあたり4000円もの価値がついていたそうで

今では考えられませんがシャツ1枚に対して

日本円で70~80万円ほどの値段がつけられていたそうです。





給料の3ヶ月分でやっと"MARY QUANT"の服が買えるとも言われていたそうで

お金持ちしか着れないものだったみたいですね











images_201809031524467f2.jpg






現在日本ではコスメの展開がメインになっているかと思うので

MADE IN ENGLAND の"MARY QUANT"のお洋服自体とても貴重です。





一生大切にしたいお宝vintageですが

生地に滑らかなコットンや 心地のいいウールなど

上質な天然素材が使用されているので

着心地もどれもとても良く 

今着てもレトロになり過ぎず 洗練されたかっこ良さを感じて頂けるかと思います。







気になられた方はぜひっ







shima





London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓




みなさま こんにちは



London Art Factoryです






9月に入って お家にあるお洋服の秋物

なにがあるかな〜??と衣替えの準備をしていたのですが

このvintageが着れる季節になって来た〜!!とか思うと

とてもテンションが上がりますね

毎年 こんな気持ちにさせてくれるお洋服の力って凄いなぁと

改めて 思ったりしました 笑






さて みなさまもそんなお洋服に出逢って頂けますよう

これからも素敵なvintageアイテムをご紹介して行きたいと思います!!






今日はこちらです♡










P1270382blog.jpg





P1270379blog.jpg

ENGLAND 1964s army shirt










P1270404blog.jpg







タグにもしっかり作られた年号が書かれている

1964年に作られた イギリス軍のvintageシャツです。






国から支給されていたものだけあって

素材は極上の目の詰まった

イギリスならではのメルトンウールが使用されていて

高級感があるうえに丈夫で

日本人の女の子がコンパクトに着られるとても希少なサイズ感です!!










P1270389blog.jpg



P1270391blog.jpg




P1270395blog.jpg









60年代頃以前に見られるシャツの強度を上げる為の

縫い目の境目にあるマチと呼ばれる縫製がされていて

きっちり作り込まれています。






Armyのvintageアイテムは

素材と縫製の高級感・品の良さがあるのに

どこか抜け感の出る こなれた雰囲気があって

女の子が着ると 絶妙にかっこいいスタイルになるので

個人的にもとても好きなアイテムの1つです♪








P1270385blog.jpg






vintageウール・vintageボタンの

素朴ながらマットな 心地良くも贅沢な風合は

今の物には出せない vintageアイテムだからこその味わい深さだと思います。









P1270414blog.jpg




P1270410blog.jpg




P1270401blog.jpg





羽織りとしても シンプルに着るトップスとしても

vintageとしての風格をたっぷり持って

着て頂けること間違いなしです◎




あえてガーリーなアイテムや モードなアイテムに

mixさせて着るのも素敵ですよ♡



気になられた方はぜひっ







shima



London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓





みなさま こんにちは



London Art Factoryです





今日から9月になって 最近少しずつ日が沈むのが

早くなってきたような気がします。




London Art Factoryの店内も

秋服が並び始めましたので

ぜひゆっくりご覧に来て頂きたいです♪♪





さて では本日はこちらのアイテムのご紹介です♡







P1270361blog.jpg

USA c.1960s shirt sold,thank u!







アメリカ 1960年代らしい

ぱっと一目でインパクトのあるvintageシャツが新入荷致しました!!



1枚でも個性的に可愛く決まるデザイン性の高さと

ワンピースなどに合わせる羽織りとしても着ることが出来る

コーディネートのバリエーションの高さがあって

見ているだけでも なんだか元気になれるような1枚です!







P1270368blog.jpg




P1270364blog.jpg




P1270366blog.jpg






襟付きのカッチリ感もありますが

裾と袖にリブが付いていることと

ネルシャツのような緩さを持った生地とで

こなれた脱力感のある 派手になり過ぎない落ち着いた雰囲気も感じられるのが

たまりません




シャツというより ブルゾンのような形ですね♪








P1270370blog.jpg




P1270371blog.jpg






1番上のボタンだけ

小ぶりの輪っかに引っ掛ける形になっているので

第1ボタンを開けて着ても シルエットを壊さずにラフな感じで着て頂けます。






生地がシワになりにくく

とても柔らかくて着心地がいいので

いざという時に手にとりたくなるような安心感を感じて頂けるかと思います。





P1270375blog.jpg




P1270376blog.jpg







主役級の羽織るだけで可愛くなる

1960年代ならではの1枚です!!



とにかく この第一印象で飛び込んでくるデザインの可愛さに

ビビビ♡と来た方はぜひっ






shima



London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓





みなさま こんにちは



London Art Factoryです







こんど私事ながら 9月に金沢へ旅行にいってきます♪

お城があったり美術館があったり

とても楽しそうなスポットがたくさんあるみたいなので

初・金沢 満喫してきたいと思います!!






さて では本日は

入荷したばかりの こちらのvintageワンピースをどうぞ♡






P1270344blog.jpg



P1270340blog.jpg

FRANCE c.1960-70s dress sold,thank u!






P1270336blog.jpg







フランスでおよそ1960年〜1970年代頃に作られた

vintageドレスです♪

今から およそ50〜60年も前のお洋服とは思えないほど

とても綺麗なコンディションで お店に出すことが出来ました








P1270356blog.jpg







P1270351blog.jpg








フランスらしい とても女性的で品のあるオーラが漂っています♡



オールドコットン生地が使用されていて

すっきりと見えるIラインのシルエットと

襟付きのかっちりと清潔感のある印象で

いくつになっても 着たいと思える

まさに"大人かわいい"ワンピースかと思います。









P1270346blog.jpg






さりげなくボタンも同じ生地でくるんだボタンが使用されていて

細かい部分まで 丁寧に作り込まれています。








P1270353blog.jpg
(back)







1枚でも透けないので

まだまだ暑い今頃の季節にも涼しく着て頂けますし

この素晴らしいハリ感のおかげで

冬のニットやアウターなどのずっしりとしたものと合わせても

まったく負けずに 相性良く着ることが出来ます◎





中にタートルネックなんかを着ても可愛いですよ♡








P1270357blog.jpg






ずっと着れる大切なワードローブとして

いかがでしょうか??♡

気になられた方はぜひっ






shima



London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓





みなさま こんにちは



London Art Factoryです







本日はこちらのアイテムのご紹介です。







P1270295blog.jpg




P1270284blog.jpg

ENGLAND c.1950-60s dead-stock work coat








イギリスで1950〜1960年代頃にお仕事着として作られた

ワークコートです。

しかもとても貴重なデッドストック(未使用)品です!!






作られたときのまま とても綺麗なコンディションで残っており

一見いまからおよそ60年以上も前のお洋服には見えませんが

とても密度の高いオールドコットンが使用されているため

vintageとしてのオーラと品格を持った1枚です。








P1270305blog.jpg





P1270303blog.jpg






爽やかなブルーと白のマドラスチェック柄が可愛いです◎




事務員さんだったり テーラード屋さんだったり

なんのお仕事の制服として作られたものなんでしょうね







vintage・antiqueファンからも

コレクタブル品として価値が付けられており

とても人気の高いアイテムですが

当時のワークコートを探すのはイギリスでも難しいそうで

さらにデッドストックのこんなにコンディションが素晴らしいものは

本当に貴重なんだそうです!!









P1270292blog.jpg




P1270299blog.jpg




P1270298blog.jpg







オールドプラスチックのvintageボタンや

同じ生地で作られたベルトが付いていたりなど

制服として着るだけでは もったいなさすぎる!!と思うほど

1つ1つのディテールも とても素敵です





P1140702blog_201808272255293d2.jpg




P1270310blog.jpg




P1270317blog.jpg







1枚でワンピースとして着ても

薄手のロングコートとして颯爽と羽織るのも

どちらのスタイルもかっこいいです





オールドコットンは涼しく1枚でも透けないので

今からも着て頂けますし

秋はコートとして 冬はワンピースとしてニットに合わせたりなど

1年中着れる 極上のお宝vintageになるかと思います!!







悲しいことに年々見つけることが さらに難しくなっていくと思うので

気になられた方はぜひ お早めに店頭で実物を見に来て頂きたいです。

お待ちしております






shima




London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓





みなさま こんにちは



London Art Factoryです






最近 私事ながら

家具を新調しようと 色々探しています。

気になるものが多過ぎて なかなか選ぶことが出来ないのですが

毎日使うことになる家具って 見ているだけでとても楽しいです♪






日々の生活が楽しくなりそうなことって考えているだけで

ワクワクしちゃいますね!!








さて では本日ご紹介するアイテムも

日々のテンションを上げてくれるようなアイテムかと思います〜

こちら♪






P1270323blog.jpg


USA "Bass" shoes






P1270322blog.jpg





Bass





1876年創業の アメリカの老舗シューズブランドで

初めてローファーを作ったと言われています。

あのマイケルジャクソンが"Bass"のローファーを愛用していたことが有名で

ローファーのイメージがとても強いですが

他にも 第一次世界大戦では、アメリカ軍のパイロットブーツとして

「Bass Aviation Boots」が正式に採用されていたり

20世紀初頭には、南極探検に向かう部隊がG.H.BASSのシューズを履いていたとされているなど

アメリカの歴史の中で Bassのシューズがとても愛され

様々なシーンで活躍してきました。








P1270328blog.jpg




P1270330blog.jpg




P1270325blog.jpg





P1270332blog.jpg








普遍的なアメリカントラッドとアメリカンカジュアルを提案し

時代が変わっても色褪せない靴作りをし続けている"Bass"のシューズは

洗練された高級感があり シルエットが綺麗なものが多いです。





こちらも縦長で足の形が細く見える華奢なラインですが

本革がメッシュ状に編んであるので

履き心地は柔かくて足にしっかりフィットしてくれて

綺麗なかたちをキープして履くことができます。






3cmほどのローヒールですが

ウエッジソールでペタンコ靴のようなコンパクト感なのに

しっかり足は長く綺麗に見えるという効果があって嬉しいです◎








P1270320blog.jpg







お洋服も選びませんので いつでもいろんなシーンに

心地良く履いて頂けるお靴です。

気になられた方はぜひっ






shima





London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓




みなさま こんにちは



London Art Factoryです






さっそく 本日はこちらのアイテムをご紹介致します!!









P1270248blog.jpg




P1270259blog.jpg

hand-stiched vintage vest







見事な刺繍が施された 真っ赤なvintageベストです♪




とにかく「可愛い!!」ということが第一印象でしたが

見れば見るほど しっかり貫禄のあるかっこいいvintage品で

とてもオーラを持った1点です。








P1270262blog.jpg




P1270267blog.jpg





赤のフェルトのような生地に

色とりどりの刺繍糸で縫われたお花は

すべて人の手作業によって縫い込まれています。





ふんわりとした立体感のあるお花は

機械では出せない 暖かみを感じると共に

丁寧な その高い縫製技術に感動します◎









P1270265blog.jpg





後ろにもしっかりと刺繍がされているので

360度どこから見ても 抜かりないデザインの高さを感じて頂けると思います。






意外と前のデザインは凝っていても

後ろから見ると すごいシンプルで物足りないものって多い気がするので

油断しがちな バックスタイルが可愛いのって

とってもポイントが高いです!!








P1270280blog.jpg





P1270277blog.jpg







シンプルなワンピースやトップスの上に

さらっと重ねるだけで

アクセントの効いた かっこいいvintageスタイルをお楽しみ頂けるかと思います




赤はとても元気の出るお色だと思うので

必ず着ると 気分を上げてくれること間違いなしです




気になられた方hはぜひっ







shima



London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓





みなさま こんにちは



London Art Facotryです







もうすぐ8月も終わろうとしていますね

「暑い」という台詞を何回言っただろう?という

今年の8月でしたが 過ぎてしまうとあっという間で

すこし寂しくもありますね……





と言いながら 秋生まれの私は

秋がやってくるのが楽しみでしょうがないんですけどね 笑




というわけで 本日のブログは

すこし先取りをして こちらのアイテムをご紹介したいと思います♪








P1270208blog.jpg






オーナーのyukiさんが なんと実際にテキサスまで行って買い付けたという

本場のローパーブーツです!!



ローパーブーツとはカウボーイブーツの1種で

ヒールはそれほど高くない(1インチ以下)直角のヒールで、

胴もウエスタンスタイルよりも低く、つま先はラウンドトゥ(丸い形)のものが

ローパースタイルと呼ばれています。






普段はロンドン買い付けなので

テキサスで買い付けた!!というアイテムはLondon Art Factoryの中では珍しいのですが

それだけでなく 実際アメリカで買い付けを行っているお店の方曰く

年々本場のアメリカでも状態の綺麗なものを見つけるのが

とても難しくなってきているアイテムだそうです。







流行などに捕われず vintage好きに長く愛され続けているブーツで

とっても丈夫なので 何年・何十年と履くことができます!!

(実際に私が持っているローパーブーツも10年目ですが

まだまだ愛用して履いています!!)










P1270210blog.jpg



P1270213blog.jpg

USA "JUSTIN" vintage Roper boots(black)





P1270221blog.jpg










P1270233blog.jpg




P1270235blog.jpg

USA "JUSTIN" vintage Roper boots





こちらはブーツの3大メーカー"JUSTIN"の2足です!!



JUSTIN ジャスティン

H.J.Justinによって1879年に設立された老舗ブランド。

"JUSTIN"がウエスタンブーツの歴史を作ったと言っても過言ではないほど

ウエスタンブーツの先駆者的存在です。







そんな"JUSTIN"がこのローパーブーツを

世に生み出したのが1970年代頃だそうです。

丈夫で品のいい本革が使用されていて

ウエスタンブーツのワイルドなイメージと比べると

すこしカッチリとした綺麗めの印象です。









P1270238blog.jpg





季節に捕われず1年中履いている方もいらっしゃるくらい

ミニスカートやノースリーブなどの夏っぽいアイテムとも相性が良かったり

デニムをブーツインしたスタイルや タイツに合わせてなど

秋・冬の様々なアイテムに合わせたくなったり

コーディネート欲がとても湧くから不思議です◎






似たような黒のブーツに飽きてきた…という

個性を求める良いものがお好きな大人の女性に ぜひ履いて頂きたいブーツです

気になられた方はぜひっ


 




shima



London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓





みなさま こんにちは



London Art Factoryです






このあいだ私事ながら 枚方市のお祭りに行ってきました♪


京都から電車で1本で行けて わりと近いのに

枚方市に私はあまり行ったことがなかったのですが

人の活気がとてもあって 楽しかったです!!






お祭りって やっぱり楽しい気分になるし

また夏の思い出が1つ増えたことが嬉しいです





さて そんなほのぼの気分でお送りしています本日は

入荷したばかりの こちらのアイテムをご紹介したいと思います










P1270173blog.jpg




P1270182blog.jpg

USA c.1970s hand-stiched shirt








手作業で縫われた刺繍が渋い USA 1970年代頃の1着です。









P1270180blog.jpg




P1270184blog.jpg
(back)





P1270186blog.jpg






襟・袖・フロント・ポケット・バックと

360度どこから見てもインディアン調の手刺繍が施されていて

デザインがかっこいいです!!





それに加え 

ジャケット変わりにでも着れそうなくらいしっかりとした厚みのある丈夫さと

着心地のいい 馴染みの良さを兼ね備えた生地は

黒じゃなく斜のかかったグレーカラーなので

落ち着いた柔らかい印象も受け

これからの季節に丁度着たくなる お色かと思います。




サイズはかなり大きめのサイズなので

あえて女の子がゆったりとオーバーに羽織っている姿が

逆に華奢に見えて 可愛いですよ♡







P1270177blog.jpg




P1270175blog.jpg

(襟・ポケットの刺繍)






個人的にはフロントに 大きめのポケットが4つも付けられていることが

とてもポイントが高いです!!笑




カーディガンやシャツではポケットが無いものも多いので

これから秋先に何か羽織るとき

ポケットがなくて なんだか心細い気持ちになることがあったりしませんか??



リップなどのちょっとした小物を入れておけるのはもちろん

何を入れるわけで無くても

手をポケットに突っ込めるということだけで 少し安心感が増します◎笑









P1270194blog.jpg




P1270201blog.jpg




P1270206blog.jpg
 





このメンズライクな雰囲気に

あえてコンパクトなミニドレスやミニスカートを合わせたり

モードなスタイルの中に アメカジをプラスしたり

ミスマッチ感が個人的にはおすすめです♡






様々なときに活躍してくれて 楽に着れる1枚だと思いますので

気になられた方はぜひっ






shima




London Art FactoryのFace book ページを"いいね"していただくと

日々更新されるblogを自動的にタイムラインにてご覧頂けます♪♪

Face book はこちらから↓↓